イベント

ふたご座流星群2021沖縄の見える方角やピーク時間!おすすめスポットも!




毎年12月に夜空を飾るふたご座流星群の時期がやってきました。

2021年のふたご座流星群は12月13日から15日にかけて見ごろだと言われています。

近年では明るい流星が増えたと言われるふたご座流星群ですが、沖縄でベストに観察するための時間や方角など詳しい情報が知りたいですよね。

そこでこの記事では、「ふたご座流星群2021沖縄の見える方角やピーク時間!おすすめスポットも!」と題し沖縄から見えるふたご座流星群の方角や時間帯などを調べてみました。

この記事でわかること

・ふたご座流星群2021沖縄の見える方角

・ふたご座流星群2021沖縄のピーク時間

・ふたご座流星群2021沖縄のおすすめスポット




ふたご座流星群2021沖縄の見える方角は?

2021年の沖縄でふたご座流星群が見える方角は全方位です。

流星群は放射点だけではなく、夜空のいろいろな方向に現れるのが特徴です。

そのため決まった方角だけを観るのではなく、空全体を広く見渡しているほうが多くの流れ星を見ることができます

 

また、放射点(ふたご座付近)から離れた方向を見た方が長い軌跡を追うことができます。

ひとつの流れ星を長く見ていることができるので、すぐに消えてしまう短い流れ星よりも見ごたえを感じることができますね。

 

もうひとつの留意点としては、月明かりがあると星が見えにくくなるため月が出ている方向を正面にするのは避けた方が良いでしょう。

なお暗闇に目が慣れるまでには少し時間がかかるため、観察の15分くらい前には明かりのないところでスタンバイをして目を慣らしておくことがおススメです。

夜空を見上げて空一面の流れ星を見ていたら、宇宙に溶け込んだような気持になるかもしれませんね。




ふたご座流星群2021沖縄のピーク時間は?

国立天文台が発表した2021年ふたご座流星群の活動が活発になる極大(ピーク)時間は、12月14日の夕方16時頃です。

まだ明るい時間帯だから見えない!と思うところですが心配はありません。

ふたご座流星群の活発な時間は比較的長く続くため、12月13日の夜から12月15日(14日の深夜から明け方)の2夜に渡って多くの流星を観測することができます

もっとも多く見られるのは12月13日(14日未明)の深夜2時から5時ごろにかけて。

この時期の月は上弦過ぎのため半分よりも少し大きく、深夜まで空に残り月明かりで周囲の星が見えにくくなります。

そのため特に月が沈んだ深夜2時以降にたくさんの流星群を目視することができそうです。

 

更に翌日の12月14日(15日未明)の深夜2時から4時ころにもチャンスがあります。

前日よりは多少すくなくなりますが、それでも数多くの流れ星があると予測されているため前日に見逃してもまだまだ期待ができますね。

ただ、日本の南国・沖縄といえど、この時期の最低気温予想は16℃。

東京などに比べたら暖かい数字に見えますが、冬の沖縄は風が強いこともあり体感温度はもっと低くなります。

半袖はもってのほか!暖かい服と飲み物を用意して、体調を崩さないように気をつけながら天体の奇跡を楽しみましょう。




ふたご座流星群2021沖縄のおすすめスポット!

ふたご座流星群2021を沖縄県で観るおすすめスポットをご紹介します。

沖縄本島の都心部は街の灯りで良く見えませんが、北部に行くほどきれいな星空を見ることができる天体観測スポットがたくさんあります。

今回は次の5か所に注目してみました。

  • 辺戸岬周辺(沖縄県北部)
  • 茅打ちバンタ(沖縄県北部)
  • 古宇利島(沖縄県北部の離島)
  • 残波岬(沖縄県中部)
  • 小浜島(沖縄県八重山郡の離島)

おすすめ観察ポット①辺戸岬周辺(沖縄県北部)

ふたご座流星群2021おすすめスポットの1つ目は、沖縄本島最北部にある「辺戸岬」の周辺です。

辺戸岬は沖縄海岸国定公園に指定されており、遊歩道が整備されて歩きやすくなっています。

断崖と海に囲まれた岬からは鹿児島県の与論島が望める絶景スポットで、周辺の灯りも少なく水平線近くまで星を見ることができます。

本島最北端のため那覇からのアクセスはよくありませんが、人も少なく静かな環境で夜空を楽しめます。

周辺の灯りが少ないので、暗い中での運転や遊歩道を歩く際には気をつけてくださいね。

【アクセス】

  • 住所:沖縄県国頭郡国頭村辺戸
  • 経路:那覇市から高速と58号線を経由して車で2時間程

おすすめ観察スポット②茅打ちバンタ(沖縄県北部)

