ニュース

【神田沙也加】アナ雪声優の代役は誰に?ディズニー新エリアはどうなる?




映画『アナと雪の女王』の日本語版吹替版でアナ役の声優を担当した神田沙也加さんが亡くなられたというニュースが入ってきました。

デビュー当初は実力より2世タレントということで話題になることが多かった神田沙也加さんですが、最近はミュージカル女優や声優としての地位を確立していたと思います。

映画『アナと雪の女王』でのアナ役の神田沙也加さんの声は、元気でかわいい声がぴったりでしたし、アナとして歌うのびのびした歌声も素敵でしたよね!

アナ雪シリーズはまだまだ人気が高く、続編の要望やディズニーシーに新エリアができる予定もあります。

今後『アナと雪の女王』の続編があるとしたら代役は誰?

そして、ディズニーシーの新アトラクションアナの声はどうするのか?

今回の訃報を受けて、今後『アナと雪の女王』のアナ役の声について、どうなるのか調べてみました。

 




アナ雪シリーズの続編はある?神田沙也加の代役は誰?

 

『アナと雪の女王』のシリーズ3作目となる続編の製作予定は今のところありません。

2019年に『アナと雪の情報2』が公開された際、監督のクリス・パックと、脚本・監督のジェニファー・リーは揃って『アナと雪の女王』の物語は2作目で完結すると明言しています。

このことから、続編が製作される可能性は低いと思われます。

ただし、監督は同時に「可能性は閉ざされてしまうことはありません」とも言っているそうです。

なんとも匂わせな発言ですね。

『アナと雪の女王3』として映画にはならないにしても、スピンオフ番外編として短いエピソードが発表される可能性はあるのかもしれません。

もし続編が発表されるとすれば、神田沙也加さんが担当していたアナの声は誰が担当するんでしょうか?

アナは主役の1人なので、セリフがないことはありえないと思います。

代役になると今までと声の違うアナを見ると、悲しい気持ちになってしまいそうな気もしますね…。

神田沙也加の代役は誰?アナ役声優についてみんなの声

『アナと雪の女王』のアナ役を今後誰が担当するかは、まだ未定です。

続編が発表されるかどうかもまだ未定の状況です。

日本語版のエルサ役声優を担当した松たかこさんもコメントを発表しています。

現在発表されているアナ雪シリーズ作品のアナの声が差し替えられてしまうことはないと思いますが、いつか続編が発表されるとすれば代役が誰になるのかが気になります。

アナの代役として中川翔子さんや高畑充希さんなどが予想もあがっているようです。

しかし神田沙也加さんのアナがはまり役だっただけに、SNSではしばらくは代役を受け入れられないという声が多いです。

 

突然の悲しいニュースにショックを受けた方も多いですよね。

今後、誰が代役を引き受けたとしても、大きなプレッシャーだと思います。

悲しく寂しい気持ちはありますが、新しいアナの声も受け入れる心の準備と後任の方を応援する気持ちを準備しておきたいですね。




ディズニーシー新エリア『アナと雪の女王』アナの声はどうなる?

 

ディズニーシーに新しく誕生する『アナと雪の女王』エリアでは、おそらくアナの声には代役がたてられる可能性が高い思われます。

東京ディズニーシーの新テーマポート「ファンタジースプリングス」がオープンするのは2023年の予定です。

アトラクション内のアナウンスやセリフの収録はまだ行われていないと思われます。

これから新規で収録が行われるとすると、代役をたてるしかありません。

日本語版のアナの声は、神田沙也加さんの声がとてもはまっていたのでアトラクション内の声が違うと違和感を感じてしまいそうです。


難しいかもしれませんが、アナと雪の女王のアトラクション内では映画の中で使用したの声を抜粋して神田沙也加さんのアナの声や歌声を残して欲しいという気持ちもあります。

今回の事件を受けて、ディズニーの公式Twitterでもコメントが発表されています。

本当に、心からご冥福をお祈りいたします。

 




まとめ

 

今回は神田沙也加さんのニュースを受けて、日本語版の声優を担当していた『アナと雪の女王』のアナの代役の可能性について調べてみました。

歌手としてデビューした当初は「親の七光り」なんて言われていましたが、最近はミュージカルや声優として活躍の場を拡げていと思っていたのに、今回のニュースには本当に驚きました。

似ている声の人などは思いつきませんが、声優として参加した他作品の代役が誰になるのかも今後気になるところです。

あの綺麗な透き通った声をDVDや映画の作品の中だけでもいいので、永遠に残しておいて欲しいなと思います。

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。