イベント

しし座流星群2021名古屋の見える時間や方角!おすすめスポットも!




しし座流星群が2021年11月6日(土)~30日(火)にかけて日本の空に現れます。

ピークを迎えるのは11月17日~18日(木)です。

肉眼で観測できるのなら見なきゃ損ですよね!

そんなしし座流星群を見逃さないために、事前にしし座流星群の見える時間や方角、おすすめスポット、天気は知っておきたいですよね!

ということで今回は以下についてまとめてみました。

しし座流星群2021名古屋の見える時間や方角は?

しし座流星群2021名古屋のおすすめスポットは?

しし座流星群2021名古屋の天気

ぜひ参考にしてみてください!




しし座流星群2021名古屋の見える時間や方角は?

日程:2021年11月17日~18日

見える時間:17日深夜23時から18日明け方4時ごろ

見える方角:東(東だけでなくどの方向にも飛びます)

見える時間は17日深夜23時から18日の明け方頃ということです。


23時頃から出現するようですが、未明から明け方が見ごろと書いてあるニュース記事もありました。

気象庁が定める未明とは0時~3時頃で明け方とは3時頃~6時頃になります。

17日の名古屋の月の出の時間は15:44で月の入りの時間は4:10となっていますので23時頃から4時頃が見える時間ということになります。

多くの人がぐっすり寝ている時間が見ごろということになりますね。

また、しし座流星群の予測極大時刻は2時ということです。

極大時刻というのはしし座流星群の活動が最も活発になるピークの時間のことです。

 

流星群というのはあちこちに飛ぶため一つの方角だけでなく全点からみえるというのがいいですよね!

ですが19日に満月を迎える月明りの影響を受けてしまうため、空が明るくなっているので今回はあまり条件は良くないということです。

ただ、全く見えないわけではないのでぜひチャンスをつかんで見たいものです!

月はずっと出ているということになりますので空を見渡して、月とは反対の明かりのない方向でみることが重要です。

1時間に数個みえたら運がいいと言われているほどなのであまり期待しすぎない方がよさそうですが、見えないわけではないのでドキドキしながら観察したいですね!

月明りがない方向をみて観察するのがおすすめです

ちなみに、超感動的なしし座流星群を観測できた2001年の様子はこんな感じでめちゃくちゃキレイでした!

『降ってくるのでは?まるでロケット花火!』と思うほどの迫力です。

2021年はここまでの迫力の流星群を見るのは難しいみたいですが、空の上ではこんな感じでしし座流星群の美しい星の輝きが見えているのですね!

今年も少しでも見えるといいですね!

見えたあなたは超ラッキー!!




しし座流星群2021名古屋のおすすめスポットは?

しし座流星群2021を名古屋で観測する際のおすすめスポットは『広く遠くまで見渡せる標高が高い場所』『明かりがない場所』『空気が澄んでいる場所』です。

なかなか都会にいたらそんな場所ないよね?と思いがちですが実はあります!

具体的な近隣のおススメスポットは以下の3つです。

  • 藤前干潟
  • 平和公園
  • スターフォレスト御園(東栄町)

早速みてみましょう!

藤前干潟

稲永公園の隣にある藤前干潟は静かで日中は素敵な海の景色が見渡せる場所です。

稲永公園には野鳥観察センターがあるので鳥を見にきている人もいるとか。

夕焼けもきれいにみえるようですよ!

平和公園

名古屋の中心なのに星空観測ができちゃうスポットです。

お花見スポットとしても有名でみんなに愛されている公園です。

スターフォレスト御園(東栄町)

こちらは都会からは離れてしまいますが天気が良ければ天体観測には最高の場所。

宿泊施設があり天体望遠鏡も借りることができるので、より一層楽しみたい人におススメ。

天体観測で訪れた人の口コミから大満足という声が見つかりました。

こちらに概要があるので事前に問い合わせてから行った方が確実です!

また、豊村市も天体観測で有名だそうですね。

気軽に楽しみたい方はマンションなどの建物の屋上やベランダなどもいいかと思います。

近所に標高の高くて明かりのない広い場所がある人は出かけなくても見ることができるかもしれないのでぜひ空を見上げてみましょう!




しし座流星群2021名古屋の天気

11月17日深夜から18日明け方が見ごろのしし座流星群なので18日の名古屋の天気を調査したところ、曇りのち雨のようですね。

引用元:ウエザーニュース

天気が下り坂なのは心配です。

天候の条件が合えば12月上旬まで出現のおうし座北流星群も一緒にみれるかもしれないのでぜひみたいですよね!

寒暖の差が激しく朝晩は冷え込むということでホッカイロやあたたかい飲み物、コートなど防寒対策はしっかりしていきましょう。

足元が見えるように懐中電灯も持っていくといいですね。

こちらは予報なので急に天気が変わることもあるかと思います。

せめて17日深夜から18日の明け方だけでも雲がなく雨が降っていない天気だといいですね!




まとめ

しし座流星群2021名古屋の見える時間や方角!おすすめスポットも!という内容で書かせていただきました。

見える時間は2021年11月17日の深夜から18日の明け方、つまり23時頃から朝4時頃ということです。

ピークを迎えるのは2時頃なんですって。

方角は全方向から見えるので大丈夫なんですが、翌日に満月になるため月明りの影響があるので空をみて月とは反対の方向で観測するのがおすすめです。

都会でのおすすめスポットとしてご紹介したのは藤前干潟、平和公園です。

バッチリ宿泊して楽しみたい方は天体望遠鏡も貸してくれるスターフォレスト御園が評判がいいですね。

天気が微妙な予報なのですが、あくまで予報なので未明から明け方の間だけでも良い天気になってほしいものです。

月明りの影響を受けてしまい観測条件はあまりよくないとのことですが全く見えないわけではないということです。

少しでもみなさんがしし座流星群を楽しめますように!