スポーツ

【内村航平】引退後は出身地でコーチ?母と嫁の板挟みに同情の声も!




体操選手でオリンピック金メダリストの内村航平さんが現役を引退することを発表して話題となっています。

内村航平さんは、個人総合で2012年ロンドン大会、2016年リオデジャネイロ大会のオリンピックで連覇を達成されるという偉業を成し遂げました。

内村航平さんは世界選手権を含む世界大会で、日本の体操競技史上では最多となる、通算28個のメダルを獲得して、「レジェンド」とも言われています。

そんな内村航平さんが引退されると発表されて、引退後の活動について注目されています。

内村航平さんは引退後はどのような活動をされるのでしょうか。

また、内村航平さんが引退することで、かねてからの母と嫁の不仲問題が過熱する可能性があり、同情の声も見られます。

 

今回は、

内村航平さんの引退後の活動

内村航平さん引退で母と嫁との板挟みに同情の声

についてリサーチしました。




【内村航平】引退後は出身地でコーチ?

内村航平さんの引退後の活動については、今のところ発表されていませんが、出身地の体操クラブなどでコーチをされるのではないかと予想します。

内村航平さんの東京オリンピック2020は、鉄棒の競技でまさかの落下という形で終わってしまいました。

その競技終了後に内村航平さんはこのように話していました。

若干見てる中で体操するのはもういいのかなと思っちゃったりしました。やることじゃなくて後輩達に伝えていかなきゃいけない立場だと思った

引用:東京中日スポーツ

この時点で内村航平さんは、プレイヤーではなくコーチなどの指導者になるべきと、引退を匂わす発言をされていたのですね。

そして内村航平さんは、引退表明をされた今も練習を続けられています。

今も練習は継続しており、演技の実演などで普及活動に力を注ぐ方針。

引用:スポニチAnnex

内村航平さんが引退するということで、各地の体操クラブでは内村航平さんにコーチとして来てほしいと思っているところも多いでしょう。

ですが、上に書いたように、内村航平さん自身も「後輩たちに伝えていく立場」と話しています。

内村航平さんの出身地や、自身が通っていた出身体操クラブでコーチなどの指導者という形で活動されるのではないかと考えます。

2022年1月14日に内村航平さんの会見が開かれる予定で、そこで何が話されるか注目ですね。




【内村航平】引退で母と嫁の板挟みに同情の声

内村航平さんが引退されると今までより家族との時間が増えると思いますが、一方で母と嫁の板挟みになる機会が増えると考えられます。

内村航平さんの母・周子さんと嫁・千穂さんは、前々から「仲が悪い」という噂があります。

母・周子さんと嫁・千穂さんの不仲エピソードで有名なのがこちら。

■デキ婚事件

■ピンヒール事件

■横断幕の家族写真事件

があります。

「デキ婚事件」は文字通り、内村航平さんと嫁・千穂さんがデキ婚だったことで、母・周子さんはかなりショックを受けたようです。

結婚当初から嫁・千穂さんの印象は悪かったのですね。

「ピンヒール事件」は、嫁・千穂さんが競技の応援にピンヒールを履いてきていたことです。

これを見た母・周子さんはまたまた良い思いをしなかったようです。

ここまでは母・周子さんの気持ちの問題のように見えますが、「横断幕の家族写真事件」では、嫁・千穂さんが嫌な思いをしてしまいます。

「横断幕の家族写真事件」とは、リオオリンピックに内村航平さんが出場したときのことです。

母・周子さんが持っていた横断幕の家族写真に、嫁・千穂さんや子供たちの写真が載っていなかったのです。

これは嫁・千穂さんも嫌な気持ちになっちゃいますよね。

このように内村航平さんに同情する声が多く見られます。

内村航平さんが引退して家族との時間が増えると、母と嫁との板挟みになる機会も出てくるので、さらに同情の声が増えていきそうですね。

まとめ

内村航平さんの引退後の活動や、引退による母と嫁との板挟み問題についてまとめました。

長い体操人生に区切りをつけられた内村航平さん、本当にお疲れ様でした。

しばらくゆっくり休んでほしいところですが、今度は母と嫁の関係を良好に保つので大変になるかもしれませんね。