漫画

サレタガワのブルー112話ネタバレと感想!ともみと友野の衝撃の一夜!




ドロドロ系恋愛漫画のサレタガワのブルーの112話のネタバレをご紹介していきたいと思います。

サレタガワのブルー111話では、和正が浮気相手から口止め料3万円を取られていましたね。

そんな中、入院中のともみにお見舞いに来た1人の男性が、実はともみと和正の子供の父親かもしれないというところで終わりました。

112話では新事実が発覚するのでしょうか?

サレタガワのブルー112話のネタバレをご紹介していきます。

この記事でわかること

・サレタガワのブルー112話のネタバレ

・サレタガワのブルー112話の感想




サレタガワのブルー112話ネタバレ!

サレタガワのブルー112話のネタバレはこちらです!

 

ともみのお見舞いに来た1人の男性、名前は友野といい中学時代の同級生です。

子供の父親は自分ではないのかと尋ねる友野に対し、ともみはきっぱりと違うということを伝えます。

ただ、去年2人の間に起きたことの時期がぴったりすぎるということもあり、話は去年に遡ります。

 

不倫中のともみと和正でしたが、和正の元妻の梢が不倫に気付いているかもしれないと言い、ともみの家に通う回数がかなり減っていました。

ともみは和正の都合の良い時しか相手してもらえず、不倫という立場なので友達に相談することもできずにメンタルがやられていました。

 

そんなメンタルズタボロのともみに、出張で東京に来ているからという理由で友野から飲みの誘い連絡が来ます。

寂しかった上、久しぶりの友達にテンションが上がってしまったともみは飲み過ぎて気付いたらホテルで一夜を過ごしてしまいました。

 

後悔しているともみに対し、友野はずっと好きだったこと、実家の花農家を継いだために出張は実はなかったことを伝えます。

ともみのことを忘れられずに会いに来た友野に対し、彼氏がいると嘘をつきます。

 

彼氏は結婚している人だということを友野に言ってしまいますが、友野はそれを受け止めて自分の方が大事にできるということをアピールします。

一瞬これでも良いかなとともみは思いますが、実家の花農家を継いだ友野と結婚するとなると実家に帰ることになります。

一生田舎暮らしになること、結婚したら「友野ともみ」になるということがイヤで、ともみは友野に別れを告げました。

ともみが和正を裏切ったのは、その1回だけのようです。

 

話は現在に戻り、友野はともみと結婚したく子供ができても良いという思いから避妊しなかったことを伝えます。

友野のことをともみは全否定し追い返しますが、友野は見合い話があることをともみに告げます。

友野の見合い話に喜ぶともみですが、内心は明日子供の流星の血液検査の結果が判明する日なので動揺を隠せない様子でした!




サレタガワのブルー112話の感想!

サレタガワのブルー112話の感想をご紹介致します。

ともみの過去に衝撃を受けましたね!!

あの時、友野を選んでいたらこんなにもともみは苦しむことがなかったはずですよね。

 

それでは、実際の感想をご紹介致します。

結局友野くんもクズ!
離婚か、かーくん何も知らないで流星くん一緒に育ててるのか、、、気になります。
さてどっちの子?感じからして友野くんとの子?だとしたら面白い!
付き合ってもないのに結婚してもいいと思ったから中に出すとか怖すぎる!
みんなサイコパス・・・
友野ともみは不覚にも笑ってしまった!
絶句!ただただ絶句!!




まとめ

サレタガワのブルー112話のネタバレと感想をご紹介致しました。

ともみと友野の過去が判明しましたが、流星の父親は誰なのかということがとても気になります!

次回でいよいよ九州のともみと和正の話は終わるようです。

次は、藍子か暢と梢か気になるところですね。