芸能・エンタメ

桂宮治が勤務していた化粧品会社どこ?当時は年収1000万!





笑点の新メンバーに選ばれた桂宮治さん。

落語家になる前はなんと化粧品会社に勤務していたとのこと!

しかも当時年収1000万円稼ぐトップセールスマンだったということで桂宮治さんが勤務していた化粧品会社がどこなのか気になりますよね!

ということで今回の記事はこちら。

桂宮治の勤務していた化粧品会社どこ?

桂宮治の当時の年収は1000万!




桂宮治の勤務していた化粧品会社どこ?

桂宮治さんの勤務していた化粧品会社は『株式会社ヒューマンスカイ』の可能性が高いです。

というのも、かつて桂宮治さんが化粧品の実演販売の会社で一緒に働いていたのがナレーターの山崎岳彦さんという方だとわかっています。

芝居の先輩から「役者やお笑い芸人もやっている仕事があるけどやってみないか」と紹介されたのが、ワゴンの化粧品販売の仕事だった。スーパーなどの通路にワゴンを置き話術を駆使して売る、いわば化粧品の実演販売だ。通りすぎる人の足を止めさせる。買わせられるという不安を拭いさり、無料配布の化粧品だけはもらいたいがあとは逃げだしたいという客の心理をつかみ、その場から一歩も逃さないため、息をつかせないほど畳みかける話術を天性で会得していった。この販売の様子をそのまま再現して織り込んだほろりと泣かせる新作落語「プレゼント」は、宮治落語の原点だ。かつてこの仕事を共にしていた現在テレビなどで活躍中のナレーター山崎岳彦(46)は、売り上げのトップを独走する宮治の販売をこっそりのぞいたことがあった。

引用元:AERA dot.

そして山崎岳彦さんは、株式会社ヒューマンスカイのホームページに載っており、化粧品の実演販売をしていたと語っているんです!

引用元:株式会社ヒューマンスカイHP

このことから考えると、桂宮治さんが勤務していた化粧品会社は『株式会社ヒューマンスカイ』だと思われます。

株式会社ヒューマンスカイ

株式会社ヒューマンスカイは店頭販売やテレビ通販を通して多くの人を惹きつける実演販売のプロが在籍する会社です。

人材募集のページには『愛嬌のあるおもしろい人を求める』と書いてあり、芸人や役者、ミュージシャンなども多数在籍しているとのこと。

桂さんの多くの人を惹きつけて笑わせるトーク術は実演販売の経験からもきているのでしょうね!

株式会社ヒューマンスカイで現在働いている方の画像がSNSに載っていました。


オンライン接客中ということですが、テレビで一度はみたことありますよね。

美容販売士さんはこんな感じです。


これは相当高いトークスキルと愛嬌がないとできないお仕事だと思います。

化粧品会社に勤務したきっかけは?

中学生時代に祖母と見た大衆演劇がきっかけで芝居に興味を持った桂さん。

高校卒業後、舞台役者を目指しながらレストランのホールやシロアリ駆除の営業マンのアルバイトをしていた桂さん。

芝居をするための費用を稼ぐため一生懸命働いていた日々の中で、芝居の先輩から『芸人や役者もやっている仕事があるからやってみないか?』と紹介されたのがワゴンの化粧品販売のお仕事だったということです。




桂宮治の当時の年収は1000万!

桂宮治さんが化粧品会社に勤務していた当時の年収は1000万円もあったということでスゴイですよね!

化粧品の実演販売をしていたころは桂さんが売り上げが全国でトップを独走していたそうです!

芝居を続けるためのアルバイトだったはずなのに気が付くと有名化粧品メーカーから指名が入り、全国を飛び歩いた。売り上げは全国一。収入は20代の平均年収の倍を遥かに超えていた。

引用:AERA dot

20代の平均年収の倍も稼げるなんて、桂さんの話術が昔からどれだけすごいかが伝わってきますよね。

そのときのことを桂さんもSNSでつぶやいています。

桂さんが化粧品会社に勤務していたころは奥さんも働いており、ダブルワークで二人とも平均より多い給料だったということで裕福だったようです。

しかし落語の道に進んでから今まで高級ブランドの化粧品を使っていた奥さんも1000円以下の化粧品を使用する生活ということで今までと全く違う生活になってしまったようですね。

化粧品会社を辞めた理由は?

年収1000万円もあったのにやめてしまった理由は、罪悪感があったからのようです。

「人を不幸にしているんじゃないかと思いだして。要らないものを要ると騙して買わせているんだから一生の仕事には出来ないと悩みだしたんです」

引用元:AERA dot

トーク術で人を惹きつけて本来要らないものをおススメして商品を買ってもらうことが人をだましている、と考えたようですね。

そこで桂さんは自分の結婚式で突然辞めることを社長に伝え、一生続けられる仕事を探しました。

そんな時youtubeで落語をみて大笑いして、これだ!と思ったということです。

奥さんも賛成してくれて、三代目桂伸治さんを師匠にしようと決めたということです。

その結果、こうして笑点のメンバーになることもでき、多くの人に愛される落語家に本当になったのですから、桂さんて本当に素晴らしい方ですよね。




まとめ

笑点の新メンバーとして活躍が期待されている桂宮治さんについて、元勤務先の化粧品会社がどこなのかということや、当時は年収1000万円のトップセールスマンだったことについてまとめてみました。

化粧品会社は実演販売をしている株式会社ヒューマンスカイの可能性が高いです。

年収は当時1000万円あり、奥様とダブルワークで20代の平均給料の倍はあったということです!

多くの人を惹きつける話術がスゴイ桂さんですが、セールストークで要らないものを買ってもらうことに抵抗を感じ、一生できる仕事を探し落語家の夢をみつけました。

笑点でもお茶の間を大笑いさせてくれるでしょうから、楽しみです!