ニュース

神田沙也加の書き置きの内容とは?遺書とは何が違う?事務所全文も!




神田沙也加さんが転落で亡くなったことには、とても衝撃を受けましたが「遺書」は無いと報道されていました。

そんな事から事故の可能性もあったのかと思いましたが、ここへ来て「書き置き」があったと報道がありました。

その「書き置き」の内容とはどんなものだったのでしょうか?

なにが遺書とは違うのでしょうか?

事務所は転落の原因は公表しないとして、文書が公表されています。

 

  • 神田沙也加の書き置きの内容とは?
  • 神田沙也加の書き置は遺書とは何が違う?
  • 事務所全文

についてまとめていきます。




神田沙也加の書き置きの内容とは?遺書とは何が違う?

神田沙也加さんに「書き置き」があることがわかりました。

その内容とは以下のような感じでした。

  • 喉の不調に対する不安
  • 愛犬の死
  • 恋人との恋の行方
  • 周りの人への思い

沙也加さんは、札幌公演に向かう前日に不調だった喉に関する診断が出ていた。

「手術をして歌えなくなったらどうしよう」という不安な思いに加え、愛犬の死、恋人との恋の行方の悩みなど、苦悩が重なった。

そんな中でも、人々を笑顔にするために全力でミュージカルに打ち込んでいた。

書き置きには悩みだけでなく、周囲のさまざまな人への思いなどが、沙也加さんらしい言葉で書かれていたという。

引用元︰Yahooニュース(スポニチアネックス)より

 

この投稿をInstagramで見る

 

sayakakanda(@sayakakanda)がシェアした投稿


今の思いを神田沙也加さんの言葉で描き綴られていたようですね。

沙也加さん自身にとって、とても深い苦悩や思いだったのかも知れません。




神田沙也加の書き置きは遺書とは何が違う?

そもそも書き置きと遺書はどう違うのでしょうか?

遺書とは、自分の死後に残される家族、友人、知人など親しい人に向けて、自分の気持ちを伝える手紙のこと

引用元︰ベリーベスト法律事務所より

遺書は、自分の身近な人達に“思いや気持ちを伝えるもの”としています。

対して、「書き置き」は

  1. 知らせる相手がいないため、書き残しておくこと
  2. 死後のために書き残すこと

とあります。

ですが、❷は遺書ともかいてありました。

表立っては「書き置き」としていますが、もしかしたら遺書とも言えるものだったのかも知れません。

事務所は転落原因については公表しないとの事なので、本当のところは親近者にしかわからないのかもしれませんね。




神田沙也加の事務所全文

事務所は神田沙也加さんの転落原因については公表しないとしています。

事務所からの全文が公表されました。

平素より私共、並びに神田沙也加をご支援いただき、ありがとうございます。  先般のご報告以降、神田への温かいお言葉を頂戴し、これまでのご支援も含め、改めて深く感謝申し上げます。  本日、ご親族のご希望により、密葬という形で家族にて葬儀を執り行わせていただきましたことをご報告申し上げます。  警察による詳細な検証の結果、事件性はなく、転落による多発外傷性ショックが死因であるとの報告を受けました。転落の原因につきましては、神田本人の名誉と周囲の方々への影響を踏まえて公表を控えたく、お含みいただけましたら幸いです。  私共は神田との突然の別れに混乱しながらも、その事実と向き合い、神田を守れなかったという責任を真摯に受け止めております。  神田の逝去に関して様々な報道がなされると同時に、ご心配のお声も頂戴しております。このような事態となりましたことを、お詫び申し上げます。  なお、ご親族やご友人のプライバシーに関わるような記事の掲載、過剰な取材行為、インターネット上での根拠のない誹謗中傷に関しまして、お控えいただけますよう改めてお願い申し上げます。

引用元:ヤフーニュース(デイリーより)

 




まとめ

神田沙也加さんの「書き置き」五見つかったことについて、みてきました。

書き置きがあったことにより、沙也加さんは周囲の人に何かしら伝えたい事があったのかもしれません。

親族にとっては、沙也加さんの苦悩や思いが少しはわかる内容だったんじゃないでしょうか。

転落した原因は謎のままです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。