イベント

ふたご座流星群2021愛媛の見える方角やピーク時間!おすすめスポットも!




2021年のふたご座流星群は、12月14日(火)ごろに極大を迎え、ピーク時間は14日(火)の16時頃と予想されています。

ピーク時間の14日(火)16時は、日本のお昼になりますので観察はできません。

しかし、ふたご座流星群2021は、活発な時期が長く続くため、『12月13日夜~14日明け方にかけて』と、『12月14日夜~15日明け方にかけて』の2夜に渡り多くの流星を見ることができると予想されています。

 

そんな中でも、最も多く見えるのが、『14日未明(13日深夜過ぎ)に月が沈んでから、明け方にかけての時間帯(東京では2時~5時頃)』です。

ピーク時には、1時間で40個~50個の流星が出現する予想ですので、できればベストな場所や方角、ベストな時間で見たいですよね!

 

そこで気になるのは「ふたご座流星群2021愛媛の見える時間や方角は?」「愛媛で見える場所のおすすめスポットは?」について紹介していきます。

また、ふたご座流星群が見える日の天気も気になりますので、愛媛の天気予報も見ていこうと思います。

 

そこで今回まとめたのがこちら

  • ふたご座流星群2021愛媛の見える方角やピーク時間は?
  • ふたご座流星群2021愛媛で見える場所のおすすめスポットは?
  • ふたご座流星群20212021愛媛の天気は?

それでは本題に入っていきましょう♪




ふたご座流星群2021愛媛の見える方角やピーク時間は?

ふたご座流星群2021が愛媛で見えるの方角やピーク時間は以下のようになります。

●見える方角:全方角(月を視界に入れない方角)

●ピーク時間帯:14日(火)16時頃

●見える時間:13日(月)日没後~14日未明・14日日没後~15日未明

 

ふたご座流星群2021愛媛の見える方角は?

ふたご座流星群2021の見える方角についてですが、どの方角からでも見ることができます。

なので、空の広範囲を見渡すことがポイントとなります。

また、月明かりを避けて、月から離れた方向を中心に眺めることもふたご座流星群2021を見るポイントです。

 

流星は放射点を中心に放射状に出現し、流星の方角や高さに関係なく、空のあちこちに流れます。

いつどこに出現するか分からないため、空全体を見渡すことができる広場や河川敷など開けた場所がおすすめです。

 

また、目が屋外の暗さに慣れるまで、15分くらいは観察を続けてくださいね。

ふたご座流星群2021愛媛のピーク時間は?

ふたご座流星群2021の活動は、12月14日(火)頃に極大を迎えます。

ピーク時間は、14日(火)16時頃と予想されています。

しかし、このピーク時間帯は日本の昼になりますので、その前後の時間帯が一番見やすくなっています。

 

最も観察に適している見ごろは、13日(月)日没後~14日未明』と『14日日没後~15日未明』の2夜になります。

そして、最も多く見えるのは、『14日未明(13日深夜過ぎ)に月が沈んでから明け方にかけての時間帯(東京では2時から5時頃)』です。

この時、空の暗い場所で観察すると、流星数は1時間あたりおよそ40個~50個が予想されています。

 

また、月明かりの中でも明るい流星を見ることができ、13日深夜~14日深夜に空の暗い場所で観察した時には、1時間あたりおよそ20個~30個の流れ星が見られそうとのこと。

▼参考に東京の南の空の見え方です。

愛媛県の当日も多くの流星を見れるといいですね☆




ふたご座流星群2021愛媛で見える場所のおすすめスポットは?

ふたご座流星群2021が愛媛県で見える場所のおすすめのスポット3つ紹介します。

  1. 亀老山展望公園
  2. カレイ山展望公園
  3. ふたみシーサイド公園
  4. 四国カルスト
  5. 久万高原天体観測館

おすすめ観測スポット愛媛:亀老山展望公園

亀老山展望公園は、観光スポットとしても有名です。

標高307.8mの亀老山展望公園からは、世界初三連吊橋「来島海峡大橋」や「来島海峡」などを眺める事ができます。

 

このように、星空もしっかり見ることができるので、おすすめです。

亀老山展望公園は丘の上にあるので、空を広く見渡せますし、整備もされているので座る所もあります。

 

