イベント

しし座流星群2021石川の見える時間や方角!おすすめスポットも!





2021年のしし座流星群は11月6日(土)から30日(火)の期間中に出現しています。

しし座流星群が最も活発になるのが11月18日(木)と予想されています。

夜空を見上げて天体観測できるなんてステキですよね。

そこでしし座流星群を石川県で観測できる時間や方角、おすすめスポットなどをご紹介しています!

この記事でわかること

  • しし座流星群2021石川の見える時間や方角は?
  • しし座流星群2021石川のおすすめスポットは?
  • しし座流星群2021石川県の天気




しし座流星群2021石川の見える時間や方角は?

しし座流星群が見える日:11月18日(木)

活動のピークな時間帯:午前2時頃〜明け方

しし座流星群の見える方向:東の空(四方八方に流れます)

しし座流星群は11月17日(水)23時頃から流星が出現し始め、極大は11月18日2時頃と言われています

真夜中に活動の極大を迎えますので、ぜひ身体を冷やさないように防寒グッズを用意して観測したいものですね。

流星群の流れ星は四方八方に流れますので、空を広く見るのがポイントです!

ただ、今年は翌日に満月となるため、月明かりの影響で実際に見える数が少ないかもしれません。
月明かりのない方向(月と反対の方向)でので観察するのがいいでしょうね。

しし座流星群の特徴

しし座流星群の特徴をまとめてみました。

①流れるスピードが速い
しし座流星群の流れる速度が秒速71kwに達し、主要な流星群のなかで最もスピードが速い流星群といわれています。

流れ星に願い事を3回お願いすると叶うと言われますが、しし座流星群は速すぎて難しいかもしれませんね。

②明るい流れ星が多い
しし座流星群は全体的に明るい流れ星の割合が高く、火球と言われるひときわ明るい流れ星を見つけることもできるそうです!

③流星痕を観測できるかも
明るい流れ星が流れた後、その流星の雲のような淡く輝く「流星痕」というものが観測できるかもしれません。

しし座流星群は2001年に過去最大に出現しました!
あまりの流れ星の多さにびっくりします!




しし座流星群2021石川のおすすめスポットは?

では、石川県でのしし座流星群のおすすめスポットをご紹介します!

お勧めするスポットは「広く見渡せる場所」、「明るすぎない場所」などになります。

そこで今回おすすめスポットは

  • 大乗寺丘陵公園
  • 満天星
  • キゴ山

大乗寺丘陵公園

大乗寺丘陵公園は金沢市内にある金沢を代表する公園(総合公園)です。

眼下に金沢の街が広がり、晴れた日には日本海まで見渡すことのできる壮大な眺望なところですので、広く見渡せて星空を眺めるにはおすすめスポットになりますね。

大乗寺丘陵公園
石川県金沢市長坂町

石川県柳田星の観察館「満天星」

「満天星」は石川県能登半島にある星の観察館となっています。

プラネタリウムや大型天体望遠鏡などもあり、星の観察イベントなども行っている場所です。

星空を見るには理想な場所でありますので、周辺の明かりがありません!光害もないので、雲がなければ、くっきりと星空が楽しめるスポットになっています!

石川県柳田星の観察館「満天星」
石川県鳳珠郡能登町のやなぎだ植物園公園内にあります。

キゴ山

金沢市にある「銀河の里キゴ山」はプラネタリウムや天体観測センターなどの施設があります。
駐車場からは金沢市の夜景を眺めることができ、週末は夜景や天体観測する人たちが集まってくる場所となってます。

展望スポットまでの道はほとんど街頭がないものの道路は整備されているので、安心して天体観測ができそうです。


しし座流星群2021石川県の天気

11月17日(水)天候は晴れていますので、しし座流星群が出現する頃は雲も少なく見ることができるのではないでしょうか。

気温は低いと思われますので、カイロや温かい飲み物、コートなどの防寒をしっかりとしてくださいね。




まとめ

今回はしし座流星群について「しし座流星群2021石川の見える時間や方角!おすすめスポットも!」と題してまとめてみました。

しし座流星群の極大になるのは、11月18日午前2時頃から明け方となっています。

方向は一定方向ではなく、四方八方に流れるので、広く夜空を眺めるのがおすすめ。

ただ、翌日が満月のため月明かりに影響されて見えにくい可能性が高い。そのため、月と反対の方向で観測するほうがいいと思われます!

石川県は星がきれいに見えるスポットが多くありますので、ぜひしし座流星群を楽しんで見てください!