芸能・エンタメ

紅白歌合戦2021観覧の当選倍率や確率はどのくらい?当落結果はいつ?

紅白歌合戦2021観覧の当選倍率や確率はどのくらい?当落結果はいつ?

2021年のNHK紅白歌合戦が有観客で開催されることになりました!

2020年の紅白歌合戦は無観客で開催されたので、2019年以来となります!

紅白歌合戦はその年の締めくくりとなり、たくさんのアーティストが出場するので、ぜひ実際に観覧したいですよね。

ということで、今回は紅白歌合戦2021観覧の当選倍率や確率について調査してみました。

また、観覧チケットの当落結果がいつなのかも調べました。

 

紅白歌合戦2021観覧の当選倍率や確率はどのくらい?

紅白歌合戦を観覧するための当選倍率は相当高いものになっています!

2020年は無観客開催だったのでデータがありませんが、2019年や218年をご紹介していこうと思います。

2018年・2019年の当選倍率や確率

2018年と2019年の紅白歌合戦観覧の当選倍率や確率をご紹介します!

観覧応募総数 当選数 当選倍率 当選確率
2018年 1,085,171通 1,331通 815倍 0.12%
2019年 1,230,944通 1,227通 1,003倍 0.099%

当選倍率の求め方は「観覧応募総数 ÷ 当選数」で、当選確率の求め方は「当選数 ÷ 観覧応募総数」です。

過去の倍率や確率を見ても、相当運が良くないとゲットできないように感じますね。

運よく当選したという方の中には相当な枚数の応募はがきを出していた方もいますし、たくさん応募しても落選してしまったという方もいました。

2021年の当選倍率や確率

紅白歌合戦2021の観覧当選倍率や確率についてはわかり次第、お伝えしていきます!

上述の倍率や確率でもえげつない数字が出ていますが、紅白歌合戦の応募は一人につき何枚でもできるので、どうしても観覧したいという方はお財布と相談の上応募しましょう。




紅白歌合戦2021の当落結果はいつ?

紅白歌合戦2021の当落結果の時期はわかり次第、更新します!

以前のデータだと、12月の上旬から中旬に発送されていたようです。

2019年 → 12月4日(水)~13日(金)

2021年の紅白歌合戦の当落結果については詳細が明らかになっていませんが、おそらく例年と同じぐらいの時期になると考えられます、

 

応募に関しては一人何枚でもできますが、当選はNHKの受信料を契約している方のみに限定されています。

そして1契約につき1枚の当選だそうです。

紅白歌合戦の当落結果の発送では、当選した方には入場整理券(1枚で2人入場可)、落選した方には落選通知が届くとのことです。




紅白歌合戦2021の観覧募集期間は?

2021年10月7日時点では、紅白歌合戦2021の観覧募集についての詳細は分かっていません。

参考までに以前開催された紅白歌合戦の観覧募集をご紹介します!

【観覧の募集期間】
2018年 → 10月5日~22日

2019年 → 10月4日~18日

2020年 → 無観客開催

2018年と2019年の観覧募集期間を調べましたが、いずれも10月上旬から中下旬までだったようです。

ただ、2021年は紅白歌合戦の有観客開催が10月6日に判明し、7日にニュースとして発表したため、観覧募集に関しては少し後になるかもしれませんね。

大みそかに放送される「第72回NHK紅白歌合戦」が、今年は有観客で行われることが6日、分かった。近く正式に発表される見通し。

引用元:スポニチ(2021年10月7日付)

 

紅白歌合戦2021の観覧募集期間について、新しい情報が入り次第こちらでお伝えします!




まとめ

今回は「紅白歌合戦2021観覧の当選倍率や確率はどのくらい?当落結果はいつ?」についてご紹介しました。

2020年は史上初の無観客開催となった紅白歌合戦ですが、2021年は念願の有観客開催が決定されました!

2年ぶりの有観客開催ということで、観覧したいという方も多いでしょうし、当選倍率が高いことや当選確率が低くなることが予想されます。

しかし、とても紅白歌合戦は年に一度の貴重な番組なのでどうしても観覧したいという方は安全面の充分は配慮の元、応募をしてみるといいですね!