芸能・エンタメ

細木数子の年収や資産は数百億円?財産を手にするのは養子の細木かおりか





占術家という当時は珍しかったものを広めて社会的ブームを巻き起こした細木数子さん。

心不全のため天国に逝かれてしまったとのことで、驚いている人も多いのではないでしょうか。

細木数子さんといえば巨額の年収で豪邸!というイメージですが、実際いくら位の年収だったのか気になりますよね。

また財産も調べてみると、とんでもない額でひっくり返りそうだったので合わせてお伝えしていきますね。

そしてこのとんでもない額の財産を手にするであろう細木かおりさんのことはご存知でしょうか?

 

今回まとめた内容はこちらになります。

・細木数子の年収はいくら?

・細木数子の総資産はいくら?

・細木数子の財産を相続するのは養子の細木かおりか?




細木数子の年収はいくら?

引退されてからの年収は把握できていませんので、全盛期の年収となりますが合計24億円!!の噂がありました。

細かく見ていきたいと思います。

携帯サイト運営・年収12億円

携帯サイトで「細木数子の六星占術」というサイトを運営していました。

ここでは会員登録が必要で、月額330円・550円の2つのコースがあります。

こちらの細木数子さんサイトかなり評判がよく、「1ヶ月単位・1日単位で的確なアドバイスが貰える」「前向きになれる」との意見がありました。

また安心度も高く、月額330円というのは他のサイトに比べてかなり定額となっているようで、利用者がたくさんいたようです。

こちら無料会員登録でお試し占いもできるので、気になる方は試してみてくださいね!!

 

テレビ出演・年収4億円

当時細木数子さんはテレビ出演1本400万円という高額なギャラだとご自身で言っていました。

占いのお仕事が本業なので、こちらは副業にも関わらず年収4億円とはとんでもない金額ですね…。

こんなに稼いでも正直使いきれません!!

ちなみにレギュラー番組をいくつも持っていて、特番出演となるともっと大きな額のギャラが動くそうです。

 

本の印税・年収4億円

細木数子さんは本もたくさん出しています。

累計9000万部も売れていて、占い本の売れ方世界一ということでギネス記録になっているそうですよ。

【代表本】

・六星占術による相性運入門二人の仲を裂く相性殺界はいつ訪れるか

・六星占術による運命の読み方 あなたの運命は12年周期で揺れ動く

・大殺界六星占術「家康」に学ぶ運命操縦法

・幸せになるための先祖の祀り方

 

その他・年収4億円

その他で4億円ってもう意味がわかりません…!!

その中でも有名なのが悪徳商法・霊感商法と言われてしまった墓石の販売。

先祖の供養をしなければいけません、と不安を煽り墓石を1000万円で売りつけたことも話題になっていました。

またその墓石を売る店が「久保田家石材商店」といって、細木数子さんと繋がりのある店だということで更に批判を浴びてしまいまっています。

細木数子さん経由のお客さんだけで数十億の売上と久保田家石材商店の代表が言っているのには驚きです。




細木数子の総資産はいくら?

細木数子さんの総資産額は数百億と言われています。

京都に寺院を持っていたり、とその値段の総額80億以上と言われています。

 

また上沼恵美子さんが細木数子さんの豪邸を訪れたときにあった豪華な物たちがこちらです。

・1億円のガレージ
・ベンツとポルシェ
・玄関の板300万円が3枚
・バカラ製傘立て1000万円
・仏壇3000万円

これは見渡す限り何もかもが高級そうですね…。




細木数子の財産相続は養子細木かおりか?

細木数子さんの遺産を相続するのは娘の細木かおりさんの可能性が高そうですね。

旦那はおらず、元旦那さんは他界しているので、他に財産を相続する人が見当たりません。

細木かおりさんは細木数子さんの養子であり、細木数子さんの姉の長女でもあります。

 

細木かおりさんも占術家として活躍していて42歳(2021年現在)、細木数子さんのお墓を継いでほしいという理由から養子縁組を結んだとのことでした。

一般人からすると「えぇぇぇ?!?!」と思いますが、占いをしていて、お墓の大切さは人の数百倍理解していたのでしょう。

今しっかりと受け止めてくれる細木かおりさんが居てくれて安心して天国にいかれた事と思います。




まとめ

今回は細木数子さんの年収や資産、相続相手は細木かおりさんなのか、についてまとめました。

細木数子さんの年収は24億円で、総資産は数百億と言われています。

また財産を相続するのは養子の細木かおりさんで、細木数子さんの実の姉の長女だろうと思います。

驚くほどの財産を相続するとなるとどう使っていくのでしょう。

その後の細木かおりさんも気になりますね。