ニュース

Twitterスペースは聞くだけの参加方法でもOK!聞き専で足跡はつく?

Twitterの新機能としてリリースされたTwitterスペースですが、「参加して聞くだけでもできる?」「参加したら話さなきゃいけないの?」と思っていませんか?

2021年になってからブームとなった音声SNSのClubhouseにかなり似ていることから、Twitter版Clubhouseとも話題になっていますね。

 

そこで今回はTwitterスペースは聞くだけ・聞き専でも参加できるのか?という事について調べてみました!

また、TwitterのFleetのように足跡がついてしまうのかということについてもご紹介していきます。

 

この記事で分かること

・Twitterスペースでの聞くだけの参加方法
・Twitterスペースは聞き専で足跡はつく?
・Twitterスペースを利用した人の反応

Twitterスペースでの聞くだけの参加方法

Twitterスペースは、聞くだけや聞き専でのの参加方法でももちろんOKです!

Clubhouseと同じように「リスナー(聞き専)」と「ホスト(主催者)」「スピーカー(話し手)」と区別されていて、スペースに入るとまずはリスナーとして参加している状態になります。

そしてその後やはりClubhouseと同じように、スピーカーとして参加したい時には「リクエストボタン」をタップしてホストに申請することで話せるようになります。

もしくは最初からホストにスピーカーとして招待された時にも話すことができます。

 

ですがスピーカーとして招待された場合でも、自分で承認しなければそのまま聞くだけ・聞き専で参加することも可能ですので、自分で「話す・聞くだけ」を選択できるのはいいですね!

またスペースはフォロワー数が600人以上いるアカウントでのもスペースが作成できるようになりますが、聞くだけでの参加であればフォローワー数は関係ないので安心してください。

 

Twitterスペースの聞き方

Twitterスペースの聞き方はとても簡単なので、サクッとご紹介させて頂きます。

  • ホストからリスナーとしての招待をDMで受け取る
  • フォローしているアカウントのタイムラインから参加する
  • ホストが投稿している告知ツイートから参加する

と、このような感じで参加することができます。

 

どの参加方法でも「このスペースに参加」というボタンをタップした後、聞くだけで参加することは可能ですので気軽にできそうですね。

Twitterスペースは聞き専で足跡はつく?

TwitterスペースはFleetのような足跡機能はありません

ですので聞くだけ・聞き専であっても足跡がつくことを心配しなくても大丈夫です!

 

Twitterの足跡機能はあまり評判が良くないようですね。。

 

Twitterスペースを利用した人の反応

Twitterスペースを利用した人は「Clubhouseみたい」「Twitterにはいらない機能」と、現在のところはあまり反応がよくないようでした。

Twitterスペースとほぼ同じ機能のClubhouseは話題になった当初はかなり盛り上がっていましたが、ここ最近では「Clubhouseはオワコン」という声も出ているほどClubhouse離れが進んでいますし、その影響もあるのかもですね。。

 

まとめ

今回は新しくTwitterに追加された機能「Twitterスペース」は聞くだけも参加できる事についてお伝えしてきました。

話をせずに聞くだけ・聞き専でもTwitterスペースに参加できますし、Fleetのような足跡機能もついていません

 

ですので気軽にTwitterスペースに参加できると思いますが、ここ最近のClubhouseと同じように今のところは評判がイマイチという感じがしました。

今後Twitterスペースを利用する人が増えてきたら、また評価も変わってくるかもですね!

 

Twitterスペースについて今後も見守っていきたいと思います。