イベント

部分月食2021三重の見える方角やピーク時間!おすすめスポットも!

 




2021年11月19日(金)満月部分月食を伴う特別な天体イベントになっています。

 

この部分月食では月の約98パーセントが影に隠れます。

(100パーセント影に隠れる月食は皆既月食と言われます)

月の大部分が食となる、珍しい天体ショーが見られそうですね。

 

今回は

部分月食2021三重で見える時間や方角

部分月食2021三重県のおすすめ観察スポット

部分月食2021三重の天気

について調査しました。




部分月食2021三重県で見える時間や方角

食の最大時間:2021年11月19日 18時2分

食の始まり:2021年11月19日 16時17分(三重では月の出前

食の終わり:2021年11月19日 19時47分

方角:東北東~東の空の低い位置

2021年11月19日(金)の部分月食の始まり16時17分からです。

この時間、三重ではまだ月が出ていません。

 

この日の三重県津市の月の出・入り時刻は

月の出時刻:16時44分

月の入り時刻:翌20日 6時6分

となっているため、三重では月が欠け始めた状態で上り始めます

 

そして、月が最も欠ける食の最大となる時間18時2分です。

この日は月の約98パーセントが食(影)となるかなり大きな部分月食です。

そのため、天気さえ良ければ大部分の月が欠けている状態を観察することが出来るでしょう。

 

ピーク時間を過ぎると、月はまた徐々に丸みを帯び始め、月食が終わる時刻19時47分になる予測です。

 

また、この部分月食は金沢では月の出の時から欠けている状態なので、月の出る東北東~東の方角の低い位置で観察が出来ます。

遮るもののない開けた東の空を観察すると良いでしょう。

 




部分月食2021三重県のおすすめ観察スポット

三重県内で月の観察におすすめのスポットをご紹介します。

  1. 青山高原(伊賀市)
  2. 道の駅・美杉(津市)
  3. 横山展望台(志摩市)
  4. 星の広場(四日市市)

 

青山高原(伊賀市)

青山高原は標高756mの国立高原です。

四方八方全方位が見渡せ、夜景や天体観測スポットとして有名です。

【住所】〒518-0203 三重県伊賀市勝地

【HP】https://www.city.iga.lg.jp/map/map1/map25.html

 

道の駅・美杉(津市)

道の駅・美杉国道368号沿いにあります。

駐車場が59台と比較的広く、うまく場所を変えればどの方位でも広く空を眺めることが出来ます。

道の駅自体は9時~17時の営業ですが、駐車場は24時間開放されています。

【住所】〒515-3312 三重県津市美杉町上多気 上多気 267

【HP】https://www.cbr.mlit.go.jp/michinoeki/mie/mie10.html

横山展望台(志摩市)

横山展望台リアス式海岸線志摩の市街地が一望できるスポットです。

24時間開放された駐車場が天体観測スポットの穴場として知られています。

【住所】〒517-0501 三重県志摩市阿児町鵜方875−20

【HP】http://mirador.puebloamigo.jp/

星の広場(四日市市)

星の広場は北勢地区ではめずらしく天の川が観測できる場所と言われています。

流れ星などの天体観測スポットとして有名です。

【住所】 〒512-1105 三重県四日市市水沢町252−63

【HP】https://kanko-yokkaichi.com/play/315/

 




部分月食2021三重県の天気

2021年11月19日(金)夜の三重県の天気は晴の予報です。

薄い雲がかかることがあっても、雲の切れるタイミングで部分月食が観測できそうです。

19日の三重県の日中の最高気温は17度の予報であたたかな小春日和の日になりそうです。

部分月食の見られる夕方~夜の時間帯の気温は13~14度程度の予報です。

温度差の大きい季節なので、野外で観測する場合は防寒対策をして観測するようにしましょう。




まとめ

2021年11月部分月食が三重県で観測できる予測日時は11月19日(金)月の出16時44分~で食の最大となる時間は18時2分、食の終わりは19時47分です。

観測できる方角は東北東~東で、空の低い位置を観測すると良いでしょう。

この日の三重県の天気は晴れの予想です。

温度差の大きい時期なので野外で観測する場合はしっかり防寒をして観察しましょう。