スポーツ

風間球打は球種5つで球速は?中学からの成長がすごい理由も




2021年ドラフト会議でソフトバンクが1位指名を公表した、秋田・ノースアジア大明桜高校の風間球打(かざまきゅうた)投手について「球種」「球速」に注目してご紹介します。

この記事でわかること

風間球打の球種は5つ!それぞれの球速は?

風間球打の球速の変化(中学~高校)

風間球打の球速は3年で時速22㎞も速くなっている

 

風間球打の兄弟の名前は?父親命名で由来は野球漫画と名台詞 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ...

 




風間球打は球種5つで特徴は?

風間球打投手は最速157km/hで右腕の本格派で、変化球は5球種を投げます。

風間球打の球種5つ
  1. カットボール
  2. フォーク
  3. スライダー
  4. チェンジアップ
  5. カーブ

 

豪速球が武器ですが、変化球を多く使う試合もありました。

その理由は、打者の翻弄だけでなく「楽に投げるため」だそう。

長い試合で投げ抜くために疲れを溜めないよう、変化球を使っているのだそうです。

変化球中心の投球には、もうひとつ意味があった。長いイニングを投げ抜く。「監督から『楽に投げろ』と言われていたので、うまく力を抜きながら投げることできたと思います。疲れもあまりなく、余裕はありました」。

引用元:Full-Count

高校球児は替えが少ないですし、体を故障させないようにうまく向き合うことも大事ですよね。

 

 

風間球打投手の特徴

  • 183cmの高身長で真上から振り下ろすような投球フォーム
  • 角度をつけて投げる力は武器。スカウト担当も「角度は魅力」と話している
  • ホップ量も50cmと多いことで、空振りが奪いやすい
  • 打者の近くで落ちるフォーク
  • 縦に大きく割れるスライダーを
  • 大きく緩く変化するカーブ
  • 制御力はまずまず

 

 

こちらの動画では風間投手の球質を分析されています。

 




 

風間球打の変化球の球速は?

最速157km/h のストレートを投げる風間投手ですが、変化球の球速はどのくらいあるのでしょうか?

 

球種ごとの球速

球種 球速
ストレート 最速157km/h 、常時140km/h前半~150km/h強
カットボール 130km/h台
フォーク 120km/h~130km/h台
スライダー 120km/h台
チェンジアップ 120km/h台
カーブ 110km/h前後

 




風間球打の球速の変化まとめ 中学からの成長がすごい理由も

風間球打投手の球速は、高校1年生の冬に下半身を強化したことで伸びたそうです。

中学時代の球速はどのくらいあったのでしょうか?

中学3年生から高校3年生までの球速の変化をまとめました。

 

風間球打の球速は3年で時速22㎞も速くなっている

中学時代には135km/hを投げました。

 

高校1年生のときに出場した東北大会/大曲工業戦では、ストレートで自己ベスト138km/h。その後、高校1年の冬は走り込みを多くして下半身を強化させます。

高校2年生のときに出場した秋田県大会/修英戦では150km/h、

高校3年生のときに出場した秋田県大会/秋田南戦で、自己最速の157km/hを投げています。

 

学年 球速
中学3年生 135km/h
高校1年生 138km/h
高校2年生 150km/h
高校3年生 157km/h

 

中学3年から高校3年を比べると、22km/hも伸びていますね。

 




 

まとめ

『風間球打は球種5つで球速は?中学からの成長もすごい【ドラフト2021】』と題して、ご紹介しました。

風間球打投手の球種は5つ。

球速は、157kmのストレートが最速で、カットボール、フォーク、スライダー、チェンジアップ、カーブの順に速いです。

中学3年生と現在の球速を比べると、135km/h → 157km/hと22㎞も速くなっていました。

 

プロ野球選手になってからの成長も楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

風間球打の兄弟の名前は?父親命名で由来は野球漫画と名台詞 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ...