生活

名古屋銀行年末年始2021-2022窓口営業時間とATM手数料は?




名古屋銀行は堅実経営で自己資本比率が東海3県の地方銀行のなかでトップということで、現金を預けるには安心できる銀行として利用している方も多いのではないでしょうか。

年末年始は年賀状の準備やお年玉の準備など現金がないと困る場面が多いですよね。

また、年末年始の休みがとれるときだからこそ銀行の用事を済ませたい方も多いでしょう。

そこで気になるのは『名古屋銀行年末年始2021-2022窓口営業時間は?』ということではないでしょうか。

また、『名古屋銀行年末年始2021-2022ATM手数料』についても気になりますよね。

そこで今回まとめた内容はこちら▼

・名古屋銀行年末年始2021-2022窓口営業時間は?

・名古屋銀行年末年始2021-2022ATM手数料は?

・年末年始2021-2022のお休みはいつからいつまで?

では、さっそく本題に入っていきましょう。




名古屋銀行年末年始2021-2022窓口営業時間は?

名古屋銀行年末年始の窓口営業時間は「9:00から15:00」までです。

年末年始でも通常通りの営業時間ですので心配ありません。

 

名古屋銀行の2021年の営業最終日は12月30日(木)です。

また、2022年の営業開始日は1月4日(火)となります。

12月27日(月):通常営業

12月28日(火):通常営業

12月29日(水):通常営業

12月30日(木):営業最終日

12月31日(金):大晦日のため、窓口営業なし

1月1日(土):年始のため、窓口営業なし

1月2日(日):年始のため、窓口営業なし

1月3日(月):年始のため、窓口営業なし

1月4日(火):通常営業

営業最終日は駆け込みの方が多くなりますし、営業開始日は年末に行けなかった沢山の方が来店しますので混雑します。

混雑を避けるために、どうしても年末年始に銀行に行かれる方は12月27日や1月5日の週に来店してみてはいかがでしょうか。




名古屋銀行年末年始2021-2022ATM手数料は?

名古屋銀行の2021-2022年末年始のATM手数料は以下の通りです。

8:45から18:00までがATM手数料が無料です。

その他の時間帯や休日はATM手数料が110円です。

名古屋銀行の窓口やATMに行けないという方でコンビニのATMを利用する方の場合はATM手数料が異なりますのでご注意ください。

全国で利用できるセブン銀行の場合は以下の通りATM手数料がかかります。

日/時間帯 8:45から18:00 その他の時間帯
平日 220円 220円

土・日・祝日

12/31から1/3

330円 330円
毎月25日・月末日 無料 110円

お振込みの場合、上記手数料のほか振込手数料が別途必要になりますのでご注意ください。

詳細は以下の通りです。

出典:https://www.sevenbank.co.jp/personal/atm/banks/PLOGO0543.html

コンビニだと残高照会は無料ですが、お引き出しやお預入れは有料であることがわかりました。

コンビニはATMも利用できて便利ですが、基本的に手数料が直接銀行に行くよりも高くなりますので、できれば避けたいですね。




年末年始2021-2022銀行のお休みはいつからいつまで?

銀行の休日は銀行法によって以下のように決められています。

銀行の休日
  • 土曜日
  • 日曜日
  • 祝日
  • 年末年始(12月31日から1月3日)

公務員などの行政機関は12月29日から1月3日が休日とされています。

一般的には行政機関や銀行が12月29日から1月3日が休みで、年末年始休暇が世間一般に定着しているため、12月29日から1月3日が正月休みとされてきているとのことです。

今年の年末年始2021-2022の曜日は以下の通りです。

12月27日(月)

12月28日(火)

12月29日(水)

12月30日(木)

12月31日(金):大晦日

1月1日(土):元旦

1月2日(日)

1月3日(月)

一般的に会社員など土日が休みの場合は12月29日(水)から1月3日(月)まで休みなので6連休になりますね。




まとめ

今回は『名古屋銀行年末年始2021-2022窓口営業時間とATM手数料は?』と題して、名古屋銀行の年末年始2021-2022年の窓口営業時間とATM手数料について紹介していきました。

営業時間は通常通りであることがわかりました。

また、営業日は銀行法で定められている12月31日から1月3日が休日であることがわかりました。

できればコンビニのATMに頼らずに済むように、年末年始のお金の準備を事前に進めておきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。