芸能・エンタメ

「ゴシップ」1話あらすじと視聴率!真実をつきとめる黒木華がヤバ!



2022年1月6日(木)フジテレビ系「木曜劇場枠」で黒木華さんが主演を務める新ドラマ「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」がスタートしました。黒木華さんが演じる凛々子の鮮やかに真実を明らかにする爽快なストーリーです。第1話の視聴率は世帯で6.5%、個人で3.8%でした。(ビデオリサーチ調べ:関東)

 

この投稿をInstagramで見る

 

mihakuma(@mihakumax2)がシェアした投稿





第1話あらすじ

大手出版社、クスノキ出版の経理部に所属する瀬古凛々子(黒木華)はこの世のすべての本当の事を知りたいといった欲求がすごく、鋭い洞察力を持つ女性です。経理部では地獄の番犬ケルベロスと噂され経費伝票の矛盾を見抜き、鋭いチェックで周りから恐れられている存在です。凛々子の才能を見抜いた仁和正樹(安藤政信)はニュースサイト「カンフルNEWS」を立て直すためにその部署に出向を命じます。

「カンフルニュース」は編集長のトラブルを避けたがるのんびりな性格の山田礼二(生瀬勝久)、凛々子の同期根津道春(溝端淳平)、元エース記者シングルファザー椛谷静司(野間口徹)存在意義を疑問視する新人の一本真琴(石井杏奈)、仕事は早いけど中身が薄い下馬蹴人(野村周平)が所属している。

編集部に来た凛々子はリモートワークの編集部員をSNSで探し当て出社するように要請する。

凛々子がこの編集部に来た理由はカンフルニュース編集部の立て直しのため、「話題になりそうな記事をアップして5000PVを稼ぐこと。ゴシップで攻める」と宣言して他の編集部員驚くが皆無理だと思っていた。

ゲームアプリ会社「グリフィン・ラボ」のクリスマスパーティーの投稿の書き込みでパワハラ企業として告発するといった投稿をみつけその記事を一本真琴(石井杏奈)が書くことになった。凛々子は「危険です。やめさせた方が」と編集長に訴えるが事なかれ主義の編集長は「まあまあ。ネットに詳しいみんなが言うのなら、ね。」となだめる。
翌日テレビでグリフィン・ラボの代表取締役の松永はカンフルニュースが投稿した「グリフィン・ラボのパワハラ」の記事がフェイクニュースであり事実無根として訴えると報道された。
そんな中会社に残っていた根津が帰ろうとした凛々子に不満をぶちまける。
根津が「俺らは誰からも何も期待なんかされてない。だったら適当にやって金だけもらえればいい。モチベとかやりがいなんか持てるわけないだろ。こんなくずみたいな仕事。」と凛々子にくさって愚痴をこぼした。
すると凛々子は辞典を開いて「仕事・すること・しなくてはならない事・特に職業や業務を指す。やりがいを持つべきものとは書いてない」

「仕事はクズじゃない。クズなのはそう思っている人」と言い放つ。

凛々子はゲームアプリ「ドキドレ」のサ終(サービス終了)に関して苦情の書き込みが多数ある中、サービス開始からキャラの盗作を訴えている書き込みに目を付け書き込み本人を突き止めるために動き出す。
編集長に届いたメールの添付写真に写りこんだイラストがはっきりしないため、過去10年間の役460冊ある月刊誌のなかから編集長が書いた記事のある月刊誌を探し出し、書き込みした人を特定する。




取材に行って話を聞きだす凛々子はグリフィン・ラボの盗作されたことを聞き出す。
そして
「一方的に被害者ぶらないでください。あなたは同時に加害者でもある。今の話すべて記事にします。根拠もなくグリフィン・ラボがパワハラ企業だと書き込んだことも。キャラクターの盗作と誹謗中傷は別問題。どちらかをなかったことにはできません。ネットにアップされた記事を読んで人がどう感じるのかそれは私にはよくわかりません。だけどあなたのやった事実をありのまま書きます。それが私の仕事ですから。と断言する。

ありのままを記事にして書き手の名前を瀬古凛々子としたとき同期の根津は「うちは書き手の名前は載せない。名義は編集部だ」というと凛々子「それは匿名になる。顔を隠してネットの掲示板に書きこむ人達と同

根津がお前がたたかれてもいいのかと問いかけると凛々子「たたきたければたたけばいい」とまっすぐな目をして言い放つ。

翌朝、根津は凛々子の記事を読んだことがきっかけでグリフィン・ラボの代表を元社員クリエイターが告発するという記事がネットで話題になっていたのを見て驚く。編集長が責任を取って早期退職することになり凛々子が新編集長となる。


凛々子の名言

1.「仕事はクズじゃない。クズなのはそう思っている人」
2.「ネットにアップされた記事を読んで人がどう感じるのかそれは私にはよくわかりません。だけどあなたのやった事実をありのまま書きます。それが私の仕事ですから。」
3.「それは匿名になる。顔を隠してネットの掲示板に書き込む人達と同じ。」
4.「たたきたければたたけばいい」


まとめ

黒木華さんが演じる凛々子は鋭い洞察力と本当の事を知りたいという思いでとことん追求し続けて真実を突き止めます。その中で凛々子が言い放つ名言がいくつも出てきましたね。これからもまた凛々子からドキッとするような名言がどんどん出てきそうな予感がします。
次回2話もどんな名言が出るのか、楽しみですね。これからもこのドラマを追い続けて行きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。