スポーツ

廣畑敦也の出身高校や中学!身長体重と弟や家族構成についても!

2021年もドラフトシーズンとなってきました。

社会人選手の中で今年注目されているのは、やはり廣畑敦也選手ではないでしょうか?

廣畑敦也選手は現在、三菱自動車倉敷オーシャンズでピッチャーとして活躍しています。

そんな廣畑敦也選手の出身高校や中学など学歴や経歴などが気になります。

また、スポーツ選手といえば体格や家族にスポーツ関係者がいるのか?なども気になるので、身長や体重、家族構成なども調べてみました。

今回は『廣畑敦也の出身高校や中学!身長体重と弟や家族構成についても!』と題してまとめてみましたので、参考にしていただけたらと思います。

  • 廣畑敦也の出身高校や中学!
  • 廣畑敦也の身長体重は?
  • 廣畑敦也の弟の名前は「臣吾」で父はヤクルトファン!

 




廣畑敦也の出身高校や中学!

廣畑敦也選手は現在社会人野球チームである三菱自動車倉敷オーシャンズでピッチャーとして活躍しています。

これまではどんな活躍をしてきたのかということが気になるので、出身高校や中学などと一緒にこれまでの野球での経歴なども紹介していきます。

小学校:高松市立屋島小学校 

中学校:岡山市立京山中学校 

高校:岡山県立玉野光南高等学校

大学:帝京大学

社会人所属:三菱自動車倉敷オーシャンズ

廣畑敦也選手は、小学3年生の時に軟式野球を始めました。

当初は現在のポジションであるピッチャーではなくキャッチャーとしてプレーしており、1学年上の塹江敦哉選手とバッテリーを組んでいたそうです

塹江敦哉選手は、後に高卒でプロ入りし、現在は広島のリリーフとして活躍する逸材左腕です。

その後は、岡山市立京山中学校へ進学後から現在のポジションであるピッチャーとなりました。中学では軟式野球をしていたようです。

中学時代に軟式野球をしてい選手は多く、イチロー選手や松井秀喜選手も中学の頃には軟式野球をしていたと言われています。

 

岡山県立玉野光南高等学校に進学し、1年生の夏にチームは岡山県大会で優勝して、その年の国高等学校野球選手権大会に出場しました。

高校2年生からは新チームのエースナンバーをつけ、高校3年生の最後の岡山大会では全5試合に先発登板して完投しています。

しかし、高校最後の夏の大会では、準決勝で岡山学芸館に9回まで2点リードで進んでいましたが、9回裏に3点を奪われてしまいサヨナラ負けとなってしまいました。

ということで、廣畑敦也選手は甲子園に出場することはありませんでした。

 

大学は帝京大学に進学し、1年生の春からベンチ入りをしていましたが、4年間でリーグ戦31試合に登板していますが、目立った成績を残すことはありませんでした。

ただし、大学4年生にはピッチャーとしての成長が見られ、春の開幕戦で球速150キロをマーク、秋には急速151キロに更新をしています。

 

大学卒業後には、三菱自動車倉敷オーシャンズに入社して1年目に第91回都市対抗野球大会に出場しました。

1回戦で前年に優勝をしているJFE東日本を相手に自己最速の154キロをマークして完投勝利を納めました。

チーム自体は2回戦で敗れてしまいましたが、廣畑敦也選手は若獅子賞を受賞しています。

2年目の夏に行われた第46回社会人野球日本選手権大会に出場しましたが、対戦相手である日本新薬に敗れ初戦で敗退してしまいました。

 

廣畑敦也選手は、大学時代まではこれといった大きな成果を残してはいませんが、社会人野球に入ってから才能が開花した選手という印象です。

中学や高校時代から注目される選手もいる中で、廣畑敦也選手は遅咲きのピッチャーというタイプになりますね。

 

ドラフトのシーズンになり、廣畑敦也選手はドラフトで1位指名されるのではないか?と言われるようになってきています。

廣畑敦也選手は、ヤクルトファンであることからもヤクルトのピッチャーとしてドラフト1位指名があるのでは?と期待している人が多いようです。

廣畑敦也選手がヤクルトファンということについては、廣畑敦也選手の父親や弟も深く関わっていることなので、後ほど詳しく紹介してきますね。




廣畑敦也の身長体重は?

