政治経済

野田聖子の息子の学校はどこ?現在は公立?知能や食事についても調査

自民党総裁選に出馬する野田聖子さんですが、息子が一人おられますね。

障害もちのようですが、現在の学校はどこなのでしょうか?

公立との噂もありますが、知能や食事面にも障害をおもちのようなので、本当なのか気になりますよね。

また、そもそも子供が何歳なのか、どんな子なのかも知りたいですよね。

  • 息子の学校名
  • 息子の知能や食事面
  • 息子のプロフィール

以上について深掘りしてきます!




野田聖子の息子の学校はどこ?現在は公立?

野田聖子さんの息子の学校はどこか?現在は公立との噂もありますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと、2021年現在、息子は東京都港区の公立小学校に通学されているようです。

学校の特定情報はありませんでした。

支援学級で勉強しているようで、2021年で小学校5年生です。

野田聖子さんの息子は生まれながら心臓の病気など重い障害をもち、右手右足の麻痺もあるそうで、当初は看護師と一緒に東京都立青山特別支援学校の知的不自由児クラスに通学していました。

しかし、小学校3年生の時点で公立小学校に転校しています。

特別支援学校は、日常生活を自立して送ることを目標とした学校です。

野田聖子さんの息子さんの障害が軽くなったわけではないですが、通常の小学校でも通学できるレベルには日常生活は送れるようになったので、転校したのでしょうね。

現在は病院にも半年に1回レベルでいいようなので、身体が安定しているのでしょう。

息子は学校好き

野田聖子さんの息子は学校が大好きなようです。

理由は学校の指定帽子をかぶって登校することが長年の夢だったからもあるようですね。

もしかしたら、公立小学校に転校したのも野田聖子さんの息子からの強い希望があったのかもしれません。

現在も好きなようなので、良い学校の先生や友人に恵まれたのでしょう。




野田聖子の息子の現在の知能は?

野田聖子さんの息子の現在の知能はどれくらあるのでしょうか?

ネットでは2021年で小学校5年生ですが、平仮名を書ける、足し算・引き算ができる程度のようです。

野田聖子さんの息子には中程度の知的障害があり、運動や勉強面での発達の遅れがあるようで、健常者と比べると達成度レベルにも限界があるようです。

あるHPでは小学校3年生以上の学力をもつことは難しいとの指摘もあり、野田聖子さんの息子がどのくらいの知能が身につけられるかわかりません。

しかし、できる限りできることを増やし人生をより良くしてほしいと野田聖子さんも思っているのでしょうね。

野田聖子の息子の現在の食事は?

野田聖子さんの息子の現在の食事は胃ろうからしています。

胃ろうとは、手術をして胃に穴をあけてチューブを通し、そこから栄養をとる方法のことです。

実は野田聖子さんの息子は生まれてすぐに食道閉鎖症があったため、ずっと胃ろうからの食事になっているそうです。

なので、口から食事をとることができません

小学校でも食事の際は、野田聖子さんの息子さんは別室で胃ろうから栄養剤をいれているのかもしれませんね。

ちなみに、最近は飴をなめて嚥下訓練をしているそうです。




野田聖子さんの息子のプロフィール

野田聖子さんの息子のプロフィールについてご紹介します。

  • 名前:野田真輝(のだ まさき)
  • 生年月日:2011年1月6日(2021年で10歳)
  • 身長:130.2㎝
  • 体重:不明
  • 出身地:東京都

野田聖子さんの息子は重い障害(心臓疾患、食道閉鎖症)をもって生まれたため、生後1年間で9回の手術をされています。

現在の姿をみていると、想像ができませんね。

呼吸が止まったこともあり、その影響で右手右足に麻痺が残っているそうですが、リハビリを頑張った結果、現在は日常生活に支障がないくらいは動くようになっているそうです。

右足に麻痺があるものの、小走りくらいならできるそうですよ。

子供時代は好奇心旺盛で遊びたがりな時期なので、麻痺が深刻でないようで何よりですね!

さらに生まれてすぐ自分で呼吸もできなかったので、喉に穴をあけて人工呼吸器をつけているそうです。

現在は人工呼吸器を外している画像もあるので、自分で呼吸はできているのかもしれません。

呼吸器の関係で最初こそ声を出すことができなかったそうですが、発声練習をして現在は声をだすことができていそうですよ。

野田聖子の息子の学校はどこ?現在は公立?知能や食事についても調査まとめ

  • 息子の学校はどこかというと、現在は東京都港区の公立小学校。学校名は不明
  • 現在小学校5年生だが、知的障害があるため知能は足し算・引き算ができるくらい
  • 食事は胃ろうからとっており、口から食事はとれない

 

最後までお読みいただきありがとうございました。