イベント

ふたご座流星群2021福岡の見える方角やピーク時間!おすすめスポットも!




12月の夜空と言えば、ふたご座流星群がありますよね。

冬になって寒くなると空気が澄んでいるため星空を綺麗に見ることができるため、ふたご座流星群に興味のある方も多くなっています。

この記事では福岡にスポットを当ててご紹介致します。

福岡でふたご座流星群2021をより良く観察するための、見える方角やピーク時間、さらにはオススメスポットをお伝えしていきます。

この記事で分かること

・ふたご座流星群2021の見える方角

・ふたご座流星群2021のピーク時間

・ふたご座流星群2021の観測おすすめスポット




ふたご座流星群2021福岡の見える方角!

ふたご座流星群2021の福岡での見える方角は、全方位で見ることができます。

流星群の特徴としては、放射点のみではなく夜空の色々な方向に現れます。

そのために、決まった方向だけというよりは空全体を広く見渡している方が多くの流れ星を見ることができます。

 

ふたご座流星群に関わらず、流星群は月明かりがあると見えにくくなります

そのため月を背にして星空を見上げた方がより綺麗に見えます。

12月13日の月の位置は南西~西南西にあるため、逆の北東~東北東だとより良くふたご座流星群を観察することができるでしょう




ふたご座流星群2021福岡のピーク時間は?

ふたご座流星群2021福岡でのピーク時間は、12月14日16時頃となっています。

しかし16時はまだ明るい時間帯ですよね。

 

ふたご座流星群の活発な時間は長く続くことから、12月13日(14日未明)の深夜2時から5時頃にも綺麗に観測することができます。

この時期の月は上弦過ぎのため半分よりも少し大きく、深夜まで空に残り月明かりで周囲の星が見えにくくなります。

そのため特に月が沈んだ深夜2時以降にたくさんの流星群を目視することができそうです。

 

更に翌日の12月14日(15日未明)の深夜2時から4時ころにもチャンスがあります。

前日よりは多少すくなくなりますが、それでも数多くの流れ星があると予測されているため前日に見逃してもまだまだ期待ができますね。

ただ、12月ということもあり外はかなり寒いです!

暖かい格好をしてふたご座流星群を観測することをオススメします。




ふたご座流星群2021福岡のおすすめスポット!

ふたご座流星群2021の福岡での見えるオススメのスポットはこちらです!

  • 油山片江展望台
  • 皿倉山
  • 米ノ山展望台

それでは1つずつご紹介していきます。

ふたご座流星群2021福岡おすすめスポット①油山片江展望台

福岡のふたご座流星群2021のおすすめスポットの1つ目は、油山片江展望台です。

油山片江展望台は福岡市内でも人気の夜景スポットです。

天神からも車で15分ほどの立地にあり、福岡市内を一望することができます。

夜景スポットとしてドライブやデートにも人気の場所なので、週末の駐車場は待つことがあるほどです。

車から降りてすぐのところで流星群や夜景を楽しむことができますよ。




ふたご座流星群2021福岡おすすめスポット②皿倉山

福岡のふたご座流星群2021のおすすめスポットの2つ目は、皿倉山です。

皿倉山は北九州市にある山で、山頂に展望台があります。

展望台からは市内を一望できるため、夜景スポットとしても人気です。

街の明かりが少し気になるかもしれませんが、オリオン座流星群の見頃が深夜のため街明かりも減っているかもしれませんね。

ふたご座流星群2021福岡おすすめスポット③米ノ山展望台

福岡のふたご座流星群2021のおすすめスポットの3つ目は、米ノ山展望台です。

米ノ山展望台は博多湾や福岡タワーまで見渡せる夜景スポットとして知られています。

標高594mの展望台のため、360度のパノラマで星空を見ることができます。

ただし、昨年の2020年8月のペルセウス座流星群の時には、かなり渋滞していたようです。

林道と山頂の混雑には気を付けてください。

ただし、昨年の2020年8月のペルセウス座流星群の時には、かなり渋滞していたようです。

林道と山頂の混雑には気を付けてください。




まとめ

ふたご座流星群2021福岡の見える方角とピーク時間、観測のオススメスポットをご紹介致しました。

見える時間:12月14日(火)2時~14日(火)明け方・15日(水)2時~15日(水)明け方

見える方角:全方向(特に北東がおすすめ)

ピークの時間帯:12月14日(火)深夜~明け方

福岡でのおすすめスポットはこちらです。

  • 油山片江展望台
  • 皿倉山
  • 米ノ山展望台

ぜひ参考にしてみてください。