芸能・エンタメ

笑う大晦日はつまらない理由3つ!笑ってはいけないの方がいいの声も!




『笑って年越したい!笑う大晦日』の番組が大晦日に放送されています。

毎年恒例の大晦日番組『笑ってはいけない』シリーズの放送がなくなり、その代替え番組として期待値は高かったはず。

しかし、笑う大晦日を見た視聴者からは『つまらない』の声がたくさんありました!

『笑ってはいけないの方がよかった』という声まであります。

豪華ゲストが多数出るのに『つまらない』のはなぜなのか気になりますよね。

そこで早速笑う大晦日がつまらないと言われている理由について調査してみました。

この記事では以下のタイトルでお送りします。

笑う大晦日がつまらない理由3つ!

逆に笑う大晦日が面白いという声も!




笑う大晦日がつまらない理由3つ!

笑う大晦日がつまらないと言われています。

笑ってはいけないの方がよかったとか、笑ってはいけないの再放送ではだめだったのか、とまでいうコメントもあります。

ここまでつまらないと言われる理由を調査したところ、主に3つみつかりました。

  • 大晦日の特別番組感がない
  • 企画が悪い
  • MCがつまらない

では一つずつみてみましょう!

大晦日の特別番組感がない

一つ目の理由は大晦日ならではの特別感がない、というものです。

『いつものお笑い番組と同じ』『大晦日に見たいものではない』『平日のゴールデンでいい』という声が結構ありました。

6時間芸人コーナーが続くのは長いかもしれないですね。

大晦日だからこそ、いつものお笑い番組とは違うものを期待していたのにがっかりしたという声がありました。

たしかに、ひたすら芸人さんたちが次々にコントを披露していていつものお笑い番組か~という印象は個人的にもありました。

企画が悪い

SNSの声を見ると、そもそもの『企画が悪い』からつまらないという声もありました。

芸人さんのネタがつまらないとかいうわけではなくて、そもそも番組内容がよくないから企画を問題視している声ですね。

視聴者の投票によって芸人さんがパフォーマンスをやるかどうか決定するというような内容の企画があったのですが、それもつまらないという声がありました。

勝地涼さんとノンスタイルの井上さんがコラボしてコントを披露する、というように芸能人と芸人のコラボ企画もありましたがその企画に対しても微妙な声がありました。

MCがつまらない

MCやナレーションについてもつまらないとかマイナスコメントがみつかりました。

MCはナインティナイン・バナナマン・フットボールアワーの後藤さん・麒麟の川島さん・渡辺直美さんと超豪華なのですが、たくさんいすぎて逆にかみ合わないという意見もありました。

芸人のコンビで片方が司会をしていて片方が別の場所で飲食しているシーンもかみ合っていないという意見がありました。

例えばナインティナインの岡村さんがスタジオで司会をしている中、矢部さんが別の部屋でまったりしているというシーンがありましたね。

スゴイ芸人さんばかりなのに勿体ないという意見でした。




逆に笑う大晦日が面白いという声も!

つまらないという声がたくさんある一方でもちろん面白いの声もありましたよ!

面白いという声は笑う大晦日の番組全体が面白いというよりはサンドイッチマンとか出川とか、芸人さんのネタが面白いという内容がみつかりました。

毎年恒例だった笑ってはいけないが今年はないということで、笑ってはいけないをいつも見ていた人からしたらちょっと物足りないとか期待と違ったということになったのではないでしょうか。

でも面白いという声もありますので楽しんでいる人もたくさんいるのではないでしょうか。

みんなで笑って年を越せたらいいですね!




まとめ

笑う大晦日はつまらない理由3つを調査してまとめてみました。

主に『大晦日の特別番組感がない』『企画が悪い』『MCがつまらない』という声がありました。

笑ってはいけないの方がいいという声もあるほど笑う大晦日はつまらないという声もあります。

豪華なMCなのでなんで?と不思議ですが今まで笑ってはいけないを見ていた視聴者からは期待していたものとは違ってつまらないという声になっているのかもしれません。

ただ面白いという声もありますから楽しくみている人ももちろんいます。

みんなで笑って年を過ごしたいですね!