漫画

女神降臨186話ネタバレと感想!また試練!アメリカへ飛び立つ前に会えるのか?




女神降臨186話のネタバレと感想をご紹介していきたいと思います。

185話の女神降臨では、ついに侑里に麗奈の正体が中学の同級生の谷川麗奈であるということがバレました!

しかし所属事務所の高宮さんによって、侑里も大人しく引き下がりました。

神田君とは順調に付き合っていますが、病室で目覚める人物がいるようで・・・また何か一波乱を感じさせるところで終わっています。

 

それでは、女神降臨の186話のネタバレと感想をご紹介していきます。

この記事で分かること

・女神降臨186話のネタバレ

・女神降臨187話の感想




女神降臨186話ネタバレ!

女神降臨186話のネタバレは以下に続きます!

 

永遠の幸せを願う麗奈と神田君ですが、デートの日に家で準備をする神田君の元にお姉さんから電話が!

神田君とのデートの待ち合わせ場所で待っている麗奈に神田君から電話があり、意識不明だったお父さんの意識が戻りアメリカに向かうことになったということを伝えます。

 

急いで空港に向かう麗奈ですが、混雑する空港で人とぶつかった時にスマホを落としてしまいます。

画面がひび割れしたスマをを取り上げると、画面の操作ができなくなっていました。

連絡を取る手段がなくなってしまいましたが、空港内を必死に走り回り麗奈は神田君を見つけることができました!

 

不安になる神田君に対し、麗奈は励ますために待っているということを伝えます。

神田君も高校の時みたいなことはしないと約束して、ファーストクラスの座席の飛行機でアメリカへ飛び立ちました。

 

神田君がアメリカへ経って1ヶ月がたちましたが、まだ帰国する様子はありません。

麗奈がライブ配信をしていても聞かれることは神田君のことばかり。

視聴者にも海外へ行っていることを伝えますが、神田君がいない寂しさから食欲がありません。

 

家で神田君のことを考えている麗奈のもとに神田君から電話がかかってきます。

毎日同じ時間に電話をかけてくれる神田君に、麗奈もほっと一安心です。

 

神田君のお父さんはアメリカの病院で治療に励んでいますが、日本へ帰りたいということを伝えます。

悪化することを恐れるお姉さんと神田君ですが、お父さんは落ち着ける日本に帰りたいようです。

自分勝手なことばかり言う父親に対し、ついに神田君が怒り出し病室を飛び出します。

 

 

料理をしても寝る時も、神田君は麗奈のことを思い出してしまい麗奈の存在の大きさに改めて気付かされます。

 

お父さんのお見舞いの帰り、麗奈のことを考えているとアパートの前にスーツケースを持った麗奈の姿が!

麗奈に会いたい気持ちから幻覚を見るようになった神田君ですが、幻覚か現実か分からない麗奈に抱きつかれました。

 




女神降臨186話の感想!

女神降臨186話の感想をご紹介致します。

185話の最後に病室が写った時から、お父さんが目覚めたということが予想できましたよね。

そしてやはりアメリカに戻ることになった神田君!

麗奈が空港でスマホを落とした時にはヒヤヒヤしました。

最後のシーンでは、恐らく麗奈がアメリカに飛んで来たのだと思われます。

次回もしかしたら麗奈と神田父との対面があるのでしょうか?

それでは、みなさんのコメントをご紹介致します。

2人の思いやる愛に声出して泣きそう…
セレーナ様が麗奈を呼んだのかな?
現実であってくれ!
毎日お互いのこと考えてる二人がかわいい!
高校生の神田君がアメリカに行くシーンは悲しすぎて、そこからしばらく読めなかった!でも今度は同じシーンでも大丈夫だって安心しながら読めた!
これが愛なのか!!
ここで会いに行く選択素敵!待ってるだけじゃなくて行動って1番気持ち伝わるし嬉しいよね!

 




まとめ

女神降臨186話のネタバレと感想をご紹介しました。

永遠の愛を願う2人でしたが、また運命のイタズラか引き離されてしまいましたね。

次回は麗奈は本当にアメリカに来たのかどうかがはっきり分かります!

どうか幻覚ではないことを願いたいですね。

 

女神降臨は韓国でドラマ化されています!

U-NEXTでは女神降臨ドラマが独占配信中です。

U-NEXTは初回登録すると31日間無料トライアルとなります。

もちろん女神降臨ドラマの1話も視聴することができます。

2話以降は有料となりますが、初回登録後600ポイントがもらえるため使用することができます。

2ヶ月目以降U-NEXTを契約継続すると毎月1200ポイント付与されるため、女神降臨のドラマや漫画をポイントを使って見返すことができるのでとてもお得です♪

★U-NEXTの登録はこちらから★

見逃し配信バナー