スポーツ

原晋監督の年収は1000万で講演料もヤバい?名言や作戦が稼ぎの秘密?

箱根駅伝2022で優勝した青山学院大学の監督である原晋さん。

世間でも知名度が高い監督ですが、年収はどれくらいなのか気になりました。

噂では数百万で講演料もヤバいとの事ですが、本当でしょうか?

監督のいう立場で講演もするほど人気ですが、稼ぎの秘密は名言や作戦名との指摘もあります。

どういうことなのか、原晋監督の年収と稼ぎついて徹底調査しました!




原晋監督の年収は1000万?

結論からいうと、原晋監督の年収がどのくらいなのか正確にはわかりません

一般的に現場監督の平均年収は487万と言われていますが、原晋監督はメディア(テレビ・ラジオ)出演・講演会や書籍活動もあります。

調べてみると、4冊の本を出版されているようですね。

さらに2019年より青山学院大学の地球社会共生学部の教授に就任

大学教授の年収は平均1100万円ほどと言われています。

ということから推察するに、個人的には原晋監督の年収は1000万以上あるのではないかと予想しています。

感染症の影響で講演会はできないので、年収を落ちているとは思いますが、それでも年収1000万近くはありそうです。

原晋監督には嫁の美穂さんがおり、青山学院大学の寮母です。

その一方でCM出演をしているので、夫婦で年収を合わせるともっとあるかもしれませんね。




原晋監督の講演料もヤバい?

原晋監督は講演会の料金もヤバいと言われていますが、正確な料金は不明です。

一部では100万円との噂もあり、講演会はかなり人気のようです。

ここで原晋監督の偉業を見てみましょう。

2004年 青山学院大学陸上競技部の監督就任

2009年 箱根駅伝に青山学院大学が33年ぶりに出場

2015年 箱根駅伝にて青山学院大学が史上初となる総合優勝

2017年 箱根駅伝3連覇、他出雲駅伝など大学駅伝3冠を達成

2018年 史上6校目となる箱根駅伝4連覇を達成

講演会出演者の仲介サービスを行う「Speakers」の調べでは、2021年上半期の講演依頼の問い合わせ数で原晋監督が1位でした。

原晋監督の講演依頼数は、抜きん出ています。
これまでの陸上界の常識を打ち破り、新たな理論で日本学生長距離界の記録を塗り変えてきた実力者。その高い評価が、講演依頼につながっているのでしょう。
原晋監督の講演では、ビジネスイノベーションや組織改革のヒントが散りばめられています。
飽きさせない話しぶりも人気の理由です。

引用元:Speakers

人を育てる、という点では大手企業でも同じ事なので、そういう点で支持する人が多いのでしょう。




原晋監督の名言や作戦が稼ぎの秘密?

原晋監督といえば、名言や独特の作戦名が話題になっている人です。

稼ぎの秘密ではありませんが、その独特というか人の心理をついた考え、性格的な部分が稼ぎに繋がっているように思えます

日本一の駅伝監督、という声があるほどの実力も、こうした原晋監督の考え方も影響しているのでしょう。

もちろん、原晋監督自身も元陸上競技者であり実力者であることは間違えありません。

青山学院大学陸上競技が強いのも、原晋監督の指導があったこそ。

そんな原晋監督の独特の名言や作戦を見てみましょう。

原晋の名言集

人は暗い所からは力は出ない。全て明るさから始まる。

伸びる選手は「妄想」を抱いてはいない。妄想と目標は違います。
目標とは、手の届く「半歩先」に置くもので、それを目指して練習するもの。
その繰り返しだと私は思います。

目標の数字にたどり着けない場合、(目標達成への)阻害要因がある時には、
何故それが発生しているのか?
いつになれば乗り越えられるのか、それを伝えます。

監督の言うことをそのまま聞くような選手には興味がない

自発的に物事を考えられるようにならないとこれから先の成長はないから

”チャラい”は、ほめ言葉

指導の信念は「人間として、男として自立させること」

良いと思うならやってみればいい。駄目だと思ったら、辞めればいいだけだ。

元陸上競技者ということもあり、原晋監督の言葉には重みを感じますね。

名言をみる限りは、選手の自立性を何よりも大事にしている印象をうけます。

テレビに出すぎ、嫌いとの批判もある一方、朝の5時から始まる朝練には必ず立ち会うなど、部の学生と真正面から向き合っているからこその言葉だと思います。

原晋の作戦名

原晋監督といえば、箱根駅伝での作戦名も人気ですね。

2015年度「ワクワク大作戦」

2016年度「ハッピー大作戦」

2017年度「サンキュー大作戦」

2018年度「ハーモニー大作戦」

2019年度「ゴーゴー大作戦」

2020年度「やっぱり大作戦」

2021年度「絆大作戦」

独特な作戦名ですが、原晋監督の気持ちも入っているので、これもまた魅力の一つなのでしょう。




原晋監督の年収は1000万で講演料もヤバい?名言や作戦が稼ぎの秘密?まとめ

  • 原晋監督の正確な年収は不明
  • 監督料、教授料、メディア出演料、書籍料、講演料を考えると1000万あるかもしれない
  • 名言や作戦名が稼ぎの秘密ではないが、魅力の一つになっているかもしれない

 

最後までお読みいただきありがとうございました。