政治経済

岸田文雄は夫人と別居中!理由は手料理に対する亭主関白さ?馴れ初めも!




日本の100代目の総理大臣に岸田文雄さんが選出されました。

岸田首相を支えるファーストレディーが夫人の裕子(ゆうこ)さんです。

 

しかし、岸田首相と裕子夫人に別居中との噂がありました。

総裁選の少し前に”亭主関白説”で炎上した経緯のある岸田さん。

別居の理由はやはり不仲なのでしょうか?

 

またかなりの美人としても有名な裕子夫人ですが、2人の馴れ初めは何だったのでしょうか?

 

今回は岸田文雄首相と裕子夫人の別居の真相や馴れ初めについてまとめます!

 




岸田文雄は夫人と別居中!理由は

岸田首相と夫人の裕子さんはやはり別居中のようでした。

しかしその理由は、2人地元であり選挙区でもある広島の地盤を守るためとのことです。

不仲が原因ではないようで一安心ですね。

 

普段の岸田家は、夫と長男、次男が東京の議員宿舎住まい夫人は地元・広島にいることが多いという。しかし、夫人は9月に入ってしばらくは東京に滞在していた。 「普段、身の回りのことは男三人でやっていますが、総裁選があるので、大変だろうと。私も上京して掃除、洗濯、食事の用意をサポートしていました」 夫人が広島に帰る前日、10日の夜は、一家で焼肉を囲んだそうだ。

引用元  <https://news.yahoo.co.jp/articles/7290f4f62ca73fafeb1f8a7af7f336c01c05f20d>

 

広島から東京までは新幹線では3時間半の道のりです。

夫人として献身的に旦那さんを支えているのですね。

 

別居はいつから?

岸田首相と夫人の裕子さんは結婚直後くらいから別居していた可能性があります。

 

結婚後、3人の息子に恵まれた岸田夫妻。夫は、東京で単身赴任生活。その間、裕子さんが地盤を守りながら3児の子育てにも奔走してきたという。

引用元  <https://jisin.jp/domestic/1892449/>

 

岸田首相は1987年に父親で衆議院議員だった岸田武文さんの秘書となります。

また1993年に衆議院議員選挙に出馬し、初当選となりました。

 

プライベートでは1988年に結婚、1991年に長男が誕生しています。

 

秘書となると議員に付きっきりとなりますので、なかなか地元広島へ帰ることはできなかったのではないでしょうか。

 

長男、次男の2人は国会議員をされているということですし、三男は都内の大学に進学されているようです。

3人の息子さんもしっかりと育て上げられたのですね!

 




岸田文雄のTwitter亭主関白画像が炎上!

Twitterで炎上した岸田文雄首相の画像がこちらです。

 

前述のように、総裁選のために上京してきた裕子夫人との2ショットです。

仲良く談笑しているような写真ではありますが、この画像に対して「妻と対等な関係でないのでは」とか「亭主関白なのでは」といった批判をあびました。

 

この投稿には1万4千件以上のコメントがついて、大炎上しました。

マスクやスーツ姿に違和感のある人もおおかったようです。

 

 

これに対して、岸田首相は記者会見で亭主関白説を否定しています。

私は妻に対してそんなに強い立場にない」。自民党総裁選に立候補を表明した岸田文雄政調会長は3日、亭主関白ではないかとの一部の見方を否定した。風呂掃除や皿洗いをはじめ家事も分担しているとアピールした。

(中略)

岸田氏は会見で「あの部分だけで、対等ではないとされるのはおかしな気がする」と述べた。

引用元  <https://www.sanspo.com/article/20200903-MJD3NEAF2BLOLEHA4OWVOJQNMY/>

 

また、裕子夫人も岸田首相を援護するコメントをしています。

裕子さんは「普段は冗談も言いますし、忙しいですが、家族にもわりと気遣いしてくれて、家ではやさしい主人。亭主関白ではないです」と明かした。

引用元  <https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202009110000766.html>

 

「あの日は夜遅く、主人から『テレビ出演中に、20分だけ時間ができた。家に帰ると何か食べるものがあるか』と連絡がきたんです。ただ私たちはすでに食事を済ませていたので、さっと作って出しただけです。家でマスクをしていたのも、テレビ局のスタッフさんが10人くらいいたためです。

ふだんの主人は料理こそしませんが、お風呂掃除などは手際よくやってくれます。忙しい毎日の主人ですが、家では家族への気づかいもしてくれますよ」

引用元  <https://jisin.jp/domestic/1892449/>

 

総裁選へ向けたアピールのための投稿だったようですね。

裕子夫人も普段の様子やマスクをしていた理由を話して、旦那さんを丁寧にフォローされています。

実際にはかなり夫婦円満なのではないでしょうか。

 

 




岸田文雄と裕子夫人の馴れ初めは?

岸田文雄首相と裕子夫人2人の馴れ初めはお見合いでした!

 

岸田:私、家内とは見合い結婚でございます(笑)。

山本:見合い結婚。ああ、そうですか。でも、その見合い結婚は一遍で気に入られたみたいな?

岸田:いやいや、向こうはどうか知りませんが。

山本:いや、でも岸田大臣は?

岸田:そういうことになっております。

山本:そこからどういう感じでアプローチして? 一言だけ。プロポーズはもちろん、岸田大臣からされたんですか?

岸田:あ、はい(笑)。

引用元  <https://logmi.jp/business/articles/6804>

 

またこのインタビューの中で、「プロポーズの言葉を忘れて夫人から怒られた」とも語っていました。

 

また裕子夫人は岸田首相の第一印象についてこのように語っています。

「まず祖母同士が同級生で、友人同士だったのです。主人の祖父や父のこともとても人柄の良い人だと聞いていました。だから、不安はありませんでした」

初めて会った瞬間、『私、この人と結婚するんじゃないかな』と思ったんです」

引用元  <https://jisin.jp/domestic/1892449/>

 

ビビッと運命を感じたようですね。

お2人は1988年に結婚をされています。

 

結婚当時、岸田文雄さんは31才、裕子さんは24才でした。

7才の年の差があるのですね!

 

また岸田首相はご自身のYoutubeチャンネルで夫人の好きなところについて語られています。

 

けんかをしてもすぐに仲直りできるところ」と答えていますね。

「つまらないことでしょっちゅうケンカをする」というのが意外にも思いましたが、ケンカするほど仲がいいのかもしれません。

 




まとめ

岸田文雄首相と裕子夫人が別居中の真相についてまとめました。

別居の理由は、地元であり選挙区でもある広島の地盤を守るためでした。

また結婚直後くらいから別居していたのではと思われます。

裕子夫人は女手一つで3人の子供さんを育て、旦那さんのサポートもしていました。

首相当選にも”内助の功”といわれるのも納得ですね。

岸田首相のTwitter投稿に”亭主関白疑惑”で炎上しましたが、こちらについては首相本人と夫人がそろって否定しています。

夫婦仲はかなり円満なようです。

お二人の馴れ初めはお見合いで、2021年で結婚33年となりました。

ファーストレディーの裕子夫人の活動にも注目が集まりそうですね!