ニュース

新浪剛史の嫁はアメリカ人?バツ3だけど経歴や年収がやばいと話題!

サントリーホールディングス株式会社の現社長・新浪剛史さんの『45歳定年制』発言が話題になっていますね。

もちろん、ウィズコロナの時代は会社に頼る姿勢は通用しなくなるといはいえ、思い切った発言にネットがざわついているようです。

「サントリーの商品買いたくない」「それなら新浪剛史さんがお手本見せて!」などなど・・・

再就職が難しい45歳で切り捨てるなんて、新浪剛史さんも大胆ですよね。

そんな新浪剛史さんですが、プライベートも結構大胆なんですよ。

じつはこれまでに3回の離婚歴があります。

いわゆるバツ3!

なかなかですよね・・・

いったいどんな人物なのか気になりませんか?

そこで今回は、新浪剛史さんの現在の嫁、経歴や年収についても調べてみました。




新浪剛史の嫁はアメリカ人?

結論から上げますと、新浪剛史さんの嫁はアメリカ人ではありません。

新浪剛史さんは日頃から英語を使っていると話しているため、4人目の奥さんはアメリカ人?という情報もあったようですが、ほとんど情報がなく、事実確認はできませんでした。

どうやら、新浪剛史さん自身、仕事で英語を使わなければならないため、忘れないために奥さんとは英語で話しているのだとか。

とは言え、英語が堪能な奥さんって、ただモノではない予感もします・・・

 

ちなみに、1人目の奥さんは社内恋愛で三菱商事株式会社に勤めていた時に結婚。

2人目の奥さんは、NHKアナウンサーとうわさされていますが、詳細は確認できませんでした。

3人目の奥さんは、なんと20歳も年下の東北大学院卒の超エリートな方だったようです。

新浪剛史さんは経営者として大成功している方なので、年齢がいくつ離れていようが魅力的に見えるのでしょうね。




 

新浪剛史の経歴と年収

そんな新浪剛史さんですが、経歴がとっても華やか。

出身高校は、神奈川県内でも屈指の進学校『横浜翠嵐高等学校』卒業で、大学は『慶応義塾大学 経済学部』

さらに、ハーバード大学でMBAも取得されています。

新浪剛史さんの弟は埼玉医科大学で教授をしている『新浪博士さん』です。

兄弟そろって優秀なのですね。

新浪剛史さんのこれまでの経歴を簡単にまとめてみました。

  • 1981年 三菱商事株式会社
  • 2001年 コンシューマー事業本部ローソン事業ユニットマネージャー兼外食事業ユニットマネージャー 就任
  • 2002年 株式会社ローソン代表取締役社長執行役員CEO 就任
  • 2005年 株式会社ローソン代表取締役社長CEO 就任
  • 2014年 株式会社ローソン代表取締役会長 就任
  • 2014年 サントリーホールディングス株式会社 顧問就任
  • 2014年 サントリーホールディングス株式会社 取締役就任
  • 2014年 サントリーホールディングス株式会社 代表取締役社長 就任

参考:サントリー ホームページ (suntory.co.jp)

気になる年収ですが、

1億1500万超え

とのうわさがあります!

サントリーと言えば、日本を代表する飲料メーカーですからね。

これだけ大きな企業ともなると、トップはこれくらいもらっていてもおかしくないと思います。

株やその他もろもろの総資産を考えると、2億3億も考えられそうですね。




 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、新浪剛史さんの現在の嫁、経歴や年収について調べてみました。

結婚を4回も繰り返す男性、ただモノではないですね。。。

そして新浪剛史さんの『45歳制度』導入発言は、今後も注目されそうです。

新卒で入社しても22年しか働けないわけで・・・

結婚してローンなんて組めないですよね。

今日はこのあたりで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。