スポーツ

鈴木芽吹は熱海の貴公子でイケメンすぎる!なぜ駒澤に進学したのか?

2022年1月2日、3日と行われる第98回東京箱根間往復大学駅伝競走。

21大学の頂点に立つのはどこの大学なのか、楽しみしている人も多いのではないでしょうか?

56年連続出場を果たし、昨年度総合優勝をした駒澤大学

2021年大会では、1年生ながら5区を走り、優勝に貢献した鈴木芽吹(すずきめぶき)さんに注目しました。

鈴木芽吹さんが、【熱海の貴公子】と呼ばれ、イケメンすぎると話題になっていることや、駒澤大学に進んだ理由などについて調べてみました。

▽この記事でわかること▽

・鈴木芽吹は熱海の貴公子でイケメンすぎる!

・なぜ駒澤大学に進学したのか?

鈴木芽吹は熱海の貴公子でイケメンすぎる!

鈴木芽吹さんは、切れ長の目や、さわやかでかっこいい容姿から「熱海の貴公子」と呼ばれていて、女性ファンも多くいます。

昔から、地元熱海ではイケメンと有名だったそうです。

 

また、父方の祖父が「御殿場の隼」、母方の祖父が「伊東の韋駄天」と呼ばれていたそうです。

このことから、両親のおじいさま2人とも足が早かったのがわかります。

 

その関係もあって鈴木芽吹さんは「熱海の貴公子」と呼ばれてるのかもしれませんね。

 

また、高校まで髪が短く坊主頭だった頃から、キリッとした顔立ちで女性ファンの心を掴んでいた鈴木芽吹さん。

大学に入り、髪を伸ばしたことで、更にファンが増えました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

4years.(@4years_media)がシェアした投稿

鈴木芽吹のプロフィール

名前    鈴木芽吹(すずき めぶき) 

生年月日  2001年6月3日 

年齢    20歳(2021年12月現在)

出身地   静岡県熱海市

身長    174cm

体重    58kg

血液型   O型

大学    駒澤大学経済学部 2年生

 

小学校5年生から陸上をはじめた鈴木芽吹さん。

陸上をはじめたきっかけは、実家はからすぐ近くが箱根駅伝のルートで、幼少の頃から家族で応援に行っていたからだそうです。

それまでは、野球や水泳をしていました。

箱根駅伝の観戦がきっかけで、『泉ランニングクラブ』に所属し、陸上を始めました。

 

陸上を始めた頃の小学校6年生の鈴木芽吹さんがこれ!

鈴木芽吹さんが通っていた熱海市立泉小中学校は、名前の通り小学校と中学校が一緒になっています。

ここで、9年間学んだ鈴木芽吹さんですが、中学にも陸上部がなかったので、部活はテニス部に入り、隣の伊東市にある「伊東ジュニア陸上クラブ」に所属して陸上を続けます。

 

そこで、好成績を残した鈴木芽吹さん。

 

2016年に行われた、ジュニアオリンピック 男子3000mでは、静岡県1位をとり、優勝さしました。

2017年に行われた、全国都道府県対抗駅伝では2区を走り、見事8位に入りしました。

この時に、4人抜きをして話題になりました。

 

また、高校は陸上の名門と呼ばれる佐久長聖高校に通っていました。

佐久長聖高校に進学した理由は、小学生の頃に箱根駅伝の観戦のために乗った箱根登山鉄道で、たまたま一緒になった当時東海大の村澤明伸選手と握手したことがきっかけです。

その後、陸上を始め、箱根駅伝での超人的な記録などを知って憧れ、同じ高校に進んだそうです。

佐久長聖高校は、20年以上も全国高校駅伝に出場しているマラソンの強豪校として知られている学校で、1年生の時に日本一を達成した鈴木芽吹さん。

さらには全国高校駅伝に3年連続で出場しました。




鈴木芽吹はなぜ駒澤大学に進学した?

鈴木芽吹さんは、熱海市立泉小学校→熱海市立泉中学校→佐久長聖高校→駒澤大学へと進学をしました。

たくさんある大学の中から、駒澤大学を選んだ理由は、1学年上の田澤廉さんが目標だからだそうです。

田澤廉さんは、第97回箱根駅伝では2区を走り、チームの順位を15位から8位まで押し上げ、13年ぶりの優勝に貢献しました。

また、箱根駅伝終了後に、2年生ながら次期主将に抜擢されたり、数々の記録を塗り替えたりとすごい人です。

そんな田澤廉さんの事を、高校時代の大会で知り目標になり駒澤大学に進学しました。

田澤廉さんの詳しいことはこちらをどうぞ!




まとめ

鈴木芽吹さんは、地元熱海にいた頃から、さわやか系イケメンと有名だったことや、父方の祖父が「御殿場の隼」母方の祖父が「伊東の韋駄天」と呼ばれていたことが、【熱海の貴公子】と呼ばれる理由ではないでしょうか。

 

鈴木芽吹さんが駒澤大学に進学した理由は、目標になった田澤廉選手がいるからです。

いまでは、ダブルエースと呼ばれるほど、ぐんぐん成長しています。

 

イケメンランナーとして多くの女性ファンから支持を受けている鈴木芽吹さん。

田澤選手と共に、今後チームを引っ張っていくことでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。