漫画

サレタガワのブルー115話ネタバレと感想!藍子と梢が恋に落ちる?





サレタガワのブルー115話のネタバレと感想をご紹介していきます。

114話のサレタガワのブルーでは、藍子が初めてのホストクラブ体験でした。

藍子はホストクラブの体験に声をかけてくれた亜蘭と、レオが気になっている様子です。

どちらにも送り指名を自分にするように言われた藍子は、どちらを選ぶのでしょうか。

それでは、サレタガワのブルー115話のネタバレと感想をご紹介します。

この記事で分かること

・サレタガワのブルー115話のネタバレ

・サレタガワのブルー115話の感想

 




サレタガワのブルー115話のネタバレ

サレタガワのブルー115話のネタバレです。

 

ホストクラブ体験入店中の藍子ですが、気になるのはやはり亜蘭とレオ。

10分ごとにホストが入れ替わっていきますが、いくらかわいいと褒められても2人以外に藍子の心は動きません。

 

初回の時間が終了となり、黒服から送り指名するお気に入りのホストを聞かれた藍子。

黒服によるとどちらもナンバー入りしているほど人気で、レオは幹部のようです。

最初に声をかけてくれた縁や、まだ連絡先を交換してないこと、また顔がやっぱりダントツで好みということもあり、亜蘭を指名しました。

 

記念に全員分の名刺を持って帰ろうとする藍子ですが、亜蘭が自分の以外は必要ないと強引に奪います。

亜蘭の強引さにもキュンとする藍子、完全にハマりそうな予感です。

 

場所は変わり、暢と梢のお話です。

 

たっくんの新しい保育園の慣らし保育も終わり、暢の仕事をフルタイムで復帰した梢。

税理士の勧めもあり暢は会社を法人化に考えているようです。

福利厚生もつけれるため、これからも自分のそばにいてほしいと言う暢に顔を赤らめる梢です。

梢の顔が赤くなったことで言い方を間違えたことに気づく暢、仕事のパートナーとして、と言い直します。

ただ梢はカフェの仕事を休職中にしてもらっていることから、すぐに返事はできない様子です。

 

暢に優しくされたこともあり、梢の心が動いていきます。

亡くなった茉拓に心の中で梢は問いかけました。

 




サレタガワのブルー115話の感想

サレタガワのブルー115話の感想はこちらです。

私が許可するので2人をとっととくっつけてください!
藍子プライド高いしマウント取るの大好きだから、高いシャンパンもバンバンいれちゃうんだろなー!
梢さんとのぶくんなら幸せになれないわけがない!
藍子はホストにハマった方が誰にも迷惑かけなくて良くないか?
あの流れで暢に惚れない女はいない。

など、暢と梢を応援する感想がかなり多くありました。

 




まとめ

サレタガワのブルー115話のネタバレと感想をご紹介しました。

藍子はホストに落ちていく予感しかないですよね。

暢と梢がくっつくことが読者が1番楽しみにしていることではないでしょうか。

いよいよ暢と梢の話になっていき、ますます目が離せませんね。