イベント

ふたご座流星群2021の方角(見える場所)と時間!いつからいつまで見れる?

2021年12月14日(火)には、ふたご座流星群が冬の夜空を彩ります。

ふたご座流星群は見える流星の数の多さが毎年安定していることから、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並び「三大流星群」の一つと言われています。

流星の数は観測に好条件の場合、1時間に40〜50個もの流星を見ることができるそうです。

2021年12月14日(火)のふたご座流星群では、条件が少し良くない時間帯もありますが、明け方の時間帯に条件がよくなり多くの流星を観測できそうです。

また、流星の活発な時期が長いため2夜にわたって観測を楽しむことができる可能性が高いです。

2021年12月14日(火)のふたご座流星群の見える方角や時間、いつからいつまでの期間流星が観測できるのかを調査してみました。

今回は『ふたご座流星群2021の方角(見える場所)と時間!いつからいつまで見れる?』と題してまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

  • ふたご座流星群は『三大流星群』で1時間に40〜50個の観測もできる!
  • ふたご座流星群2021の方角(見える場所)とピーク時間!
  • ふたご座流星群2021は2夜連続で観測が可能?
  • ふたご座流星群2021のおすすめ観測スポット
  • 全国の天気は?

 




ふたご座流星群は『三大流星群』で1時間に40〜50個の観測もできる!

12月14日(火)のふたご座流流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並び「三大流星群」と言われています。

「三大流星群」の特徴は、毎年ほぼ安定して多くの流星が流れることで、一晩に見られる流星数では年間で最大の流星数だそうです。

好条件で観測ができれば1時間に40〜50個の流星を観測できるようです。

極大日の夜には1〜2分に1個くらいの割合で流れ星が見えるので、見える確率は高いですよね。

また、ふたご座流星群は活動のピークが過ぎると短かい時間で活動が一気に低下するという特徴があるので、ピーク時間を逃さないように気をつけましょう。

『火球』の目撃情報多数あり!

流れ星の中でも、特に明るく輝き緑色の光を放つのが「火球」と言われる流れ星です。

ふたご座流星群のピークを迎える数日前から関東・東海・関西の地域で「火球」の目撃情報が多数上がっています。

といったように、各地で「火球」の目撃情報がTwitterなどSNSに投稿されています。

火球は他の流れ星よりも光の明るさが強く、数秒間という長さで見ることができるのでかなり見つけやすい流れ星です。

また、各地で多く目撃されていることからも見つけやすいということが分かります。

ふたご座流星群を観測する時には、火球にも注目して見てみてくださいね。

 




ふたご座流星群2021の方角(見える場所)とピーク時間!

ふたご座流星群が見える方角や時間、極大と言われるピーク時間についてまとめて紹介します。

方角:空一面(どの方角でも見ることができる)

時間:2021年12月14日(火)日の入り~15日(水)夜明け

ピーク(極大):12月14日(火)夕方16時頃

一番良く見える時間:2021年12月15日(水)3時〜夜明け

ふたご座流星群の放射点はふたご座の2等星であるカストルになりますが、流れ星はいろいろな方角に流れるため、空一面に流れ星を見ることができます

ピーク(極大)を迎えるのが12月14日(火)の16時ごろなので、空が暗くなる時間〜夜が明けるまでの時間に流星を見ることができます。

だたし、2021年12月14日(火)のふたご座流星群の一番良く見える時間は2021年12月15日(水)の午前3時〜夜明けまでが観測しやすい好条件の時間になります。

明け方なので、少し早起きをすると一番好条件でふたご座流星群を楽しめ、1時間に40〜50個もの星を見ることが可能です。

また、冬の夜空は空気も澄んでいることからより星が綺麗に見えるので、この日だけでは早起きをしてみるのがいいでしょう。

 

 




ふたご座流星群2021は2夜連続で観測が可能?

2021年12月のふたご座流星群では、活発な期間が長いため実は12月14日ともう1日観測できるチャンスがあります。

観測可能日と時間

1日目:2021年12月13日(月)日の入り~14日(火)夜明け

2日目2021年12月14日(火)日の入り~15日(水)夜明け

ふたご座流星群が極大を迎える12月14日(火)の前日12月13日の夜にも流星を楽しむことができるようです。

ただし、ポイントは月が沈んだ後の時間帯に観測するということです。

星の観測には、月明かりなどの明るさがあると観測がしず楽なります。

ですので、月が沈んだ後が好条件となりますので、2日間とも月が沈んだ後の深夜(2時〜3時ごろ)〜明け方までが流星をより綺麗に、より多く見ることができます。

 




ふたご座流星群2021のオススメ観測スポット

先に少しお伝えしましたが、ふたご座流星群を観測するには月や市街地などの明かりがない、暗い場所での観測がオススメです。

  • 街灯などがない公園
  • 市街地から少し離れた小高い場所
  • 周囲に高い建物がない展望台
  • 自宅の屋根や屋上
  • 山や丘

ふたご座流星群のオススメ観測スポットのポイントとしては空が広く見渡せ、市街地の明かりなどが視界に入らない場所です。

当たりが暗く、空全体を見渡せる場所があれば最高の観測スポットになります。

ただし、冬の空の下での観測となりますので、防寒具をしっかりと身につけ風邪予防を万全にしたり、暗い場所で怪我などがないよう周囲に十分注意してくださいね。

 




全国の天気は?

ふたご座流星群をみることができる地域は限定されてしまう可能性が高いようです。

box7引用:ウェザーニュース

 

西日本の太平洋側、関東、北日本と東日本の太平洋側、沖縄では観測できる可能性が高くなっています。

しかし、北日本や東日本の日本海側では雨や雪が降る予報となっているので、観測が難しいようです。

ただし、お天気は当日に変わることもよくあるものなので、回復してくれることを願いたいですね。

 




まとめ

今回は『ふたご座流星群2021の方角(見える場所)と時間!いつからいつまで見れる?』と題してまとめてみました。

参考にしていただけたらうれしいです。

ふたご座流星群が見える方角や時間、期間についてまとめてみました。

方角:空一面(どの方角でも見ることができる)

観測1日目:2021年12月13日(月)日の入り~14日(火)夜明け

観測2日目:2021年12月14日(火)日の入り~15日(水)夜明け

ピーク(極大):12月14日(火)夕方16時頃

一番良く見える時間:2021年12月15日(水)3時〜夜明け

おすすめの観測スポットは、空が広く見渡せ、市街地の明かりなどが視界に入らない場所です。

また、月明かりでも観測には影響ができるので、月が沈んだ深夜〜明け方までが観測にむている時間になります。

当日のお天気が全国的に晴れてくれるといいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。