漫画

サレタガワのブルー113話ネタバレと感想!流星の父親の正体が判明!




ドラマ化もしていた「サレタガワのブルー」の113話のネタバレをご紹介していきます。

サレタガワのブルー112話では、ともみの中学の同級生の友野が出てきました。

ともみが和正のことで傷ついていた時に、一夜を共にしてしまった過去があるともみと友野。

ともみと和正の子供である流星がもしかしたら友野の子供かもしれない、という可能性があるようです。

果たして、流星は誰の子なのでしょうか。

サレタガワのブルー113話のネタバレと感想をご紹介致します。

この記事でわかること

・サレタガワのブルー113話のネタバレ

・サレタガワのブルー113話の感想




サレタガワのブルー113話ネタバレ!

サレタガワのブルー113話のネタバレをしていきます。

 

いよいよともみが流星を連れての退院です!

迎えに来た和正の車に乗り込み自宅へと帰っていきます。

 

自宅へ帰る車の中で、和正は流星の血液型をともみに尋ねます。

和正はB型、ともみはO型です。

 

そして気になる流星の血液型はA型でした。

しかしともみは本当のことを言えず、和正に流星の血液型はB型だったことを伝えました。

友野がA型だということをともみは知っており、流星の本当の父親は友野だということに気付きます。

しかし、知らない方が幸せだと自分の中で思い込み、自分の中におさめておきました。

 

幸せに暮らすともみと和正のインスタを眺めて、「ださい!」というのは藍子です!

話の舞台は東京へと戻り、藍子は妹萌子がママをしている店で働いています。

しかし藍子の接客態度が悪すぎるため、萌子からクビを言い渡されました。

 

萌子の店で働いたことによりお金が貯まった藍子は、萌子の家を出ることを決心します。

歩いていると1人のホストに声をかけられた藍子ですが、声をかけてきたホストがかっこよかったこともあり初めてホストの店を訪れることになりました。




サレタガワのブルー113話感想!

サレタガワのブルー113話の感想をご紹介します。

ともみと和正の子供の流星が、実は友野の子供だったということがかなり驚きでしたね!

ともみと和正の話は終わり、これからは藍子のようです。

ホストクラブへ行く藍子ですが、ホストにハマってまた破滅していくのかどうかも気になるところです。

藍子ともみのSNS見てるし執着ヤバイ!
一撃で仕留める友野くんの執念凄すぎ!
ホストに枕営業されまんまと騙され、やっぱりのぶくーんってなって、その時ののぶくんは梢さんと再婚して、藍子がどん底に落ちるっていうオチを待ってます。
アイコパスのホス狂編楽しみすぎるだろ
ともみだって和正のこと裏切ってるのに、自分に非はないというその考えが怖いよね・・・




まとめ

サレタガワのブルー113話のネタバレと感想をご紹介致しました。

ともみと和正の子供の流星は、ともみの中学の同級生である友野の子供でした。

ともみはずっと和正に隠していくことを決意したようですね。

話は藍子に戻ることになったため、またどのようなサイコパスさを見せてくれるのか楽しみですね。