スポーツ

鈴木芽吹(駒澤大)が怪我から復帰!疲労骨折の影響はなし!?





2022年度の箱根駅伝、往路は青山学院大学が1位でした。

今回の青山学院大学の強さは圧倒的と言われる中、復路で駒澤大学がどこまで負い迫れるかがポイントになりそうです!

そんな中、復路当日のエントリー変更で8区を走る鈴木芽吹(すずきめぶき)選手!!

2021年の箱根駅伝で1年生ながら5区の山登りを走り、気合のすごかった1年生ですよね!!

今期の鈴木芽吹選手は怪我をしていたそうです。

もう大丈夫なんでしょうか?

この記事は、鈴木芽吹選手の怪我について調べてみたいと思います。

 

鈴木芽吹は熱海の貴公子でイケメンすぎる!なぜ駒澤に進学したのか?2022年1月2日、3日と行われる第98回東京箱根間往復大学駅伝競走。 21大学の頂点に立つのはどこの大学なのか、楽しみしている人...




鈴木芽吹(駒澤大)の怪我は疲労骨折?

 

2021年箱根駅伝で1年生ながら山登り区間を激走した鈴木芽吹選手

最近の大会では姿を見ないな…と思っていましたが、出雲駅伝のプレスインタビューで9月に疲労骨折していたことが発表されています。

『右大腿部疲労骨折』とのこと。


そのため、今期の出雲駅伝全日本大学駅伝へは出場していません

練習のし過ぎだったんでしょうか…。

骨折は復帰までに時間がかかるイメージですが、足の状態はもう大丈夫なのか?

箱根駅伝のメンバーに入っているということは、完治して練習に復帰できているということだとは思うのですが心配です。

 




鈴木芽吹(駒澤大)が復路で復帰!骨折の影響は!?

 

鈴木芽吹選手は、当初2022年の箱根駅伝走者にはエントリーされていませんでした。

復路当日のエントリー変更で8区を走ることに!!

これは、青山学院大学とのタイム差を考えての大八木監督の賭けだと思います。

11月から練習に復帰したという鈴木芽吹選手がどこまで復活しているのか?

11月からだと2カ月程度しか練習できていないということですよね。

いくら2年生エースといえど、練習量が足りないのでは…と思います。

まだ本調子でないことも考えられます。

鈴木芽吹選手のコンディションがどこまで上がってきているかはわかりませんが、駅伝ファンからの期待は大きいようです。

本調子であれば、同じく当日エントリー変更になった青山学院大学の8区佐藤一世選手との対決も見どころになりそうですね!

 

 


今年の箱根駅伝は8区が見どころになるかもしれません!!

駒澤大学の追い上げに期待したいです。

 




まとめ

 

エントリー変更で8区の走者となった鈴木芽吹選手の怪我の状態について調べてみました。

疲労骨折からの復帰ということで、無理はしないで欲しいです。

ただ、当初おそらく将来を考えて鈴木選手のエントリーを見送った大八木監督が当日になってエントリーを変更したのは、優勝への期待をかけてのことだと思います。

鈴木選手の活躍によっては、駒澤大学が1位に躍り出ることもあるのでは?!

期待を込めて応援したいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。