政治経済

高市早苗はなぜ人気?評判や実績を徹底調査!人気ないとの声もあり?

自民党総裁選に出馬する高市早苗議員は、ネットでは人気が高いようですね。

そこまで知名度は高くないと思いますが、なぜ人気なのでしょうか?

高市早苗さんの評判がいいからなのか?何かすごい功績があるのか?と気になり徹底調査しました!

一方で人気ないとの声も耳にするので、賛否両論の意見もみながら高市早苗さんの人気度について深掘りしてきます!




高市早苗はなぜ人気?評判を調査!

高市早苗さんはなぜ人気なのか?結論からいうと、人柄と政策が評価されているようです。

ネットでの高市早苗さんの評判をみてみましょう。

高市早苗さんの人柄に対しては、自分の意見をしっかりもち国を護るとの信念に共感・評価している人が多いようです。

昔はバイク乗りだったことやヘビメタが好きとの部分に親しみを感じる人もいます。

出馬表明をみてファンになったとの声も多く、義理ながらも子供や孫もいる女性で、両親は共働きの一般人だったこともあり、もし総理大臣になればそういう点でも歴代と違いがあり期待度があるようですね。

ちなみに高市早苗さんの元旦那さんは派閥が違う自民党員ですが、高市早苗さんを支持する意向のようです。

ネットで話題となった出馬表明はこちら↓

政策面では、3人の候補者の中では景気回復が期待できる積極財政派であることが人気の一つのようです。

さらにサイバーセキュリティへの言及や自衛隊の憲法表記など幅広い政策も評価されているようですね。




高市早苗の実績を徹底調査

高市早苗さんの人柄と政策は評価されていますが、実際の実績はあるのでしょうか?

調べてみると、メディアに取り上げられないながらも数多くの実績がありました

2017年

サイバーセキュリティ対策を公約として訴える。11月自民党本部に対策本部が新設すると、初代本部長に就任。数多くの政策を考案

2019年

衆議院規則を改正。5000万円余の経費節約を実現

2011年

安全保障と土地法制に関する検討に関して、議員会を設立したりと、国内の資源の買収に歯止めをかける活動を続ける

総務大臣時代(8期目)

  • 地方交付税法及び特別会計に関する法律の一部を改正する法律
  • 地方税法等の一部を改正する法律
  • 地方交付税法等の一部を改正する法律
  • 市町村の合併の特例に関する法律の一部を改正する法律
  • 電波法の一部を改正する法律(電波利用料の使途の特例に係る期限延長等)
  • 聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律(電話リレーサービスの制度整備)
  • 電気通信事業法及び日本電信電話株式会社等に関する法律の一部を改正する法律(国外事業者への適用、他社設備による加入電話の提供)
  • 地方税法等の一部を改正する法律(新型コロナウイルス感染症対策関連)
  • 令和2年度NHK予算(放送法第70条第2項の規定に基づき、承認を求めるの件)

メディアはあまり取り上げませんが、地味ながらも幅広い実績があるようです。

特に2回目の総務大臣時代には、地方公共団体の要望に応えた財源増額の確保、コロナ対策として地方負担が生じる事業への手厚い措置である「地方交付税」など幅広い支援をされています。

平成26年~29年にも総務大臣をされていましたが、当時も法律案を27本だしすべて成立させています。

高市早苗さんの公式HPに内容が詳しく乗っているので、興味がある人は見てみてください。

高市早苗議員の公式HP

HPでこれだけ多くの実績を語れるあたりが凄いですが、高市早苗さんはご自分で法案を書くことができるようで、頭がいいようですね。




高市早苗は人気がない?

高市早苗さんはネットでは人気がありますが、実際は人気ないとの声も聴きます。

本当なのか調べてみると、一部事実です

メディアで実施されるアンケートでは高市早苗さんの知名度は低く、人気はないようですね。

ただ上述したように、高市早苗さんはネットでは人気あり、Yahoo!が23万人に実施したアンケートでは1位となっていました。

ネットでは人気、実際の世間では人気ではない、と言えるかもしれませんね。

ただネットでは断然人気というわけではなく、「口元や歯並びが変」との声もあるので賛否両論のようです。

テレビ報道では「高市早苗さんって誰?」との声も聴くので、高市早苗さんの知名度が低いことも影響しているのかもしれません。




高市早苗はなぜ人気?評判や実績を徹底調査!人気ないとの声もあり?まとめ

  • 高市早苗がなぜ人気か、理由は人柄と政策
  • ネットでは高市早苗の評判はよく、実際に実績もある
  • 人気ないとの声も正しく、ネットと違い世間一般では知名度も低く人気は少ない
  •  

    最後までお読みいただきありがとうございました。