芸能・エンタメ

鎌倉殿の13人の弁慶役は誰?佳久創は筋肉ムキムキで父親は元野球選手!




2022年1月9日より放送開始のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。

キャストがじわじわ発表されるため誰が何の役をやるのか発表が楽しみですよね!

特に弁慶がどのように描かれるのか気になっている人が多いようですが、鎌倉殿の13人の弁慶役は俳優の佳久創(かくそう)さんということがわかりました!

佳久創さんはもともとラグビー選手ということで筋肉がムキムキな上に父親は元プロ野球選手ということでびっくりですよね!

ということで今回は弁慶役の佳久創さんについて以下の内容でお送りします。

鎌倉殿の13人の弁慶役は佳久創!

佳久創は筋肉ムキムキ!

佳久創の父親は元プロ野球選手!




鎌倉殿の13人の弁慶役は佳久創!

鎌倉殿の13人で弁慶役を演じることになったのは、佳久創(かく そう)さんです!

佳久創さん自身も公式Twitterで自分が鎌倉殿の13人で弁慶役を演じることを発表しています。

大河ドラマには初めての出演ということですが個人的には弁慶のイメージにぴったりな俳優さんだな~と思いました。

佳久創さん演じる武蔵坊弁慶とは、平安時代の出家修行者で義経に最後まで仕えた人物として有名です。

人間とは思えぬほどスゴイ腕力をもっていたといわれています。

佳久創のプロフィール

名前:佳久創

生年月日:1990年10月28日 31歳(2022年1月現在)

出身:愛知県名古屋市

身長/体重:185㎝/92㎏

学歴:愛知高等学校卒業、明治大学卒業

事務所:アクロスエンタテインメント

趣味:ラグビー、筋トレ、映画鑑賞、WWE観戦/ベンチプレス120㎏、グーステップ、歌

俳優としてたくさんのドラマや映画、CMや舞台にも出演されています。

例えば邦画作品では

  • 「妖怪大戦争 ガーディアンズ」
  • 「あつ用務員」
  • 「ブレイブ -群青戦記-」
  • 「映像研には手を出すな!」
  • 「無頼」

ドラマやバラエティでは

  • 「仮面ライダーゼロワン」
  • 「ノーサイド・ゲーム」
  • 「コンフィデンスマンJP~運命篇~」
  • 「有吉ゼミ」(NTV)
  • 「櫻井・有吉THE夜会」

等多くの作品に出演されています。

詳しくはこちらからどうぞ。




佳久創は筋肉ムキムキ!

佳久創さんは筋肉ムキムキということでも以前から注目されていました。

佳久創さんはもともとラグビー選手なんです!

全身画像をみただけでも筋肉ムキムキな感じがわかりますよね!

2020年にテレビ大阪の温泉がテーマのドラマ「週末?オトコ温泉同行会」に出演した際には共演の細田さんと筋肉のすごさを褒めあうほどでした。

佳久創さんは185㎝で92㎏ですが弁慶役のために体も大きくしたということで今はもっと大きくなっていらっしゃるのではないでしょうか。

ラグビー部が重要なポジションである『ノーサイドゲーム』のドラマにも主演しています。


佳久さんは中学3年生の頃からラグビーを始め、高校生3年のときには7人制ラグビーで全国準優勝しているのでスゴイですよね~!

しかし大学時代に大けがをしてしまったことがきっかけで引退をラグビー選手を引退をしました。

引退している現在でも特技がベンチプレス120㎏ということなので120㎏の重りを持ち上げる力があるというのを想像するだけで筋肉ムキムキなのが伝わってきます。




佳久創の父親は元プロ野球選手!

佳久創さんの父親は中日ドラゴンズや台湾プロ野球で活躍したことで有名な元プロ野球選手投手の郭源治(クォ・ユェンツ/かく げんじ)さんです!


父親もイケメンですよね!

郭源治さんの本名は現在は佳久源治さんです。

郭源治さんは台湾原住民族のアミ族で母親は日本人なので佳久さんはハーフなんですね。

中日時代はエースでしたので超有名でファンも多くいます。

小学生の頃は父親と同じように佳久創さんも野球をしていたそうです。

でもその後中学3年のときに顧問から誘われラグビーの道へ進んだということです。

怪我をして引退してからイベントでボーカルをしたり漫才もやったりして今では俳優になったということで才能にあふれていらっしゃる方なんですね!




まとめ

大河ドラマ【鎌倉殿の13人】の弁慶役は佳久創さんということで佳久創さんの筋肉と父親についてもまとめてみました。

佳久創さんは元ラグビー選手で怪我をしてしまったことでラグビーを引退して俳優になったものの今でも筋肉はムキムキ。

弁慶役のために体を大きくしたといいます。

筋トレが趣味で185㎝92㎏。

父親は中日のエースだった郭源治さんということで驚きです。

どんな弁慶がみられるのか今後も注目していきたいと思います!