イベント

しし座流星群2021沖縄の見える方角やピーク時間!おすすめスポットも!





2021年11月18日、しし座流星群の活動がピークを迎えます!

流星群は全天どの方向にも流れますが、11月19日には満月を迎えるので月明りの影響が少ない方角をみるのがおすすめです。

しし座流星群2021の活動規模も活発ではないことが予想されるため、好条件とはいいがたいですが、1つでも見たい!という方はきっと多いですよね!

そこで今回は沖縄でしし座流星群が見える時間や方角を調査しました!

おすすめのスポットや当日の沖縄の天気についても併せてご紹介していきたいと思います!

 

この記事で分かること

しし座流星群2021沖縄の見える方角とピーク時間

しし座流星群2021沖縄のおすすめスポットや穴場

しし座流星群2021沖縄の天気




しし座流星群2021沖縄の見える時間と方角

しし座流星群2021が沖縄で見える方角とピーク時間は次の通りです。

ピーク時間:2021年11月18日未明から明け方

見える方角:全方向(月明かりや街の明かりを背にして見るのがおすすめ)

 

気象庁では「未明」を午前0時から3時頃、明け方は3時から6時頃を指すそうです。

沖縄の2021年11月18日の日の出は6時50分。

おそらく6時前には徐々に薄明るくなってくることが予想されるので、しし座流星群が沖縄でピーク時間を迎えるのは11月18日午前0時から午前6時頃までの6時間弱でしょう。

2021年11月19日は満月を迎えるため、晴れが予想される11月18日未明も月明かりがとてもきれいに輝いていることが予想されるので、しし座流星群の観察にはいい条件とは言えませんね。

観察条件がいい場所で1時間に数個見える程度なので、のんびりした気持ちで空を見上げるのがよさそうですね!




しし座流星群2021沖縄のおすすめスポットや穴場

しし座流星群2021を観測するための沖縄のおすすめスポットや穴場を北部、中部、南部、離島にわけて紹介します!

沖縄には日本初の「星空保護区」に認定された西表石垣国立公園がありますが、その他にも星空が綺麗に見える場所がたくさんあります!

  • 辺戸岬(へどみさき)
  • 辺野喜ダム(べのき)
  • 残波岬(ざんぱみさき)
  • 百名ビーチ(ひゃくな)
  • 古宇利島(こうりじま)
  • 伊計島(いけいじま)

 

辺戸岬

辺戸岬は沖縄の最北端にあります。

那覇からの距離は120㎞(高速で2時間半)あるため、アクセスは良くありません。

ただ、静かな環境でゆったりと星空観察をするにはとても条件のいい場所です!

ちょっとしたスマホの明かりでも、たくさんの人がいれば星空観察を遮る明かりになってしまうので、辺戸岬は流星群を観察するための穴場スポットの1つといえそうですね!

アクセス

那覇空港から車で約2時間30分(高速道路を利用)

詳しくはコチラ▶辺戸岬

辺野喜ダム

辺野喜ダムは沖縄本島の北部にある多目的ダムの1つで、「満天の星空が見られるダム」とも言われています。

北部のダムで唯一ダム湖を一周できる道路があり、徒歩でも2時間ほどで1周できます。

友人や家族と一緒であればダム湖をまわりながら星空観察するのもいいかもしれませんね!

アクセス

那覇空港から車で約2時間(高速道路を利用)

詳しくはコチラ▶辺野喜ダム

残波岬

残波岬は沖縄本島の中部にあります。

サトウキビ畑や東シナ海が見渡せる灯台があるなど、観光客にも人気のスポットです。

沖縄本島で夕日が最後に沈む場所としても有名な絶景スポットです。

しし座流星群2021を観察したあとには、朝焼けを楽しむこともできそうです。

スマホのカメラで星空が撮れるほど、光り輝いているようですね!

 

アクセス

沖縄北ICから車で約30分

詳しくはコチラ▶読谷村観光協会




百名ビーチ

百名ビーチは沖縄本島南部にあります。

観光化されていないため、とても静かな場所です。

アクセス

那覇空港から車で約50分(一般道)

詳しくはコチラ▶百名ビーチ らしいね南城市

古宇利島

古宇利島は沖縄の離島で、本部半島の北側の海に位置しています。

「恋の島」とも呼ばれています。

面積は3.1㎢で、外周は約8㎞と小さい島です。

本島から橋でつながっているため車でのアクセスができます!

アクセス

那覇空港から約1時間30分(高速道路を利用)

詳しくはコチラ▶古宇利島

伊計島

伊計島は沖縄本島の東に位置する小島です。

本島から海中道路や橋を経て車で行くことができます。

外周7.49㎞ととても小さい島ですが、南部には200人程の人も住んでいてホテルもあります。

島のほとんどが畑なので、夜はとても暗く星空観察も充分にできるようです。

東側は海しかないので、星空観測を妨げる人工光を心配する必要はありません。

アクセス

那覇空港から車で約50分(高速道路を利用)

詳しくはコチラ▶伊計島 沖縄ラボ




しし座流星群2021沖縄の天気

しし座流星群2021がピークを迎える11月18日の沖縄の天気は曇り時々雨です。

残念ながら、好条件とは言えない天気ですね。

もともと2021年11月18日にピークを迎えるしし座流星群は活動量も活発ではありません。

見れたらラッキーの気持ちで、空を見上げるのがいいかもしれませんね!




まとめ

今回はしし座流星群が活動のピークを迎える2021年11月18日、沖縄で流星群が見える時間や方角とおすすめスポットについてご紹介しました。

沖縄でしし座流星群がピーク時間を迎えるのは2021年11月18日午前0時から午前6時頃です。

方角は全天でが月や市街地の光を背にすることがおすすめです。

当日の沖縄の天気については、現在のところ曇り時々雨と好条件ではありません。

沖縄とは言え、11月中旬の深夜から朝方は冷えてくるでしょう。

寒さ対策をして、観測を楽しんでくださいね!