ニュース

謎の動物は名古屋の場所どこにいる?飼い主は?犬や猫ではない説浮上!




謎の動物が愛知県名古屋市の住宅街で相次いで目撃されており、話題になっていますね。

目撃されている謎の動物を見た専門家からは猫や犬でもないと言っていました。

名古屋に正体不明の動物が現れたため、不謹慎ですが観に行きたいと思った方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのは『謎の動物は名古屋のどこにいるのか』ということではないでしょうか。

また、『謎の動物には飼い主がいるのか』についても気になりますよね。

そこで今回まとめた内容はこちら▼

・謎の動物は名古屋の場所どこにいる?

・謎の動物(名古屋)の飼い主はいる?

・謎の動物(名古屋)は犬や猫ではない?

では、さっそく本題に入っていきましょう。




謎の動物は名古屋の場所どこにいる?

謎の動物が目撃されている場所は愛知県名古屋市の住宅街です。

名古屋市のどこなのか明確な場所の情報がわかりましたら追記していきます。

謎の生物を目撃した住民からは「凶暴性がある」「気持ち悪い顔をしている」と不安な声があがっています。

近隣に住む犬を飼っている方は「犬に威嚇してこようとしたり」と怖いと言っています。

他の動物や人への被害は今のところありませんが、むやみに近づかないようにしましょう。




謎の動物(名古屋)の飼い主はいる?

動物の専門家からは謎の動物は一般的に流通していない動物がペットとして飼われていたが、逃げ出したのではないかと言われています。

ということは謎の動物には飼い主がいる可能性があるということですね。

今のところ飼い主だと言われている方は出てきていませんので、新しい情報がわかりましたら追記していきます。

 

飼い主がいるのかどうかは謎の動物が何の動物なのかによるでしょう。

実は犬で火傷を負っていて犬に見えないとなると飼い主がいると考えるのが自然ですし、タヌキなどの野生の動物でしたら飼い主が現れることはないでしょう。




謎の動物(名古屋)は犬や猫ではない?

謎の動物は何の動物なのか気になりますね。

ネットでは「タヌキかハクビシンでは?」「犬が火傷を負っていて犬に見えないのでは?」と憶測がされています。

なごや生物多様性センター専門員の方は「一般的にペットとして流通している生き物ではないように思われます」と答えていました。

つまり犬や猫などの一般的な動物ではないということですね。

謎の動物の特徴は以下の通りです。

  • 茶色の毛で覆われている
  • 鋭い目で怖い顔
  • 顔面など皮膚がただれているように見える(皮膚病かも)
  • 犬や人に威嚇する(凶暴性がある)

謎の動物の様子を見た専門家からは顔面や体の皮膚が少しむけていたり、かさかさとただれているような感じがしたと言われています。

つまり、謎の動物は皮膚病にかかっている可能性があります。

人への感染のリスクがありますので、目撃したとしてもむやみに触らないようにしましょう。




まとめ

今回は『謎の動物は名古屋の場所どこにいる?飼い主は?犬や猫ではない説浮上!』と題して、謎の動物は名古屋のどこにいるのか場所を調べてみました。

2021年11月2日21時の時点ではどこにいるのかニュースにも出ておらず、場所の特定には至りませんでした。

たとえ場所がわかったとしても皮膚病の恐れがありますので、むやみに触らないようにしましょう。

謎の動物の皮膚はただれているように見えますので、早い保護や確保が望まれますね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。