音楽

マスクドシンガーの収録日はコロナ前?観客がマスクなしで密集すぎる!

9月3日(金)からアマゾンプライムビデオで『ザ・マスクド・シンガー』という音楽番組が始まっていますよね!

マスクを被ってパフォーマンスをしている人は誰なのかを推理し楽しむ番組なのですが、観客が誰一人とマスクをせず、かなり密集していて感染対策を心配する声が多数あがっているようでうす。

 

そこで気になるのが「マスクドシンガーの収録日はいつ?コロナ前なの?」「観客がマスクなしだけど感染対策は?」などが気になるのではないでしょうか?

そこで今回は、

  • マスクドシンガーの収録日はいつ?コロナ前?
  • マスクドシンガーの観客がマスクなしで密集すぎる!

についてお伝えしていこうと思います!

マスクドシンガーの収録日はいつ?コロナ前?

マスクドシンガーの収録日がいつなのか、コロナ前なのか調べてみると、『2021年2月でコロナ禍』ということがわかりました。

マスクドシンガーが始まって早々に、視聴者からかなりの批判があったようです。

そのため、アマゾンプライムビデオの公式Twitterでコメントが発表されました。

マスクドシンガーの収録日はいつ?

マスクドシンガーの収録日は『2021年2月』と発表がありました。

▼アマゾンプライムビデオの公式Twitterでのコメントが以下になります。

アマゾンプライムビデオの公式Twitterでしっかりと、2021年2月と発表されていましたね。

2021年2月というと、まだまだコロナが落ち着いていないですよね!

マスクドシンガーの収録日はコロナ前?

マスクドシンガーの収録日は先ほどお伝えしたように『2021年2月』ですので、コロナ前ではなく、”コロナ禍”で行われていました。

アマゾンプライムビデオの公式Twitterでは、コロナ禍での収録日ということで感染対策などについてコメントを発表しています。

と、このようにマスクドシンガーの収録をする時には感染対策として、出演者や政策スタッフ、観客など番組制作に関係する方達は、定期的にPCR検査を受けていたようです。

収録期間中は、定期的なPCR検査をおこなうことを義務としていたことから、感染対策は徹底していたことがわかりますね。

 

このように感染対策を徹底しているということは、コロナ前ではないことがわかります!




マスクドシンガーの観客がマスクなしで密集すぎる!

マスクドシンガーの観客がマスクなしで、かなり密集しているようです!

マスクドシンガーの映像がこちら

上記の映像の開始5秒ぐらいの所に観客席が映りますが、観客全員マスクをせず密集していて大歓声をあげていることがわかります。

 

Twitter上では、「マスクしてるけどそこじゃない!」と言った声があがっていました。

やはりコロナ禍で収録されていることから、観客の密集度とマスクをせず大歓声をあげていることはかなり気になるようです。

 

アマゾンプライムビデオの公式Twitterでは、感染対策を徹底しているようなコメントがでていましたが、実際には以下のような対策はされていませんでした。

  • マスク着用又はフェイスシールド
  • アクリル板の設置
  • ソーシャルディスタンス
  • 歓声を上げない

このことから、ネット上では観客が気になり過ぎると炎上していました。




マスクドシンガーの観客を見たみんなの声

マスクドシンガーの観客を見てネット上では、「コロナ対策気になりすぎる?」「コロナ禍でやったんだ!」「観客誰もマスクしてない」「観客の姿見るとイラっとする!」などの声が多数あがっていました。




まとめ

今回は「マスクドシンガーの収録日はコロナ前?観客がマスクなしで密集すぎる!」についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

マスクドシンガーの収録日は『2021年2月』ということなので、コロナ前に収録したのではなく『コロナ禍』での収録だったことがわかりました。

 

マスクドシンガーで観客がマスクなしで、しかもかなり密集していることから「収録日いつ?」「観客が気になりすぎる!」と炎上しているようすでしたね。

アマゾンプライムビデオの公式Twitterでは、感染対策として収録期間中は定期的にPCR検査を義務ずけとしていました。

 

しかし、実際の映像をみると観客すべての人がマスクをせず、大歓声をあげ、しかも密集しているのを目にすると「感染対策は?」「コロナ対策は?」となってしまいますよね!

感染対策としては足りない部分がかなり多かったかもしれませんね。

 

それでは、今回はここまでとさせて頂きます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。