政治経済

河野太郎父の失敗とは?政治の違いや祖父河野一郎についても!




自民党総裁選に出馬を表明した河野太郎さん!

河野太郎さんの父・河野洋平さんの失敗が話題となっています。

何が失敗なのでしょうか?

 

また、河野太郎さんの父・河野太郎さんも祖父の河野一郎さんも元政治家で、代々政治に関わる家柄です。

そんな河野太郎さんと元政治家の父とでは政治の違いがあるようです。

 

そこで今回は、河野太郎父の失敗とは?政治の違いや祖父河野一郎についても!と題して紹介していきたいと思います。

河野太郎の慶応大学中退の理由が判明!学生時代の逮捕歴に衝撃!自民党総裁に出馬を正式表明した河野太郎さん。 河野太郎さんは慶応義塾中等部・慶応義塾高等学校出身の慶應ボーイ! ですが、慶応...
河野太郎の嫁の実家は金持ち?聖心出身のお嬢様で学歴がヤバい!総裁選出馬予定の行革担当大臣の河野太郎さんですが、愛妻家で知られています。 そんな河野太郎さんの嫁の実家は金持ちで名家との噂がありますが、本当なのか気になりますよね。 学歴をみる限り、河野太郎さんの嫁はお嬢様学校で知られる聖心学院出身のようで、学歴がヤバいようです。 河野太郎さんの嫁について、実家・学歴・プロフィールについて徹底調査しました!...
河野太郎の顔が赤いのは病気?アトピーや肝臓移植の過去が原因か? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ...




河野太郎父の失敗とは?

河野太郎さんの父・河野洋平さんが官房長官時代の平成5年8月に発表した「河野談話」失敗だといわれています。

「河野談話」とは、日本政府が慰安婦問題に旧日本軍が関わっていたことを認めてお詫びしますという内容を調査しまとめたものです。

国内外に日本政府が公式に慰安婦の強制連行を認めたという誤解を広め、今でも世界各国で慰安婦像が作られる論証となっています。

河野談話に「強制連行」という文言はないにもかかわらず、旧日本軍が強制連行を行ったとされているのはなぜなのでしょうか?

談話発表の際、「強制連行の事実があったという認識なのか?」という質問に河野太郎の父・河野洋平さんが独断で「そういう事実があったと。結構です。」と答えたためです。




河野太郎と父の政治の違い

河野太郎さんと父・河野洋平さんの政治の違いを詳しく見ていきたいと思います。

父との違い①英語力を活かした積極的な外交

河野太郎さんは英語力も高く、外務官僚からの評判も高いそうです。

各国の首脳や外相とは通訳を入れずに会談をするほど英語が堪能です。

河野太郎さんが外務長官時代にLAを訪問しインタビューされた時の映像です。

かなり流暢に英語を話されていますね。

英語が話せない多くの日本人は、なかなか英単語が出てこなくて言葉に詰まるという方が多いのではないでしょうか。

もちろん河野太郎さんも言葉に詰まることもあると思います。

ですが、普段私たちが日常で使う言葉よりも政治での言葉には難しい単語が多いと思うので、そう考えると河野太郎さんは英語力がすごいということが分かります。

父との違い②考え方の違いをアピール

2017年の新旧大臣交代式で河野太郎さんは「父とは人間性も考え方も違う!」と父・河野洋平さんとの違いをアピールしました。

父・河野洋平さんが官房長官時代に発表した河野談話に関しては、「俺じゃないですから。別の河野さんだ。河野談話への評価は”本人に聞けよ”という話じゃないですか。」とインタビューでも答えています。

 

2回生議員だった安倍晋三さんに1回生議員だった河野太郎さんが「阿部さんの集団的自衛権論に全面的に賛成します。阿部さんが将来、旗を揚げたら応援しますよ!」熱く語ったそうです。

また、河野太郎さんが慰安婦問題で父・河野洋平に同調したことは一度もないことから、阿部さんも父・河野洋平さんとは考え方が全然違うと思われたようです。

そして、安倍晋三さんは「父親(河野洋平)とは違う。国際感覚は豊かだし心配ない。」と河野太郎さんを外務大臣に起用しています。

父との違い③総理大臣を目指す

河野太郎さんは総理大臣を目指すため、今回の総裁選に出馬を表明しました!

河野太郎さんの父・河野洋平さんは自民党総裁の経験はありますが、総理大臣を務めたことはありません。

 

父との違い④中国との関係

中国では河野洋平さんの息子である河野太郎さんの外務大臣就任に多くの人が期待しました。

しかし、マニラで開催されたASEAN外相拡大会議での河野太郎さんの南シナ海に関して懸念を示す発言を受けて、中国の王毅(おう き)外相は「率直に言って失望した」と言っています。

これに対して河野太郎さんは「中国に大国としての振る舞い方を身につけてもらう必要がある」と返しました。

父の河野洋平さんの保守的な親中派とは違い、河野太郎さんは中国にも毅然とした態度を取りました。

また、父が虚偽の証言を続けてきたことに耐えかねて「慰安婦像を撤去したい」と訴えています。

河野太郎さんは間違ったことははっきりと違うと発言できる正直な方なのですね。




祖父河野一郎について

河野太郎さんの祖父・河野一郎さんもまた元政治家です。

祖父である河野一郎さんは、副総理、建設大臣、国務大臣(東京五輪担当)などを歴任しました。

 

▼河野太郎さんの祖父・河野一郎さんの経歴がこちらです▼

神奈川県立小田原中学校(現在:神奈川県立小田原高等学校)卒業

1923年 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業(競走部の陸上長距離選手として箱根駅伝で活躍し、総合優勝も経験しています。)

大学卒業後は朝日新聞社に入社

1931年 犬養毅内閣の山本悌二郎農林大臣の秘書官

1932年 第18回衆議院議員総選挙に神奈川3区から出馬し当選

1945年 日本自由党を結党し幹事長に就任

1954年 第1次鳩山内閣で農林大臣に就任

1955年 自由民主党内で大派閥の春愁会(河野派)を形成

1957年 経済企画庁長官として入閣

1958年 第2次岸内閣で党総務会長に就任

1961年 農林大臣として入閣

1962年 建設大臣

1964年 第3次池田内閣で副総理、国務大臣(東京オリンピック担当)に就任

1964年 第1次佐藤内閣で副総理、体育振興のスポーツ大臣に就任

河野太郎さんの祖父の河野一郎さんは、自由民主党の党人派の代表格として権勢を誇り、その政治行動は「横紙破り」と呼ばれていました。

河野家は代々政治に関わる家柄で、河野太郎さんは政治界のサラブレッドなのですね。




まとめ

今回は、河野太郎父の失敗とは?政治の違いや祖父河野一郎についても!と題して紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

河野太郎の父・河野洋平が発表した「河野談話」失敗だといわれているようです。

そして、河野太郎さんの父・河野太郎さんも祖父の河野一郎さんも元政治家という代々政治に関わる家柄です。

日本国民が大注目の総裁選です!

今後の河野太郎さんの活躍に期待したいですね。