芸能・エンタメ

宮下兼史鷹の両親が格闘家とキャバ嬢?高校中退の理由がヤバイ!【宮下草薙】




お笑いの人気コンビの「宮下草薙」宮下兼史鷹(みやした けんしょう)さんが一般女性と入籍し、話題を集めています。

宮下兼史鷹さんは、2022年の年明け早々に愛車のステラを擦ってしまったことで話題になり、そのことが原因で婚姻が延期になりそうになったそうですが、幸せを掴むことができてよかったです。

そんな宮下兼史鷹さんを育てた両親が気になって調べてみましたが、両親とも強烈すぎてヤバイです!

父親は格闘家で、母親は元キャバ嬢だったということで、両親について深掘りしてみました。

また、高校を中退することになった理由が母親のあることが原因だということなので調べてみました。

▽この記事でわかること▽

・宮下兼史鷹の両親が格闘家とキャバ嬢?

・高校中退の理由がヤバイ!

宮下兼史鷹の両親が格闘家とキャバ嬢?

先にも紹介しましたが、宮下兼史鷹さんの両親は父親が地下格闘家で母親が元キャバ嬢です。

宮下兼史鷹の父親

宮下兼史鷹さんの父親の名前は櫻井英樹さんで、地下格闘家として「櫻井マック英樹」というリングネームで活動しており、「群馬県最強伝説」の異名を持ちます。

ここまで聞いただけでも、異色の父親ですね。

しかし、父親と母親が宮下兼史鷹さんが小学校3、4年生の頃に離婚しており、その後再婚もされていて、2人の女の子のお子さんもいます。

刺青も入っていて、かなり強面で画像だけ見ると近寄りたくない存在ですね。

なんとベンチプレスで180Kgを持ち上げられるようです。

 

父親の仕事は、コーキング会社の社長をしています。

25歳でコーキング会社に就職し、30歳の時に「櫻井シール」という会社を立ち上げて独立し、アルバイトも含めると職歴28年です。

宮下兼史鷹の母親

宮下兼史鷹さんの母親は、恵美さんで、48歳までキャバ嬢をしていて、2022年1月現在で52歳です。

キャバクラでは、「ルナ」という源氏名で働いていたそうで、48歳の時には30歳と年齢を誤魔化していたという逸話もあります。

そしてこちらが母親が若い頃の画像です!

この綺麗さだと、きっとキャバ嬢としての人気もあったのではないかと思います。

離婚した後も、女で一つで 宮下兼史鷹さんを育ててきたことは素晴らしいですね。

 

それにしても、カーネルサンダースさんに遊ばれている感じの宮下兼史鷹さんがかわいいです。




高校中退の理由がヤバイ!

宮下兼史鷹さんは、高校に進学しましたが高校生1年生の夏休み明けに中退しています。

その中退の理由は、キャバクラで働いていた母親がうつ病を患って働くことができなくなったことが理由です。

そして、宮下兼史鷹さんは、高校中退後に当時の母親の彼氏の元で大工仕事をするようになりました。

しかし、母親がその彼氏と別れたので、元夫である櫻井英樹さんの会社で働かせてもらいました。

 

この状態からお笑いの世界で成功し、入籍するまでには、幾多もの苦労があったかと思いますが、本当に素晴らしいことだと思います。




まとめ

お笑いの人気コンビの「宮下草薙」の宮下兼史鷹さんが一般女性と入籍し、注目されています。

そんな宮下兼史鷹さんを育てた両親は父親が格闘家で母親がキャバ嬢という異色の両親でした。

父親は櫻井英樹さんで、地下格闘家として「櫻井マック英樹」というリングネームで活動しており、「群馬県最強伝説」の異名を持ちます。

母親は、恵美さんで、48歳までキャバ嬢をしていました。

しかし、両親は宮下兼史鷹さんが小学校3、4年生の頃に離婚しており、母親に育てられました。

高校に進学しましたが、母親がうつ病になり、高校1年生の夏休み明けに中退して、その後は母親の紹介で仕事をしていました。

その状態からお笑い芸人を目指し、そして入籍できたことは両親にとっても喜ばしいことではないかと思います。

「宮下草薙」のコンビとしての活躍もさらに楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!