生活

三井住友銀行年末年始2021-2022ATM・窓口の営業時間は?振込みや手数料についても!




年末が近づくにつれて、銀行の営業時間やATMについて気になりますよね。

特に慌ててお年玉を準備しようとしたら銀行の営業が終わっていた!なんて経験ありませんか?

年末年始は準備する物が多く、気付いたら財布の中身がなかったということにならないために計画的に銀行は利用したいですよね。

そこでこの記事では、三井住友銀行の2021-2022年の年末年始のATMや窓口の営業時間、また振込みや手数料についても調査してみました。

この記事で分かること

・三井住友銀行年末年始2021-2022のATMの営業時間・手数料

・三井住友銀行年末年始2021-2022の窓口の営業時間

・三井住友銀行年末年始2021-2022の振込みについて




三井住友銀行年末年始2021-2022 ATMの営業時間・手数料は?

三井住友銀行の年末年始2021-2022のATMは、通常であれば無休となっています。

しかし年末年始の休み期間に、システムメンテナンスに入り使えなくなることもあるためご注意ください。

2021年12月1日時点では、システムメンテナンスについての記載はありませんでした。

 

ATMの手数料についてはこちらです。

三井住友銀行のATMの手数料

平日 8:45~18:00 無料

上記以外の時間帯 110円

土日祝日 110円

イーネット・ローソン銀行・セブン銀行ATM

平日 8:45~18:00 220円

上記以外の時間帯 330円

土日祝日 330円




三井住友銀行年末年始2021-2022 窓口の営業時間は?

三井住友銀行に関わらず、銀行の年末年始は銀行法によって12月31日から1月3日までが休みと定められています。

そのため、三井住友銀行の2021-2022年の年末年始の窓口の営業時間はこちらです!

2021年12月29日(水) 通常営業 9時~15時
2021年12月30日(木) 年末最終営業日 9時~15時
2021年12月31日(金) 休み
2022年1月1日(土) 休み
2022年1月2日(日) 休み
2022年1月3日(月) 休み
2022年1月4日(火) 年始開始営業日 9時~15時

2021年12月31日~2022年1月3日までが営業窓口の休みとなっているため、前後の営業日はかなり混雑が予想されます。

そのため、事前に計画して日に余裕を持たせて利用することがおすすめです!




三井住友銀行年末年始2021-2022 振込みについて!

三井住友銀行の2021-2022年の年末年始の振込みについてご紹介します。

三井住友銀行同士間の振込みはモアタイムシステムの関係上、24時間即時入金が可能となっています!

  • 三井住友銀行ATM
  • SMBCダイレクト
  • コンビニATM(イーネットATMとローソンATM)

こちらの3つの方法が24時間即時入金の対象となっています。

一部例外店舗はありますが、土日祝日は現金での振込みはできずキャッシュカードのみの取り扱いとなっています。

 

他銀行宛ての振込みについては、受付側の銀行の状況により違ってきます。

受付側の銀行が24時間入金を受け付けていない場合は、即時入金されません。

24時間即時入金を受け付けている銀行は下記でご確認ください!。

2021年5月6日時点の即時入金(モアタイム)に参加している金融機関はこちら!

 

ただし、24時間即時入金を受け付けているとはいえ、夜間や0時頃に制限を受ける機関もあるため処理が遅れることもあるのでご注意ください!

 

振込手数料については通常通りですが、12月31日から1月3日までは休日扱いとなるため個人以外の方はATMの利用手数料110円がかかります。

三井住友銀行の振込手数料に関しては、下記を参照ください。

三井住友銀行振込手数料について




まとめ

三井住友銀行の2021-2022年の年末年始についてまとめてみました。

ATMは通常であれば無休のため使用することができます。

ただし、ATM手数料は土日祝日料金かかってきますのでご注意ください!

 

窓口の営業日は、2021年12月31日から1月3日までが休みとなっています。

 

振込みについては原則即時入金が可能です。

他店への振込みについては受付側の銀行が24時間受け付けているかにもよるので、予めご確認ください。