イベント

しし座流星群2021仙台の見える時間や方角!おすすめスポットも!




2021年11月18日(木)はしし座流星群が極大(活動のピーク)を迎えます。

流星群は年に何回かあるイベントですが、しょっちゅう観られるイベントではありません。

空気の澄んだ秋から冬にかけては特に天体観察には適した時期なので、せっかくならばよい条件で観察したいですよね。

 

今回は

しし座流星群2021仙台地区で見える時間や方角

しし座流星群2021宮城県のおすすめスポット

しし座流星群2021仙台(宮城県)の天気

について調査しました。




しし座流星群2021仙台(宮城県)で見える時間や方角

最も良く見える時間:2021年11月18日(木) 午前2時頃

良く見える方角:全方向 ※月の影響を受けない方角を見ると良い

しし座流星群の活動がもっとも盛んになるのは11月18日(木)午前2時ごろです。

しし座流星群自体は11月6日(土)から11月30日(火)の期間中に出現し、この18日が極大と呼ばれる活動のピーク時になります。

 

流星群は放射点を中心に全方向に流れるので、基本的にはどの方位でも観察することが出来ます

放射点はしし座になるので、もし流星が流れ出す瞬間を見たい場合は放射点となるしし座の口元のあたりを見ていると良いでしょう。

11月18日午前2時頃、しし座は東の空にあります。

 

しかし、今回のしし座流星群の極大日は満月の直前の為、月あかりの影響を受けやすく、観察条件としてはあまり良くありません

多い時間で1時間あたり3~5個の流星が観察出来れば良い方でしょう。

 

仙台(宮城県)の17日夜~18日深夜にかけての月の出と月の入り時間は

月の出:15時24分

月の入り:翌3時55分

となっており、ほぼ一晩中明るい月が出ていることになります。

 

そのため、月の出ている方と反対側を見ると流星群が見やすくなると言えます。

活動の極大である午前2時ごろは月が南西の方にあるので、北東の方面が月明かりの影響が少ないと考えられます。

 

流星群は方角に関係なく流れるので、月の影響の少ない方角を中心に、空全体を観察するようにすると良いでしょう。




しし座流星群2021宮城県のおすすめスポット

仙台のある宮城県で流星群の観察におすすめのスポットを紹介します。

  1. 仙台市天文台(宮城県仙台市)
  2. 御番所公園(宮城県石巻市)
  3. 深山牧場(宮城県栗原市)
  4. 刈田岳(宮城県蔵王町)

仙台市天文台(宮城県仙台市)

仙台市にある天文台。

毎週土曜日には天体観測もしています。

事前にプラネタリウムで星空の勉強をしてから天体観測に臨むのも良さそうですね。

【住所】〒989-3123 仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32

【電話番号】022-391-1300

【利用料金】

○展示室

一般:610円、高校生:350円、小中学生:250円

○プラネタリウム(1回)

一般:610円、高校生:350円、小中学生:250円

○セット料金(展示室+プラネタリウム1回)

一般:1000円、高校生:610円、小中学生:400円

【アクセス】

仙台駅前から車で約30分、または東北自動車道仙台宮城ICから国道48号線経由で約10分

【駐車場】

125台(うち身障者用5台)、大型バス6台

駐輪場はバイク16台、自転車32台

駐車料金:無料

利用時間 9:00-17:00(土曜日は21:30まで)

【公式HP】http://www.sendai-astro.jp/

御番所公園(宮城県石巻市)

御番所公園は男鹿半島で一番良い景観が望めると言われている公園です。

展望台からは360度のパノラマが楽しめるということで天体観測ファンから人気のスポットです。

広い空での天体観察にはもってこいですね。

【住所】〒986-2523  宮城県石巻市鮎川浜

【アクセス】

(1)仙石線・石巻線石巻駅からバスで90分(さらに車5分)
(2)三陸自動車道石巻港ICから車で55分

【駐車場】

70台(無料)

深山牧場(宮城県栗原市)

深山牧場は広大な自然の中にある栗原市営の牧場です。

周りを遮るもののない場所で、ドラマなどのロケ地に使われることもあるとか。

【住所】〒989-5361 宮城県栗原市栗駒文字馬立場50-1

刈田岳(宮城県蔵王町)

刈田岳は蔵王連峰のほぼ中心に位置する山で旧火山の外輪山の一つ。

山頂から見る蔵王のシンボル・御釜は圧巻の景色です。

町明かりの影響もなく、天体観測には最高の場所とのこと。

【住所】〒989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有地内

【アクセス】

(車)東北自動車道「白石IC」から車で70分

(バス)東北本線「白石駅」からバスで100分

【駐車場】

普通車300台(無料)




しし座流星群2021極大日の仙台(宮城県)の天気

11月17日~18日にかけての宮城県の天気は晴~くもりの予報です。

雲の切れるタイミングがあれば流星群が観測できそうです。

 

また、秋が深まり夜の温度がかなり下がるようになりました。

この日の最低気温は3度の予報ですので、野外で観測する場合はしっかりと防寒対策をしておきましょう。




まとめ

2021年のしし座流星群が仙台で最も観察しやすい日時は11月18日未明~夜中2時ごろです。

流星群はどの方角でも観測できますが、この日は満月に近く月あかりの影響があるため、月の出ていない方角が観察しやすい方角になります。

この日の宮城県の天気は曇りの予想です。

野外で観測する場合はしっかり防寒をして観察しましょう。