音楽

反田恭平の父親の学歴は東大卒?職業はサラリーマンで音楽には無関心!




ピアニストの反田恭平(そりた・きょうへい)さんは2021年に行われた第18回ショパン国際ピアノ・コンクール最終審査で2位入賞を果たして以来テレビやネット上でも大きく話題になっていますね!

通常は5年に一度開催でしたが、第18回は約1年延期されて6年ぶりのショパン国際コンクール開催でした。

ショパンコンクールの日本人の入賞は51年ぶりだったそうなので反田恭平さんは、すごい快挙ですね!

反田恭平さんと言えば、出てきた瞬間目立つためにしている髪型「サムライヘア」が特徴的で、現在の年齢は27歳です。(2021年12月現在)

 

大会でコンチェルトが夢だった反田恭平さんの父親がどんな人物なのか学歴や職業が気になりますね!

そこで、今回は「反田恭平の父親の学歴は東大卒?職業はサラリーマンで音楽には無関心!」と題して、ショパン国際コンクールで2位に入賞したピアニストの反田恭平さんについて調べてまとめてみました!

 

この記事で調べた内容はこちら!

・反田恭平の父親の学歴は東大卒?
・反田恭平の父親の職業はサラリーマン!
・反田恭平の父親は音楽には無関心で音大も反対された!

それではさっそく本題に入って行きましょう!




反田恭平の父親の学歴は東大卒?

反田恭平の父親の学歴は東大卒なのか調べてみましたが、ネット上には反田恭平さんの情報は少なく東大卒という情報も載っていません。

ネット上では、反田恭平さんの父親の学歴は東大卒では?と言われていましたので、東大なのかもしれませんが、現時点で反田恭平さんの父親の学歴や大学情報は明らかになっていません。

ちなみに反田恭平さんは桐朋学園大学音楽学部卒です!

その後ショパン国立音楽大学へ入学しています。

なんと反田恭平さんは桐朋学園大学の時は特待生だったそうなので、大学の時から実力は健在だったようですね!




反田恭平の父親の職業はサラリーマン!

ピアニストの反田恭平さんの父親の職業はサラリーマンです。

反田恭平さんがサッカー選手の夢がありましたが、11歳の時に右手首を骨折してしまったため諦めてピアニスト志望に転向しました。

その時、桐朋学園大学音楽部附属高校への進学希望に反田恭平さんの父は反対したそうです。

ちなみに反田恭平さんの母親は専業主婦をされており、4歳の時に母親から電子ピアノ(電子オルガン)を買ってもらったそうです。

しかし、父親になかなかピアノを買ってもらえず、反田恭平さんが電子ピアノ(電子オルガン)で練習をしていると、父親から「うるさい!」と怒鳴られることもあったようです。

反田恭平さんは4歳の時に母親から「ミッキーマウスマーチ」弾くと反田恭平さんは即、耳で音を覚えすぐに弾けたそうです!

サラリーマンをしている父親からは、なかなか理解してもらうのが難しかったようですね。




反田恭平の父親は音楽には無関心で音大も反対された!

反田恭平さんはショパン国際コンクールで入賞する程のピアノの腕前ですが、父親は全く音楽に関心がなく無関心で、反田恭平さんが音大に進むことを反対されていました。

そもそも反田恭平さんの父親からは反田恭平さんが音楽高校に行く時も反対されており、「そんなに音楽高校に行きたいのなら、コンクールで1位を取って、その賞状を俺のところに持って来い」と言われたのでコンクールを4つ受けたそうです。

結果は、1つは最高位で、他の3つは全て優勝して父親に「どうだ!」と症状を出して音楽高校入学を認めてもらったというエピソードもあります!

ピアノコンクール1つで優勝することも凄いのに3つで優勝して、1つは最高位ということで反田恭平さんの父親もピアノの実力を認めざるを得なかったのだと思います。

反田恭平さんの実力は高校生の頃も健在だったようですね!

 

反田恭平さんの父親の事を語る上でのエピソードとして、小学校の時にショパンをピアノで弾いていたら、父親に「なんてひどい曲だ!」と言われて、テレビの音量を最大にされたこともあったんだそうです!

反田恭平さんのような実力もあるピイアニストの両親は有名な音楽家なのかもと思いがちですが、父親は音楽には関心がなく、普通の家庭で育ったということには驚きですね!




まとめ

今回は「反田恭平の父親の学歴は東大卒?職業はサラリーマンで音楽には無関心!」と題して、ショパン国際コンクールで2位に入賞したピアニストの反田恭平さんについて調べてまとめてみました!

ピアニストの反田恭平さんの父親の学歴はネット上に情報がありませんでしたが、東大かも?と言われていましたね。

また反田恭平さんの父親の職業はサラリーマンで音楽には無関心で、音楽高校進学も音楽大学進学も反対されていたようでした。