ただ、階段が多いので足元にはお気をつけください。

入園は無料ですので安心して行くことができますね。

 

●住所:〒794-2115 愛媛県今治市吉海町南浦487-4

亀老山展望公園の詳しい情報はこちら

 

おすすめ観測スポット愛媛:カレイ山展望公園

カレイ山展望公園は、大島の北部に位置し、展望台からの眺めは格別なので、おすすめです。

無料の駐車場もありますし、トイレのあるので安心していくことができます。

キャンプ場もあるので人気のスポットとなっています。
●住所:〒794-2203 愛媛県今治市宮窪町宮窪6355−2

●TEL:0897-86-2500

カレイ山展望公園の詳しい情報はこちら

おすすめ観測スポット愛媛:ふたみシーサイド公園

ふたみシーサイド公園は、道の駅に併設されているので、無料駐車場が約130台分あります。

海岸沿いですので、建物などもないため広く見渡すことができるので、おすすめです。

また、駐車場からでも十分綺麗な流星群を見ることが出来ますが、歩いて海岸まで行き流星群を観測するのも素敵ですよね!

 

ゆっくりと過ごしたい方は、西側の駐車場が22時で閉鎖してしまいますので、東側の駐車場をご利用ください。

道の駅となっているので、美味しい物も食べれそうですね。

 

●住所:〒799-3207 愛媛県伊予市双海町高岸甲2326

●TEL:089-986-0522

ふたみシーサイド公園の詳しい情報はこちら




おすすめ観測スポット愛媛:四国カルスト

四国カルストは、「日本のスイス」に例えられる景勝地となっています。

愛媛県と高知県にまたがる尾根沿いに広がっています。

広大な大地で、どこまでも続く空なので広範囲に空を見渡すことができ、おすすめです。

 

四国カルストエリアMAP

引用元:いよ観ネット

駐車場もたくさんありますので、お気に入りの場所で流星群の観測を楽しんでくださいね。

 

●住所:〒791-1802 愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷

四国カルストの詳しい情報はこちら

おすすめ観測スポット愛媛:久万高原天体観測館

久万高原天体観測館には、大きな望遠鏡があり、スタッフの方が操作をして星の解説をしてくださいます。

予約制となっているため、ご希望のかたは『0892-41-0110』へ問い合わせてみてください。(受付時間:12:30~17:00)詳細はこちら

 


肉眼でも流星群をしっかり見ることができるようなので、おすすめです!

●住所:〒791-1212 愛媛県上浮穴郡久万高原町 下畑野川乙488

●TEL:0892-41-0110

久万高原天体観測館の詳しい情報はこちら




ふたご座流星群2021愛媛の天気は?

ふたご座流星群2021の愛媛の13日~15日の天気を見てみましょう。

<13日~15日の天気予報>

天気予報:13日・曇時々晴、14日・晴時々曇、15日・晴時々曇
降水確率:13日・10%、14日・20%、15日・20%

愛媛県の12月13日の天気予報は曇時々晴となっており、12月14日の天気予報は晴時々曇、12月15日天気予報は晴時々曇となっていました。

雨が降る確率は、13日は10%、14日は20%、15日は20%ですので愛媛県でふたご座流星群が見れる確率は高いといえます。

このように、ふたご座流星群2021が愛媛でもチャンスありとなっていますので、期待が高まりますね。




まとめ

今回は「ふたご座流星群2021愛媛の見える方角やピーク時間は!おすすめスポットも!」についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

ふたご座流星群2021が愛媛で見える方角は、『全方角』で見ることができます。

ただ、月を視界に入れない方角から見ることがポイントとなります。

 

ふたご座流星群2021のピーク時間は、『14日(火)の16時頃』と予想されています。

このピーク時間は日中のため見ることができません。

しかし、ふたご座流星群2021が愛媛で見える時間(見ごろ)『12月13日夜~14日明け方にかけて』と、『12月14日夜~15日明け方にかけて』の2夜に渡り多くの流星を見ることができると予想されています。

 

ふたご座流星群2021愛媛のおすすめスポットは「亀老山展望公園」「カレイ山展望公園」「ふたみシーサイド公園」「四国カルスト」「久万高原天体観測館」の5つになります。

参考にしていただけると嬉しいです。

 

それでは、今回はここまでとさせて頂きます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。