イベント

ふたご座流星群2021大阪の見える方角やピーク時間!おすすめスポットも!




夜空に流れるふたご座流星群が、冬の名物となってきていますよね!

流星群などの星空は田舎の方が見えると思われがちですが、都会である大阪でも場所や時間によればちゃんと観測することができるんです。

そこでこの記事では、ふたご座流星群2021大阪での見える方角やピーク時間、またおすすめスポットもご紹介していきます。

この記事で分かること

・ふたご座流星群2021大阪での見える方角

・ふたご座流星群2021大阪でのピーク時間

・ふたご座流星群2021大阪の観測おすすめスポット




ふたご座流星群2021大阪での見える方角

ふたご座流星群2021大阪での見える方角ですが、実は全方位で観測することができるんです。

流星群は定点的に見えるというよりは、夜空の色々な方向に現れるということが特徴です。

 

その中でも、東~南東の方角がより大阪では綺麗に見えることができます

流星群は全方位で見ることができますが、実は月明かりが邪魔して見えにくいということもあります。

ふたご座流星群が流れている時間、月は西~北西に位置しているため月と逆方向を見るということがオススメです。




ふたご座流星群2021大阪でのピーク時間は!

ふたご座流星群2021大阪でのピーク時間は、12月14日16時頃となっています。

16時と言えばまだ外は明るく星空が見ることはできませんよね。

 

しかしふたご座流星群の活発な時間は比較的長く続くため、12月13日の夜から12月15日(14日の深夜から明け方)の2夜に渡って多くの流星を観測することができます

もっとも多く見られるのは12月13日(14日未明)の深夜2時から5時ごろにかけて。

この時期の月は上弦過ぎのため半分よりも少し大きく、深夜まで空に残り月明かりで周囲の星が見えにくくなります。

そのため特に月が沈んだ深夜2時以降にたくさんの流星群を目視することができそうです。

 

ふたご座流星群が綺麗に見ることのできる時間は夜中ということもあり、寝ていたりなどで見逃してしまっても大丈夫です。

実はふたご座流星群を見るチャンスは2回あるんです。

12月14日(15日未明)の深夜2時から4時頃

この時間帯でも見ることができるため、前日寝落ちしてしまったけれどもどうしても見たい!という方はぜひ観測してみてください。

 

前日よりは少なくはなりますが、それでも数多くの流れ星があると予測されているので期待できるのではないでしょうか。




ふたご座流星群2021大阪のおすすめスポット!

大阪でふたご座流星群2021が見ることができるオススメスポットをご紹介致します。

  • 信貴生駒スカイライン 鐘の鳴る展望台
  • 信貴生駒スカイライン 十三峠駐車場
  • 信貴生駒スカイライン パノラマ駐車場

それでは1つずつご紹介していきます。

信貴生駒スカイライン 鐘の鳴る展望台

信貴生駒スカイラインは夜景が綺麗な場所として有名です。

「鐘の鳴る展望台」はカップルに人気の場所なのでロマンチックなムードが味わえる場所となっています。




信貴生駒スカイライン 十三峠駐車場

こちらも信貴生駒スカイラインの中にある「十三峠駐車場」です。

この駐車場ではベンチとテーブルがあります。

大阪と奈良の県境にあたる場所なので、中秋の名月を楽しむだけでなく夜景も楽しめる場所となっています。

信貴生駒スカイライン パノラマ駐車場

信貴生駒スカイラインの中には駐車場がいくつかありますが、おすすめなのは「パノラマ駐車場」です。

駐車場と広場が一体型となっておりゆったりと過ごすことのできる場所です。

こちらでも大阪と奈良の夜景を一緒に楽しむことができます。




まとめ

ふたご座流星群2021の大阪の見える方角とピーク時間、観測のおすすめスポットをご紹介致しました。

見える時間:12月14日(火)2時~14日(火)明け方・15日(水)2時~15日(水)明け方

見える方角:全方向(特に東~南東がおすすめ)

ピークの時間帯:12月14日(火)深夜~明け方

大阪でふたご座流星群の観測おすすめスポットはこちらです。

  • 信貴生駒スカイライン 鐘の鳴る展望台
  • 信貴生駒スカイライン 十三峠駐車場
  • 信貴生駒スカイライン パノラマ駐車場

ぜひ参考にしてみてください。