スポーツ

荒井優奈(名城)の出身高校や経歴は?家族構成やシューズのブランドは?




2021年富士山女子駅伝(全日本大学女子選抜駅伝競走)が12月30日(木)10時スタートで7区をタスキをつないでいきますね。

富士山女子駅伝というと、大学女子駅伝No.1決定戦とも言われ、男子の箱根駅伝と同じように人気のレースですね。

中でもここ数年連続優勝している名門・名城大学の荒井優奈さんは2021年学生女子ハーフマラソンで3位になり、注目されています。

そこで今回は、名城大学の荒井優奈さんについて

  • 荒井優奈の出身高校や経歴は?
  • 荒井優奈の家族構成やプロフィールは?
  • 荒井優奈のシューズのブランドとモデルは?

などをまとめてみました。



荒井優奈の出身高校や経歴は?

荒井優奈さんの出身高校は、兵庫県にある私立須磨学園高等学校に入学し、陸上部で活躍していました。

 

私立須磨学園は陸上競技の強豪校で、多くの陸上長距離走の選手の卒業生がいます。

 

荒井優奈さんは高校1年生で出場したクロスカントリー日本選手権でジュニア4㎞で優勝し、高校3年間で上位の成績を上げています。

 

高校2年生では日本選手権クロカン7位の成績

荒井優奈さん高3年生になって初めて全国高校駅伝に出場し、3区を区間4位で走り須磨学園は総合5位に入りました。

また、全国女子駅伝でも7区で区間賞を獲得し兵庫県チームの4位入賞に貢献しました。

須磨学園高等学校を卒業後は女子駅伝の名門校である名城大学法学部法学科に在学し女子駅伝部に所属しています。

名城大学での成績は?

荒井優奈さんが名城大学に入学後も、全日本大学女子駅伝と大学女子選抜(富士山女子)駅伝に出場して、優勝を果たしています。

荒井優奈さんは上り坂に強く、全日本大学女子駅伝では厳しい上り坂のある最終6区に起用されて優勝に貢献しています。

須磨学園高校は六甲の山手にある学校ということもあり、インタビューで上り坂について「高校時代の通学で慣れているから気にならない」と答えていました!

2021年の学生ハーフマラソンでは3位の成績を残しています。





荒井優奈の家族構成やプロフィールは?

荒井優奈さんの家族構成について詳しくはわかりませんでしたが、兄がいるようです。

荒井優奈さんのお兄さんが小学校の陸上クラブに入っていて、それについていくような形で小学1年から荒井優奈さんは陸上を始めています。

お兄さんと一緒に混じって走りたい!という気持ちで始めたようですが、お兄さんはすぐに辞めてしまったそうです。

そして、荒井優奈さんは中学で私立啓明学院中学に通って陸上部で本格的に活動しました。

荒井優奈のプロフィールをご紹介します。

名前:荒井優奈 (あらい ゆな)
生年月日:2000年4月26日 (21歳)
出身地:兵庫県
種目:中長距離走
大好物:パンとチーズ




荒井優奈のシューズのブランドとモデルは?

荒井優奈さんのシューズのブランドとモデルを調べてみると、名城大学のスポンサーであるナイキモデルのシューズを履いています。

荒井優奈さんのシューズはナイキの「ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」を履いて昨年の富士山女子駅伝に出場していました。

ナイキの「ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」は2019年に名城大学がイメージとしてナイキが「EKIDEN PACK」として発売していました。

 

2021年のハーフマラソン3位の時に履いていたシューズがナイキの「ズームストリーク」を履いて話題にもなっていました。

2021年富士山女子駅伝でも荒井優奈さんのシューズはナイキの「ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」だと思いますが、注目したいですね。




まとめ

今回は富士山女子駅伝で連続優勝している名城大学の荒井優奈さんについて「荒井優奈の出身高校や経歴は?家族構成やシューズのブランドは?」と題してまとめてみました。

荒井優奈さんは兵庫県出身で須磨学園高等学校を卒業しています。

須磨学園時代からクロスカントリーや駅伝で好成績を残していました。

家族構成については詳しい情報がありませんでしたが、兄の影響で陸上を小学1年生から始めていました。

2021年富士山女子駅伝での活躍が期待されます。

応援していきたいですね。