イベント

ふたご座流星群2021山口の見える方角やピーク時間!おすすめスポットも!

2021年12月14日(火)には3大流星群の1つであるふたご座流星群が極大を迎えます。

しかし、極大と言われるピークを迎える時間は16時ということで、その時間にはまだ星を観測するには難しいいかん対かもしれませんね。

ふたご座流星群の場合は、活発な期間が長いためピーク時間の前後でも多くの流星を見ることができるようです。

またこちらの記事では山口県に注目して、おすすめの観測スポットも紹介していきます。

今回は『ふたご座流星群2021山口の見える方角やピーク時間!おすすめスポットも!』と題してまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

  • ふたご座流星群2021山口の見える方角やピーク時間!
  • ふたご座流星群2021山口の観測おすすめスポット
  • ふたご座流星群は『三大流星群』で1時間に40〜50個の観測もできる!
  • 当日の天気は?

 




ふたご座流星群2021山口の見える方角やピーク時間!

ふたご座流星群が山口で見える方角や時間、ピーク時間(極大)についてまとめてみました。

方角:全天空(どの方角でも見ることができる)

時間:2021年12月14日(火)日の入り~15日(水)夜明け

ピーク(極大):12月14日(火)夕方16時頃

一番良く見える時間:2021年12月15日(水)3時〜夜明け

ふたご座流星群の放射点はふたご座の2等星であるカストルになりますが、流れ星はいろいろな方角に流れるため、全天空で見ることができます

ピーク(極大)を迎えるのが12月14日(火)の16時ごろなので、空が暗くなる時間〜夜が明けるまでの時間に流星を見ることができます。

だたし、2021年12月14日(火)のふたご座流星群の一番良く見える時間は2021年12月15日(水)の午前3時〜夜明けまでが観測しやすい好条件の時間になります。

一番良い条件でふたご座流星群を楽しめるのは、明け方なので少し早起きをしてみるのがオススメです。

1時間に40〜50個もの流れ星を観測することができ、冬の夜空は空気も澄んでいることから、より星が綺麗に見えるのでこの日だけは早起きをしてみてはいかがですか?

 




ふたご座流星群2021山口の観測おすすめスポット

山口でふたご座流星群2021を観測するのにおすすめのスポットを紹介していきます。

  • 秋吉台家族旅行村
  • 国立山口徳地青少年自然の家
  • 土井ヶ浜海水浴場

ここからはおすすめスポットについて詳しい情報をまとめてみました。

秋吉台家族旅行村

〒754-0511 山口県美祢市秋芳町秋吉3506-2

TEL:0837-62-0115 FAX:0837-62-0899

HP:秋吉台家族旅行村HP

こちらの施設では、2020年にふたご座流星群の鑑賞会が行われていました。

2021年のふたご座流星群の鑑賞会については開催の予定はないようですが、鑑賞会が行われるほどなので観測にはおすすめのスポットということで間違いない!ですね。

他にも秋吉台家族旅行村は、『全国の星空撮影スポット99選』にも選ばれたことがあるほど、星空鑑賞には最適な場所だということが認められています。

2021年のふたご座流星群は、ピーク時間が遅いことや冬の観測になるため、車から夜空を眺められるといいですよね。

そんな時にはカルストロードの中間にある『長者ヶ森』駐車場か、カルストロードの終わりにある『大正洞前駐車場』がおすすめです。

そちらの駐車場にもトイレが完備されているので安心です。

 

国立山口徳地青少年自然の家

〒747-0342 山口県山口市徳地船路668

TEL:0835-56-0111

HP:国立山口徳地青少年自然の家HP

こちらの施設では、2021年にも『星を見る会』が行われていましたが、ふたご座流星群の時には残念ながら鑑賞会は予定されていません。

しかし、国立山口徳地青少年自然の家には山口で一番大きな望遠鏡があり、個人やファミリーのための観察会も行ってくれるとのことです。

また、今回のふたご座流星群を鑑賞する際は、深夜に好条件となるためその時間に観測をするのであれば、施設の駐車場などで観測するのがおすすめです。

国立山口徳地青少年自然の家には、100台分の駐車スペースがあり、大型車両も駐車可能となっているようです。

 

土井ヶ浜海水浴場

〒759-6121 山口県豊北町大字神田上

HP:土井ヶ浜海水浴場HP

こちらの海水浴場は、天体観測ができるスポットとして有名な場所のようです。

辺りが暗く、周辺には高い建物や街明かりなども無いので、流星群を観測するにはもってこいの場所になります。

また、砂浜にレジャーシートを敷いてごろんとな転がって夜空を眺めるのもいいですね。

土井ヶ浜海水浴場には、近くて安い駐車場がいくつもあるようなのでとても便利ですよ。

 




ふたご座流星群は『三大流星群』で1時間に40〜50個の観測もできる!

12月14日(火)のふたご座流流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並び「三大流星群」と言われています。

「三大流星群」の特徴は、毎年ほぼ安定して多くの流星が流れることで、一晩に見られる流星数では年間で最大の流星数だそうです。

好条件で観測ができれば1時間に40〜50個の流星を観測できるようです。

極大日の夜には1〜2分に1個くらいの割合で流れ星が見えるので、見える確率は高いですよね。

また、ふたご座流星群は活動のピークが過ぎると短かい時間で活動が一気に低下するという特徴があるので、ピーク時間を逃さないように気をつけましょう。

『火球』の目撃情報多数あり!

流れ星の中でも、特に明るく輝き緑色の光を放つのが「火球」と言われる流れ星です。

ふたご座流星群のピークを迎える数日前から関東・東海・関西の地域で「火球」の目撃情報が多数上がっています。

といったように、関東より南の地域で「火球」の目撃情報がTwitterなどSNSに投稿されているので、山口でも観測できる可能性は高そうです。

火球は他の流れ星よりも光の明るさが強く、数秒間という長さで見ることができるのでかなり見つけやすい流れ星です。

各地で多く目撃されていることからも見つけやすいということが分かります。

ふたご座流星群を観測する時には、火球にも注目して見てみてくださいね。

 




 

当日の天気は?

ふたご座流星群の観測できる13日、14日、15日の山口のお天気は以下のようになっています。

box2引用:ウェザーニュース

 

各地晴れ間がある時間帯もあるので、なんとかふたご座流星群を見ることができそうかなという感じですね。

また、あくまでも天気予報になるので当日に天気が変わることもよくあることです。

当日はテルテル坊主を作って晴れになることをお祈りしましょう。

 




まとめ

今回は『ふたご座流星群2021山口の見える方角やピーク時間!おすすめスポットも!』と題してまとめてみました。

参考にしていただけたらうれしです。

山口でふたご座流星群が見える方角や時間、期間についてまとめてみました。

方角:全天空(どの方角でも見ることができる)

観測1日目:2021年12月13日(月)日の入り~14日(火)夜明け

観測2日目:2021年12月14日(火)日の入り~15日(水)夜明け

ピーク(極大):12月14日(火)夕方16時頃

一番良く見える時間:2021年12月15日(水)3時〜夜明け

辺りが明るい状況や月明かりがあるとふたご座流星群の観測をしづらくなってしまうので、できれば月が沈んだ後の午前3時以降が観測におすすめの時間になります。

また、今回は山口でおすすめの観測スポットも紹介しましたので、参考にしていただければと思います。

観測時には、しっかりと防寒をしていただき、暖かい服装や防寒具などを使って観測をしてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。