イベント

しし座流星群2021京都の見える時間や方角!おすすめスポットも!




2021年のしし座流星群は、11月6日(土)から11月30日(火)の期間中に出現します。

一番流星が活発になるのが、11月18日(木)午前2時ごろと予想されています。

11月18日は満月前のため、月明かりがあり条件は悪いようですが、18日未明から明け方ごろは観測のチャンスがあります。

 

ピーク時には、1時間で3個~5個程度の流星が出現する予想ですので、できればベストな場所や方角、ベストな時間で見たいですよね!

そこで気になるのは「しし座流星群2021京都の見える時間や方角は?」「京都で見える場所のおすすめスポットは?」について紹介していきます。

また、しし座流星群が見える日の天気も気になりますので、京都の天気予報も見ていこうと思います。

 

そこで今回まとめたのがこちら

  • しし座流星群2021京都の見える時間や方角は?
  • しし座流星群2021京都の見える場所とおすすめスポットは?
  • しし座流星群2021京都の天気は?

それでは本題に入っていきましょう♪




しし座流星群2021京都の見える時間や方角は?

しし座流星群2021が京都で見えるの時間や方角は以下のようになります。

●見える時間:18日(木)夜から明け方

●見える方角:全方角(月を視界に入れない方角)

●ピーク時間帯:18日(木)午前2時頃

しし座流星群2021が流れ始める時間は、11月18日(木)の夜から明け方にかけてになります。

ピーク時間は、18日(木)午前2時頃となっています。

 

また、しし座流星群2021の見える方角についてですが、流星は放射点から全方位に流れるため、どの方角からでも見ることができます。

なので、空の広範囲を見渡すことがポイントとなります。

見えにくい場合は、放射点のある東の空を中心に広く見ると良いようです。

星図引用元:AstoroArts

しかし、18日は満月直前のため、しし座流星群が極大を迎える18日も一晩中月明かりの影響で条件は良くないようです。

見晴らしが良いところでも、1時間あたり3個~5個程度になるそうです。

なので、月の明かりをできるだけ直接視界に入れないようにし、月から離れた方向を中心に空を見上げることがポイントです。

 

月の明かりの影響が少ない方角は、『北西~天頂~東』となります。

もし、11月18日に見られなくても、極大日である18日を中心に前後数日間の夜半から未明はしし座流星群2021の観測のチャンスがあるようです。

実際に極大日前日の17日でもしし座流星群2021を観測されていた方がいました。

 

2001年のしし座流星群は当たり年で、1時間に2000個ほどの流星が確認されたようです。

 

2021年はここまでの流星は見られないかもしれませんが、少しでもしし座流星群が見れると良いですね。




しし座流星群2021京都の見える場所とおすすめスポットは?

しし座流星群2021の京都で見える場所とおすすめスポットを紹介していきます。

京都では、夜景スポットとしても有名な『将軍塚』や『天橋立』などでよく観測されています。

その他にも穴場となる観測スポットを紹介しますね。

おすすめ観測スポット京都・将軍塚

しし座流星群に限らず、京都の将軍塚はデートスポットとしても有名です。

夜景がすごく綺麗に見れますし、空も広く見渡せるので超おすすめです♪

●住所:〒607-8456 京都府京都市山科区厨子奥花鳥町28

将軍塚の詳しい情報はこちら

おすすめ観測スポット京都・天橋立

上記の画像はペルセウス座流星群のものになりますが、京都の天橋立は、天体観測スポットとして人気のある場所です。

月明かりの影響がありますので、月を背にして広い空をゆっくり見渡し、しし座流星群を眺めるのがおすすめです。

●住所:〒626-0001 京都府宮津市字文珠314番地の2

●TEL:0772-22-8030

天橋立の詳しい情報はこちら

おすすめ観測スポット京都・鴨川

京都の鴨川はすごく開けているところなので、流星群が綺麗に見えるチャンスはありそうですね。

流星群の時には、やはりこの場所に訪れる人は多いようです。

なるべく明かりの少ないくらい場所を選ぶと綺麗に見えると思います。




おすすめ観測スポット京都・亀岡運動公園

亀岡運動公園は、盆地になっているため公園の周りは畑が多く、街の明かりも少ないため天体観測におすすめのスポットとなっています。

駅からは離れているので、車で行くほうがいいと思います。

駐車場が併設されているので安心して行く事ができます。

市内から離れているためアクセスには不便かもしれませんが、だからこそ天体観測にはおすすめなのかもしれませんね。

おすすめ観測スポット京都・宝ヶ池公園

宝ヶ池公園は花見の名所としても有名で、子供向けの遊具があり運動施設としても充実しています。

市内の公園ですので、少し街の明かりが影響しそうですが意外と流星群などみれるため、おすすめスポットとなっています。

車で行く方は近くに駐車場があるのでこちらから確認してみてください。

 

また、公園付近に各路線も通っているので、学校帰りや仕事終わりなどでも行きやすい場所かと思います。

おすすめ観測スポット京都・宇治川公園

宇治川公園はとても広い公園ですし、高層マンションやビルなどもないため、広い空を見ることができます。

公園の中に駐車場もありますので、とっても便利なのでおすすめスポットとなっています。

しかし、道幅は狭い所があるようなので大きめの車はちょっと難しいかもしれません。




しし座流星群2021京都の天気は?

しし座流星群ピークの2021年11月18日の京都の天気は、『曇のち晴』となっています。

しし座流星群は18日を中心に前後でも見れる可能性がありますので、18日前後3日間の天気を紹介します。

<17日~19日の天気予報>

天気予報:17日・晴れ時々曇、18日・曇のち晴れ、19日・晴れ
降水確率:17日・10%、18日・10%、19日・0%

京都の11月17日の天気予報は晴れ時々曇となっており、11月18日の天気予報は曇のち晴れ、11月19日天気予報は晴れとなっていました。

雨が降る確率は、17日は10%、18日は10%、19日は0%ですので京都でしし座流星群が見れる確率は高いといえます。

 

このように、しし座流星群2021は京都でも「バッチリ見える」となっていますので、期待が高まりますね。




まとめ

今回は「しし座流星群2021京都の見える時間や方角!おすすめスポットも!」についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

しし座流星群2021が京都で見える時間『18日(木)夜から明け方』で、見える方角は『全方角』から観測が可能です。

また、ピークを迎えるのは18日(木)2時頃となっています。

 

しし座流星群2021は、月の明かりが影響を受けますので、月を視界に入れない方角から見ることがポイントとなります。

しし座流星群2021京都のおすすめスポットは「将軍塚」「天橋立」「鴨川」「亀岡運動公園」「宝ヶ池公園」「宇治川公園」の6つになります。

参考にしていただけると嬉しいです。

 

それでは、今回はここまでとさせて頂きます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。