廣畑敦也選手の身長や体重など、プロフィールをまとめて紹介します。

名前:廣畑敦也 (ひろはた あつや)

生年月日:1997年12月3日(23歳)

出身地:岡山県

身長:177㎝

体重:75㎏

投打:右投げ右打ち

ポジション:ピッチャー

球種:ストレート、シュート、カットボール、スライダー、カーブ、スプリット

廣畑敦也選手は、身長177cm、体重75kgということで決して体格が良いという感じではないのかなと思います。

しかし、廣畑敦也選手はストレートが最速154キロで、回転数がMLB平均を大きく上回っているということです。

世界でも通用するようなストレートということでしょうか。

他にも4つの変化球を使い分けて、ストライクをとっていることからレベルの高い変化球だと思われます。

廣畑敦也選手は剛腕というよりは、打たせて取るタイプのピッチャーだと思います。

そんな廣畑敦也選手は、社会人ナンバーワンの右腕とも言われています。




廣畑敦也の弟の名前は「臣吾」で父はヤクルトファン!

廣畑敦也選手はヤクルトファンであることは有名だと思います。

また、廣畑敦也選手の弟の名前は『臣吾』です。

そして、廣畑敦也選手のお父さんは、ヤクルトの大ファンだったという事も有名なことかもしれません。

ということから気がつく方もいるかもしれませんが、廣畑敦也選手の名前と弟の名前は、ヤクルトの大ファンだった父親が名付けていて、古田敦也さんと高津臣吾さんが由来だということです。

廣畑敦也選手の子供の頃は、「家でプロ野球中継が流れているときは、ヤクルト戦しか見た記憶がない」というほど、父親がヤクルトの大ファンだったということです。

その影響もあり、廣畑敦也選手も自然とヤクルトが好きなチームになっていたということでした。

廣畑敦也選手の父親の名前は佳臣さんで、子供の頃には廣畑敦也選手の試合の審判として参加して、キャッチャーをしている息子にプレッシャーをかけていたそうです。

廣畑敦也選手の弟については『臣吾』という名前はわかっているのですが、野球をしているのかどうかなど他の情報は分かりませんでした。

また、母親についても情報を見つけることができませんでしたが、もしも野球ファンだったりすれば父親同様に噂などがあると思うので、きっと野球はそこまで好きではないのかもしれません。

ただ、廣畑敦也選手は小学校3年生から野球を始め、社会人でも続けているほどですので、それまでの母親のサポートは受けていたと予想できます。

子供の習い事には、保護者が同行することも多くありますし、野球ともなれば子供だけではできないので母親も裏方として廣畑敦也選手を支えてきたのではないでしょうか。




まとめ

今回は『廣畑敦也の出身高校や中学!身長体重と弟や家族構成についても!』と題してまとめてみました。

参考にしていただけたらうれしいです。

廣畑敦也の高校や中学時代には、これと言って目立つような選手ではありませんでしたが、遅咲きのピッチャーとしてドラフトでの指名などに注目が集まっています。

廣畑敦也は体格にも恵まれているとはいえませんが、最速&MBL級の回転を細くストレートと4種類の変化球で、打たせてとるタイプのピッチャーという感じでしょう。

また、ヤクルトファンであることを公言していますが、父親がヤクルトファンであることから廣畑敦也選手と弟の名前が『敦也』と『臣吾』だということでした。

ドラフトでは、どのチームから何位で指名されるかに注目が集まっているので、結果が楽しみですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。