スポーツ

丸山大和(青森山田)はイケメンで筋肉がヤバイ!進路や経歴も調査!

第100回全国高校サッカー選手権大会で、青森山田高校が快進撃を続ける中で、際立った存在感を見せているのが3年生の丸山大和選手です。

丸山大和選手は、ディフェンスの要のセンターバックというポジションでありながら、得点チャンスにはゴール前に姿を見せ、得点シーンを演出するところに大きな魅力があります。

豪快なヘディングシュートでゴールを量産する姿でサッカーファンを魅了するだけではなく、イケメンで、しかもユニフォームを脱いだときに見せる筋肉がヤバイです。

また、青森山田高校卒業後の進路についてSNSでは気になっている人が多いので、経歴と合わせて調査しました。

▽この記事でわかること▽

・丸山大和(青森山田)はイケメンで筋肉がヤバイ!

・進路や経歴も調査!

 

丸山大和(青森山田)はイケメンで筋肉がヤバイ!

それでは初めに丸山大和選手のイケメンぶりを紹介します。

この爽やかなイケメンぶりはいかがでしょうか。

丸山大和は、身長179cmで、体重71Kgと高身長でバランスの取れた体格をしており、青森山田高校の選手の中でも頭一つ飛び出ています。

本田圭佑さん公認の サッカー系YouTuber「マキヒカ」 さんが、丸山大和選手のイケメンぶりを男前と表現しています。

青森山田高校のツーブロック率が高く、イケメン揃いですね。

高校選手権で優勝した後のインタビューがこれまたイケメンで、かっこいい!

筋肉がヤバイ

丸山大和選手を調べていくと「筋肉」というワードが出てきました。

では、どれほど筋肉がすごいのでしょうか?

なかなか鍛え上げられた筋肉をしていますね。

やはり、守備の要のセンターバックというポジションで、体を張って守ることが大切なだけに、しっかりと体つくりをしていることがわかります。

また、丸山大和選手は、守備だけではなく、攻撃では豪快なヘディングシュートを得意としています。

腹筋、背筋がヤバイですが、これが強烈なヘディングシュートを放つための原動力になっているのでしょう。

丸山大和選手のヘディンングを「ボンバーヘッド」と表現されています。

第100回全国高校サッカー選手権大会の大津高校との決勝戦での先制点が素晴らしい!

相手を置き去りにするスピードと、強烈ボンバーヘッドの丸山大和選手がヤバイ。




丸山大和の進路や経歴も調査!

丸山大和選手の高校卒業後の進路は明らかになっていません。

SNSでは、どのに進路を定めるのかが話題になっています。

今回の活躍を見て、おそらく争奪戦になるのではないかと思います。

さて、どこに進路を定めるのか楽しみですね。

特定ができ次第追記します。

丸山大和の経歴

丸山大和選手は、東京都足立区の出身で、中学時代は「クリアージュFCジュニアユース」に所属していました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CRIAJU FC(@criajufc.2000)がシェアした投稿

<1年生>

・全国高校総体(インターハイ) 3回戦

・全国高校選手権 準優勝

<2年生>

・全国高校選手権 準優勝

<3年生>

2021年全国高校総体(インターハイ)優勝 優秀選手に輝く




まとめ

第100回全国高校サッカー選手権大会で、青森山田高校の丸山大和選手に注目が集まっています。

丸山大和選手の魅力は、鉄壁のディフェンスと、豪快なヘディングシュートです。

シュートを決めた後に見せる笑顔が爽やかで、イケメンと人気を高めています。

また、強靱な肉体を作り上げている筋肉がヤバイと評判にもなっていました。

 

高校卒業後の進路に関してはまだ未定ですが、プロも大学も欲しい選手の一人ではないでしょうか。

高校3年生のインターハイでは優勝し、最優秀選手にも選出されています。

これからの活躍もますます楽しみな選手ですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。