芸能・エンタメ

サスケ君(森本裕介)の就職先の会社はIDECと判明!年収はいくら?




TBS『SASUKE』に15歳で初参加したサスケ君こと森本裕介さんも今年で30歳になりました。

サスケ君も中学生から高校・大学を経て、現在はIDEC株式会社という一般企業に勤める会社員であることが判明しています。

15年に渡りSASUKE漬けの生活を満喫している様子のサスケ君ですが、仕事とSASUKEの練習および出場が両立できる就職先IDECとはどういう会社なのでしょうか?

この記事では、サスケ君こと森本裕介さんの就職先IDECとサスケ君の年収はいくらくらいなのかを調べてみました。

この記事でわかること

・サスケ君(森本裕介)の就職先の会社IDECとは

・サスケ君(森本裕介)の予想年収




サスケ君(森本裕介)の就職先の会社はIDECと判明!

サスケ君こと森本裕介さんの就職先は大阪に本社があるIDEC株式会社であることが判明しています。

このIDEC株式会社とはファクトリーオートメーションシステム製品や制御機器製品を中心とする製造メーカーです。

 

サスケ君は入社以降、回転寿司店に設置してある注文パネルなどのソフトウェア開発エンジニアとして働いています。

就職先としてIDECを選んだ理由は「雰囲気が合うと思ったから」だそうです。

 

サスケ君が働く会社IDECでは社員の生活の充実が仕事の充実にも繋がるという考え方の「ライフワークバランス」を重要視しており、その一環として年休取得率100%を目指しているそうです。

そのため連休も取りやすく、基本的に残業もないとか。

 

サスケ君こと森本裕介さんは定時に会社を出てSASUKE仲間の練習場で22時頃まで練習をし、皆でご飯を食べて帰宅するというのが平日の基本ルーティンになっているようです。

残業が無いからこそできる生活ルーティンですが、まるで本格的な企業アスリートのようですよね。

 

IDECでは社員間の仲も良いようで、サスケ君が『SASUKE』に出場する際は繁忙期であっても収録のための休暇を取らせてくれるなど皆さん協力してくれるそうです。

サスケ君以外にも自身の趣味に没頭している社員がいるそうなので、皆が皆のことを思い合うチームワークの優れた関係が保てているのかもしれませんね。

 

なお、会社の厚生棟にサスケ君が発案・企画参加したボルダリング設備も導入されたそうです。

仕事中はSASUKEのサの字も考えないというサスケ君ですが、始業前や休憩時間などに会社でも思う存分SASUKEの練習ができそうですね。

 

サスケ君はそんな自身が働く会社IDECのことが大好きなようで、なんと自作で会社ロゴ入りのTシャツを作ってSASUKEに出場していました。

今では会社からウェアの支給援助があるそうですが、サスケ君が会社の広告塔にもなっているのでウィンウィンの関係と言ったところでしょうか。

また入社を決めた理由である「雰囲気」についても、サスケ君の直観は間違っていなかったようですよ。




サスケ君(森本裕介)の年収はいくら?

サスケ君こと森本裕介さんの気になる年収は、およそ460万円です。

 

上場企業が公表している各種報告データから集計したというサイトの情報によると、IDEC株式会社のここ数年の平均年収は640万円前後です。

サスケ君の年齢である30歳の月給はおよそ30万円で、賞与は年二回の合計100万円弱くらいのようです。

前述の会社の充実した福利厚生や一部上場企業であることから考えると意外と月給が少ないような気もしますが、残業が無いことも大きいかもしれませんね。

 

ただサスケ君こと森本裕介さんは登録者数35000人程の自身のYouTubeチャンネルを開設しており、多い時は視聴数が149万回に達したこともあります。

そのほか、Webマガジンへの執筆連載(既に終了)や講演会の講師を務めることもあるようなので時期によっては副収入があるのかもしれません。

 

いずれにせよ、現在独身で彼女もいないサスケ君の生活費以外のお金の使い道はほとんどがSASUKE関連につぎ込まれていそうですよね。




まとめ

サスケ君(森本裕介さん)の就職先の会社IDECと年収について調べてみました。

サスケ君はソフトウェアエンジニアとして働いているんですね。

残業もなく休暇が取りやすい上に同僚が応援してくれている環境のため、『SASUKE』の日々の練習や収録にも仕事に支障なく参加できているようです。

そんなSASUKE漬けサスケ君の気になる年収は、およそ460万円程でした。

独身で彼女もいないため、思う存分SASUKE関連につぎ込んでいることが予想できるサスケ君。

そろそろ将来設計も気になるお年頃ではありますが、『SASUKE』完全制覇3Vをかけて大好きな会社と日々のトレーニングを頑張ってほしいですね。