イベント

しし座流星群2021長野の見える時間や方角!おすすめスポットも!




2021年のしし座流星群は、11月6日(土)から11月30日(火)の期間中に出現します。

一番流星が活発になるのが、11月18日(木)午前2時ごろと予想されています。

11月18日は満月前のため、月明かりがあり条件は悪いようですが、18日未明から明け方ごろは観測のチャンスがあります。

 

ピーク時には、1時間で3個~5個程度の流星が出現する予想ですので、できればベストな場所や方角、ベストな時間で見たいですよね!

そこで気になるのは「しし座流星群2021長野の見える時間や方角は?」「長野で見える場所のおすすめスポットは?」について紹介していきます。

また、しし座流星群が見える日の天気も気になりますので、長野の天気予報も見ていこうと思います。

 

そこで今回まとめたのがこちら

  • しし座流星群2021長野の見える時間や方角は?
  • しし座流星群2021長野の見える場所とおすすめスポットは?
  • しし座流星群2021長野の天気は?

それでは本題に入っていきましょう♪




しし座流星群2021長野の見える時間や方角は?

しし座流星群2021が長野で見えるの時間や方角は以下のようになります。

●見える時間:18日(木)夜から明け方

●見える方角:全方角(月を視界に入れない方角)

●ピーク時間帯:18日(木)午前2時頃

しし座流星群2021が流れ始める時間は、11月18日(木)の夜から明け方にかけてになります。

ピーク時間は、18日(木)午前2時頃となっています。

 

また、しし座流星群2021の見える方角についてですが、流星は放射点から全方位に流れるため、どの方角からでも見ることができます。

なので、空の広範囲を見渡すことがポイントとなります。

見えにくい場合は、放射点のある東の空を中心に広く見ると良いようです。

星図引用元:AstoroArts

しかし、18日は満月直前のため、しし座流星群が極大を迎える18日も一晩中月明かりの影響で条件は良くないようです。

見晴らしが良いところでも、1時間あたり3個~5個程度になるそうです。

なので、月の明かりをできるだけ直接視界に入れないようにし、月から離れた方向を中心に空を見上げることがポイントです。

 

月の明かりの影響が少ない方角は、『北西~天頂~東』となります。

もし、11月18日に見られなくても、極大日である18日を中心に前後数日間の夜半から未明はしし座流星群2021の観測のチャンスがあるようです。

実際に極大日前日の17日でもしし座流星群2021を観測されていた方がいました。

 

2001年のしし座流星群は当たり年で、1時間に2000個ほどの流星が確認されたようです。

 

2021年はここまでの流星は見られないかもしれませんが、少しでもしし座流星群が見れると良いですね。




しし座流星群2021長野の見える場所とおすすめスポットは?

しし座流星群2021の長野県で見える場所とおすすめスポットを紹介していきます。

今回は、長野県で天体観測などでよく訪れられている場所を紹介していきます。

おすすめ観測スポット長野県・野辺山高原

野辺山高原は、日本国内でも屈指の『星空の名所』として有名ですし、「日本で一番綺麗な星空ベスト3」にも選ばれています。

野辺山高原は、星空鑑賞会を開催しているホテルやパンションもあるので、気軽にしし座流星群を鑑賞しに行くことができます。

無料の駐車場40台分あるので安心して行けます。

 

●住所: 長野県南佐久郡南牧村平沢峠

野辺山高原は平沢峠にあり、須玉インターチェンジより車で約30分ほどの道のりになります。

おすすめ観測スポット長野県・浪合パーク

浪合パークは、長野県の阿智村にあり『日本一の星空』と言われています。

浪合パークは2018年に星空観測のためにできた施設になります。

そのため、星空デッキがあり自由に観測を楽しむことができます。

星空観測のためにできた施設ですので、機材レンタルやレジャーシートの販売もあります。

軽食などの販売もありますし、無料の駐車場100台分もあるのでとっても便利です。

 

●住所:長野県下伊那郡阿智村浪合1192-356

浪合パークの詳しい情報はこちら

おすすめ観測スポット長野県・立石公園

長野県の立石公園は、『新日本三大夜景・夜景百選』や『信州サンセットポイント100選』にも選ばれるほど、とても夜景が綺麗で美しい場所として有名です。

空全体を広く見渡せるので、しし座流星群2021を観測するのにもとってもおすすめです!

月の明かりを背にして、ゆっくりと空を眺めてみてください。

●住所:長野県諏訪市上諏訪10399

立石公園の詳しい情報はこちら




しし座流星群2021長野県の天気は?

しし座流星群ピークの2021年11月18日の長野県の天気は、『晴れ時々曇』となっています。

しし座流星群は18日を中心に前後でも見れる可能性がありますので、18日前後3日間の天気を紹介します。

<17日~19日の天気予報>

天気予報:17日・晴れ時々曇、18日・晴れ時々曇、19日・晴れ時々曇
降水確率:17日・10%、18日・10%、19日・0%

長野県の11月17日~19日の天気予報は全て『晴れ時々曇』となっていました。

雨が降る確率は、17日は10%、18日は10%、19日は0%ですので長野県でしし座流星群が見える可能性は高いと言えますね!

 

このように、しし座流星群2021は長野県でも「バッチリ見える」となっていますので、期待が高まりますね。




まとめ

今回は「しし座流星群2021長野県の見える時間や方角!おすすめスポットも!」についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

しし座流星群2021が長野県で見える時間『18日(木)夜から明け方』で、見える方角は『全方角』から観測が可能です。

また、ピークを迎えるのは18日(木)2時頃となっています。

 

しし座流星群2021は、月の明かりが影響を受けますので、月を視界に入れない方角から見ることがポイントとなります。

しし座流星群2021長野県のおすすめスポット「野辺山高原」「浪合パーク」「立石公園」の3を紹介しました。

参考にしていただけると嬉しいです。

 

それでは、今回はここまでとさせて頂きます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。