ふたご座流星群2021おすすめスポットの2つ目は、沖縄本島北部にある「茅打ちバンタ」です。

茅打ちバンタは束ねた茅を崖から投げ込むと風に打たれてバラバラになることが名称の由来である、高さが100mあると言われている断崖絶壁が続く場所です(バンタとは沖縄の方言で崖)。

辺戸岬に近く周辺に集落がありますが灯りが少ないため、見上げれば天の川がすぐに分かると言われるほどきれいな星空を目にすることができます。

観光客は辺戸岬へ向かうため茅打ちバンタを訪れる人はあまりなく、穴場的なスポットになっています。

こちらも夜道の運転や歩行には十分に気をつけて、防寒対策も忘れずに夜空を楽しみましょう。

【アクセス】

  • 住所:沖縄県国頭郡国頭村宜名真
  • 経路:那覇市から高速と58号線を経由して車で2時間程




おすすめ観察スポット③古宇利島(沖縄県北部の離島)

ふたご座流星群2021おすすめスポットの3つ目は、沖縄県北部にある「古宇利島」と本島と古宇利島を繋ぐ「古宇利大橋」です。

本島からは屋我地島・古宇利島の順に橋で繋がっており、車で行ける離島として現在注目を集めている人気の島です。

沖縄県北部の中でも比較的アクセスが良いのも魅力です。

古宇利島内は宿泊施設やカフェなども多くあるため、施設のテラスなどから夜空を楽しむことができます。

場所によっては周囲の灯りの影響を受けずに観測できる所もあるため、昼間のうちに島内を見て回っても良いかもしれませんね。

両側に透き通ったエメラルドグリーンの海が広がる絶景が魅力の古宇利大橋でも、それほど灯りの影響を受けずに天体ドライブを楽しむことができます。

交通安全とルールを守りながらロマンチックな夜のドライブに出かけてみてください。

【アクセス】

  • 住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
  • 経路:那覇市から高速と58号線を使用し屋我地島を経由して車で90分程

おすすめ観察スポット④残波岬(沖縄県中部)

ふたご座流星群2021おすすめスポットの4つ目は、沖縄県中部にある「残波岬」です。

残波岬は那覇からのアクセスも良く、美しいサンセットを見ることができると評判の地元民からも観光客からも人気のスポットです。

岬に立つ灯台から覗く海は藍色で深く、運が良ければウミガメが泳いでいる姿を見ることもできます。

灯台やリゾートホテルがあるため灯りが少し気になるかもしれませんが、それでも手が届きそうな星空を肉眼で感じることができます。

【アクセス】

  • 住所:沖縄県中頭郡読谷村宇座1861
  • 経路:那覇市から高速と58号線を使用し1時間程

おすすめ観察スポット⑤小浜島(八重山郡の離島)

ふたご座流星群2021おすすめスポットの5つ目は、八重山諸島の離島である「小浜島」です。

那覇空港から飛行機とフェリーを使い約2時間程、八重山諸島の中央付近に位置しているNHKの朝ドラ「ちゅらさん」の舞台としても有名な沖縄県の離島です。

国際天文学連盟が決めた世界共通の88星座のうち小浜島がある八重山地方では84星座を望むことができ、その数は国内最多と言われている人気の天体スポットとなっています。

島内には星野リゾートをはじめとする人気のリゾート施設もあり、時間を忘れて過ごせる南の小島です。

施設によっては天体観測ツアーも実施しているため、ぜひチェックしてみてください。

【アクセス】

  • 住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜
  • 経路:石垣空港 → 石垣港離島ターミナル → 小浜港

那覇空港から石垣空港までは約1時間、東京から石垣空港までは約3時間。
石垣空港から離島ターミナルまでは車で約30分、離島ターミナルから小浜島まではフェリーで30分程です。




まとめ

今回は「ふたご座流星群2021沖縄」と題して、流星群の見える方角やピーク時間、おすすめスポットを紹介しました。

ふたご座流星群のピークを見ることができる日は、12月13日の深夜から15日(14日未明)。

もっとも見える時間帯は12月13日(14日未明)の深夜2時から5時ころまでと、続く14日(15日未明)の深夜2時から4時ころまでです。

見える方角は全方位、夜空全体に流星が舞い散ります。

流れていく星を長く感じていたい時は、放射点(ふたご座)からより離れた地点を見るのが良いでしょう。

また、月の灯りの影響を受けないためには月を正面にせずに観察するのがおすすめです。

沖縄県内のおすすめスポットはどこも絶景の星空を眺めることができますが、断崖の場所が多く風も強いため防寒対策はしっかりとして楽しんでくださいね。