芸能・エンタメ

眞子さま結婚指輪のブランドはどこ?購入費用は税金?値段はいくら?

眞子さまと小室圭さんが結婚会見を開かれましたが、眞子様と小室圭さんの指にひかる結婚指輪が目に入った方も多いのではないでしょうか。

太めのゴツイ結婚指輪でしたが、どこのブランドの指輪なのでしょうか。

値段がいくらなのか、購入費用の出所も気になりますよね。

一方で、2016年に週刊誌に撮られた電車内の写真でお2人がつけていたペアリングが、今回の結婚会見でつけていた指輪なのでは?という声もあるようです。

 

今回は眞子様と小室圭さんの結婚指輪について、どこのブランドのものなのか、価格はいくらなのか調べていきたいと思います。

 

この記事で分かること

眞子様結婚指輪のブランドはどこのものか

眞子様結婚指輪は税金?

眞子様結婚指輪の値段はいくら?




眞子さま結婚指輪のブランドはどこの?ティファニー?

眞子様と小室圭さんの結婚指輪のブランドがどこのものなのか特定されていません。

眞子様と小室圭さんの結婚指輪に選ばれた可能性のあるブランドは次の5つです。

  1. ティファニー
  2. カルティエ
  3. 入倉康ジュエリー工房
  4. MIKIMOTO
  5. マルコムベッツ

 

1つ目と2つ目のブランドは、誰もがイメージしやすい「結婚指輪の憧れ」とされるティファニーとカルティエです。

Twitter上でも眞子様と小室圭さんの結婚指輪をティファニーやカルティを有力視する声が多いようでした。

眞子さまも小室圭さんも「結婚指輪=ティファニーやカルティエ」というイメージにひかれて結婚指輪のブランドをどこにするか選んだ可能性は充分にありそうです。

 

3つ目の入倉康ジュエリー工房は眞子様のお母様の紀子様の結婚指輪のブランドです。

完全オーダーメイドの指輪で紀子様のデザインは当時秋篠宮殿下が研究していたナマズをモチーフにしたものです。

 平成元年、ご縁あって秋篠宮殿下と紀子様の婚約指輪の制作を担当させていただきました。デザインは、殿下が日頃研究して居られますナマズをモチーフにしたもので、デザイナーと紀子様とでご相談されたものでした。

引用元:入倉康ジュエリー工房

 

親子の絆が深い紀子様と眞子様なので、同じブランドで結婚指輪を制作した可能性もあるかもしれませんね。

 




 

4つ目のMIKIMOTOは皇室御用達ブランドです。

これまでもティアラや装身具はMIKIMOTOのものが使用されていました。

皇室との関係は、明治40年に、日本初の装身具加工工場「御木本金細工工場」を開設し、大正13年には、貴金属装身具業者として「宮内省御用達」に選ばれました。同年にひらかれた皇太子裕仁親王のご婚儀に際しては、皇太子妃のティアラをはじめ装身具(ジュエリー)の製作を手がけ、昭和34年には、婚礼に際し香淳皇后より美智子さまが譲り受けた皇太子妃第一ティアラの調整も手がけています。
最近では、秋篠宮文仁親王殿下の第二女子 佳子さまが、平成26年12月の「成年の儀」でお召しになるティアラやネックレス・ブレスレット等の製作を初めて公募し、ミキモト(MIKIMOTO)が入札しています。ちなみに製作予算は2892万円と言われています。

 

皇室御用達ブランドで日本のブランドでもあるMIKIMOTOを結婚指輪として選んだということも考えられますよね。

 

5つ目のマルコムベッツは、2016年に眞子様と小室圭さんの交際が週刊誌に交報じられたときにお2人が右手の薬指につけていたペアリングのブランドです。

イギリス発のブランドで、オールハンドメイドの制作をしています。

日本で買えるのはバーニーズニューヨークだけです。

大学生の頃からマルコムベッツを選ぶなんて、お二人ともとてもセンスがありますよね。

その右手につけていたマルコムベッツのペアリングを左手薬指にうつしたのでは?という声も多いです。

たしかに2016年の交際時につけていたペアリングも太めで、今回の結婚指輪につけていたものと太さが似ています。

交際時のペアリングを結婚指輪としてつけていることで、新たにお金を使っていないことをアピールもできますね。




眞子さま結婚指輪の購入費用は税金から?世間の反応

眞子様と小室圭さんの結婚指輪に対して、購入費用を税金と考える方も多いようです。

また結婚指輪に対して「ゴツイ」「高そう」など驚く声もありました。

さすがに小室圭さんにもプライドはあると思うので、結婚指輪はご自身のお金で購入されているのではないでしょうか。

眞子様も自分のお金や税金で結婚指輪を買っても嬉しくないですよね。

値段の高い安いよりも、眞子様と小室圭さんが2人で選ぶことに意味があると思いますし、いつまでも税金を使っていれば、頼りなさすぎますよね。




眞子さま結婚指輪の値段はいくら?

眞子様と小室圭さんの結婚指輪がどこのブランドのものか特定されていないため、値段についてもわかりませんでした。

一昔前までは婚約指輪は給料の3か月分と言われていましたが、眞子様は婚約内定時からご結婚までに婚約指輪をつけていませんでした。

なので、結婚指輪をすこし奮発した可能性もありますよね。

しかし、小室圭さんや小室圭さんの実家は母親の元婚約者にお金を借りていたり、勤務先の会社から留学費の援助を受けていたりと決して裕福ではありません。

就職は決まったもののまだ新卒で、充分に余裕のあるお金があるとは思えません。

そんな中何百万の結婚指輪を購入するは難しいと思うので、小室圭さんの手の届く範囲の値段で購入されたのではないでしょうか。

また、お金が十分にないことを考えると、交際時のペアリングをそのまま結婚会見時には結婚指輪としてつけられていたということも充分考えられますね。




まとめ

今回は眞子さまと小室圭さんの結婚指輪についてご紹介しました。

眞子様と小室圭さんの結婚指輪がどこのブランドのものなのかは現時点では特定されていませんでした。

ただ、有名ブランドにお2人がつけていた結婚指輪によく似たものがありました。

結婚指輪の値段については分かっていませんが、小室圭さんが購入した物であればそこまで高いものは買えないでしょう。