漫画

黄泉のツガイ第1話ネタバレ!「アサとユル」運命の2人とツガイ誕生?




荒川弘先生の新連載漫画「黄泉のツガイ」が始まりましたね。

荒川弘先生といえば大人気の「鋼の錬金術師」の作者ということもあり、「黄泉のツガイ」もかなり期待されているのではないでしょうか。

この記事では、黄泉のツガイの第1話のネタバレをご紹介致します。




黄泉のツガイ第1話ネタバレ!

黄泉のツガイ第1話のネタバレをご紹介致します。

 

山奥の集落にて、夜と昼に別れ双子が生まれました。

どうやらこの双子がこの物語の運命を握っていくようです。

 

双子の兄の名前は「ユル」年齢は15歳くらいになっているように見えます。

双子の妹の名前は「アサ」、牢獄のようなくらい場所に閉じ込められており「お務め」と言われている何かをしているようです。

双子の両親は、村を出て下界へ出稼ぎに行ってしまっています。

アサを守るのが、ユルの役目、ユルはそのように思って育ってきました。

 

デラと呼ばれている男性が、下界から仕入れたものを村に持ち帰ったり、下界で必要とされるであろうものを村から運んでいるようです。

出稼ぎに出たほとんどの人は帰ってこないということもあり、若者は出稼ぎに憧れています。

 

アサはどうやら人目に触れることもなく育てられており、ユルの親友であるダンジでさえ名前は知っていても会ったことすらありません。

 

突然、村を守っていた結界が破られヘリコプターが現れます。

ヘリコプターの中からはナイフや銃を持った人が出てきて、村人たちを次々と殺してしまいます。

 

村のヤマハおばぁは、ユルが狙いであろうということを気付いたようです。

ユルは弓矢で敵をやっつけますが、銃の存在すらこの村の人は何か分かっていない様子です。

 

1人の少年がヘリコプターから降りてきて、目に見えない特殊な力で村の人を次々とかみ殺してしまいました。

子供には手を出さないようです。

 

デラは強いため、数人の地上部隊を1人で倒してしまいました。

アサが来たことをデラは察しますが、牢屋に入っているアサは何者かに殺されてしまいました。

 

殺された直後にアサの元に到着したユルに対し、謎の人物は自分がアサであること伝え、ユルのことを兄と呼びます。

 

アサと名乗る人物にやられそうになっているユルの前に、デラが到着します。

ヤマハおばぁはデラに、ユルを連れて下界に見つからないように隠れることを指示し、デラはユルを連れて逃げることを決意しました。

 

デラに言われ、左右様と呼ばれる竜の石像にユルがペンダントを埋め込むと、突然飛んでいたヘリコプターも墜落するという何かの力が働きました。

その何かの力はどうやら「ツガイ」と呼ばれるもので、2人の妖怪のような化け物のような得体の知れないものが現れました。




黄泉のツガイ第1話の感想!

黄泉のツガイ第1話の感想をご紹介します。

正直なところ、まだ何も分からない状態ですが、面白いのは間違いありません。

アサが一体何者なのか、ツガイとは一体何なのか、次回以降に明らかになってきそうですね。

 

黄泉のツガイの実際の感想はこちらです。

https://twitter.com/kOuZi_cOs/status/1468977566413651972

https://twitter.com/nawo_cos11/status/1468976867202191360

https://twitter.com/meicojp24/status/1468961857692385284




まとめ

黄泉のツガイ第1話のネタバレをご紹介致しました。

ユルとアサ、この2人が物語の主軸のようです。

双子が生まれたようですが、双子ということも何やら意味がありそうです!

まだ始まったばかりなので不明な部分も多いですが、これから楽しくなっていきそうです。

 

「黄泉のツガイ」は月刊少年ガンガンに掲載されています。

月刊少年ガンガンはU-NEXTでも読むことができます。

550円かかりますが、U-NEXTは初回登録に限り無料ポイントがついてくるため、無料ポイント内で黄泉のツガイの第1話を読むことができます。

荒川弘先生の新連載をお楽しみください!

\U-NEXTの登録はこちらから/

見逃し配信バナー