ニュース

パタパタ反転フラップ式案内表示機の現役一覧!京急川崎駅は引退

駅の案内掲示板は現在LED表示の物が主流となっていますが、そんな中昔ながらの「パタパタ」と呼ばれる発車案内板が残っています。

京浜急行電鉄の京急川崎駅では、そのパタパタ残る数少ない駅でしたが、ついに2022年2月で撤去され引退するという事で話題になっています。

今回は、そんな「パタパタ」こと反転フラップ式案内表示機現役の一覧をご紹介していきます!




パタパタ反転フラップ式案内表示機の現役一覧

パタパタの正式名称は「反転フラップ式案内表示機」ですが、2022年1月現在、現役で利用されている駅はまだあります。こちらで一覧でご紹介します!

京急川崎駅

まずは、話題の京急川崎駅ですが、2022年2月で撤去されることが発表されました。

上部に路線図があるタイプの反転フラップ式案内表示機はここのみとなっています。

近畿日本鉄道吉野線 吉野駅(奈良)

吉野駅は奈良県吉野郡吉野町吉野山にある、近鉄吉野線の終着駅です。

 

阪急電鉄岡本駅 (兵庫県)

岡本駅は、兵庫県神戸市東灘区岡本にある、阪急電鉄神戸本線の駅です。

鉄道駅以外にもパタパタ

鉄道の駅以外には、空港に設置されています。

昔のトレンディドラマや映画などでも、空港でパタパタが表示されるシーンが良くありました。

空港のパタパタは、鉄道の物より路線数が多い分、縦に大きいですね。

大阪国際空港

伊丹空港(いたみくうこう)の名でも知られる、大阪国際空港は現在国内の拠点空港として活躍しています。

宮崎空港

宮崎県宮崎市にある空港です。

函館空港

北海道函館市にある空港です。

京急川崎駅引退で関東のパタパタは無くなる

以上に紹介したように、パタパタは京急川崎駅で関東にあるものは最後になるようです。

ですので、今回京急川崎駅のパタパタが無くなるということで、関東にあるものはすべて無くなってしまうことになります。

時代の流れとはいえ、鉄道ファンにとってはさみしい出来事のようです。以下に、SNSの反応もまとめてあります。



SNSの反応

ツイッターでは、今回の京急川崎駅でのパタパタ撤去が話題となっています。

パタパタが無くなるのがさみしいという声が多くあがっています。

どこか懐かしいあのパタパタですので、思い入れのある方も多いアイテムというのが分かりますね。

LEDでパタパタを表現してほしい?

LEDは表示の変化を簡単に表現できることから、パタパタをあえてLEDで表現してほしいという声もありました。

実際、こちらはバスの案内表示ですがパタパタ風にされているものがあるという情報もあります。





まとめ

パタパタこと反転フラップ式案内表示機ですが、現在京急川崎駅以外で残っているのは

  • 岡本駅  (阪急)
  • 吉野駅  (近鉄)
  • 大阪国際空港(伊丹空港)
  • 宮崎空港
  • 函館空港

このように、関東圏では京急川崎駅のみとなっているのが分かります。

関東では無くなってしまいますが、西側の駅にはまだ残っています。

京急川崎駅は、パタパタ上部に路線図もあるという大型の装置だったため、撤去を残念に思う方も多いようです。

それではここまでご覧いただきありがとうございました。