芸能・エンタメ

Aimerの顔写真がかわいい!顔だししなかった理由は実力で勝負したいから!

Aimer(エメ)さんが、12月5日(火)から始まるテレビアニメ「鬼滅の刃“遊郭編”」のオープニングテーマとエンディングテーマを担当することになりましたね!

Aimerさんは昔はあまり顔だしはしなかったようで、顔写真がたまにあがると「かわいい」との声が聞かれていました。

かわいいなら全然顔だししてもいいのにと思いますが、それにはAimerさんなりの理由があって、歌の実力で勝負したかったと言います。

そんなAimerさんに注目して次のような内容でまとめました。

  • Aimerの顔写真がかわいい!顔画像まとめ
  • Aimerが顔だししなかった理由は実力で勝負したいから
  • Aimerの音楽へのこだわり

 

 

Aimerの顔写真がかわいい!顔画像まとめ

Aimerさんはあまり顔出しをしてきませんでしたが、途中からMステなどのメディアに出るようになって顔を出すようになりましたね。

「かわいい」と評判のAimerさんの顔画像を集めてみました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aimer:[nZk](@aimer.nzk)がシェアした投稿

2018年7月13日 Aimer Hall Tour 18/19
Aimer史上最多公演数の全国ホールツアー開催決定にて

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aimer:[nZk](@aimer.nzk)がシェアした投稿

2019年1月27日 ホールツアー最終日が終わって。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aimer:[nZk](@aimer.nzk)がシェアした投稿

2019年3月11日 新曲「コイワズライ」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aimer:[nZk](@aimer.nzk)がシェアした投稿

2019年3月16日 5枚目のアルバム「Sun Dance & Penny Rain」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aimer:[nZk](@aimer.nzk)がシェアした投稿

2020年4月9日

 

Aimer Hall Tour 19/20 “rouge de bleu” ライブ映像 digest

 

Aimerさん、透明感があってかわいいですよね。

顔を出してなかったなんてもったいない気がします。

ファンの間でもかわいいと評判です。

でもそのかわいらしい姿とは違って、声は低音であってパワフルで美しいですね。

Aimerさんはドラマのタイアップもしていて、新しいところでは日本テレビ「あなたの番です」の主題歌を歌っていましたね。

ちなみにAimer(エメ)というアーティスト名は、Aimerさんの長年の愛称だそうで、フランス語で「愛する」「好む」を意味するとのことです。

 




Aimerが顔だししなかった理由は実力で勝負したいから

Aimerさんは初めの頃、顔出しをしていませんでした。

顔出しNGってわけではなかったようですが、デビュー曲の「六等星の夜」LIVE映像では顔がほとんど見えません。

2013年2月

暗闇にぼんやりAimerさんが浮かんでいる?ようです。

背中側は明るいですね。

「顔が見えない!ああ~!」と言いたくなりますが・・・

ピアノ演奏の方の方がお顔が見えますね。

 

「寂しくて眠れない夜は」のLIVE映像でも、どう目を凝らしても顔がハッキリ見えません!

2013年2月

もどかしくなっちゃいますが、Aimerさんは見た目のイメージよりも「歌」で勝負したいと思っていたようです。

売れる要素って色々あると思いますが、人気の出た俳優さんが歌を出せば売れるでしょうし、歌手でもビジュアルで人気が出て歌も売れるというのもあるでしょう。

ですが、Aimerさんは「歌だけ」で挑戦したかったんですね。

歌手ならやはり歌や声に魅力を感じて、曲を聴いてほしいと思いますよね。

それが歌手としての本来の姿なのかなという気がして、Aimerさんの芯の通ったところを感じますね。

実力ももちろんある方なので、聴いた人はAimerさんの魅力の虜になるわけです!

プロフィールも非公開で謎めいていてミステリアスなAimerさんであります。

 

もしかしたらAimerさんは恥ずかしがり屋で顔を出したくなかったということもあるかもしれません。

素で写っている物は半分顔を隠してますからね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aimer:[nZk](@aimer.nzk)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aimer:[nZk](@aimer.nzk)がシェアした投稿

最近はメディアにも出て顔出しもしていますね。

メガネは伊達だという話です。

やっぱり顔を出すのが恥ずかしいのでしょうか?

 




Aimerの音楽へのこだわり

Aimerさんは15歳の頃、当時の歌い方で声帯を痛め声が出せなくなり、治療のために半年間声を出せない期間がありました。

もともと音楽は好きでしたが、声を出せなかった期間を過ごしたことにより、歌手になりたいという気持ちが強くなったといいます。

その時の声帯の傷は治っておらず、完治してしまうと今の声が出せなくなるので、あえて今のままの声でいるために現状を維持しています。

今は喉に負担のかからない歌い方になっているそうです。

Aimerさんは悲しみも喜びもどちらも受け入れて歌いたいと思っていて、いろんな感情を歌詞にして、歌声にしていきたいそうです。

シンガーによって、いろいろな個性が生まれるわけですよね。その部分をある程度自分でコントロールして、より誰かの心に刺さるように、そしてその曲が「音楽」として一番魅力的になるよう、細かいニュアンスまで歌を形作っていく。私はそこを、今までずっと考えながらやってきました。

私はよく、この「声」を褒めていただくことが多いのですが、どういう音色で鳴らすかによって、全然違う声にもなれるし、天才では全然ないからこそ、真にエモーショナルなところまで辿り着くには、天才の先人たちの歌を聴いて、自分の歌をデザインするということが必要で。それをこの10年間ずっとやってきた気がしますね

引用元:ヤフーニュースより

 

Aimerさんはインタビューで上記のように、自分の歌をデザインしながらデビューして10年ここまでやってきたそうです。

細かいところまで繊細に表現されているんですね。

だから聞く人に感動を与えられるのでしょうね。

「鬼滅の刃“遊郭編”」もとても楽しみですね!




まとめ

Aimerさんの顔写真や顔出しをしていなかった理由についてまとめてみました。

歌だけで勝負していこうと顔出ししないでいるアーティストも最近は増えている気がしますが、なかなか勇気のいることかもしれません。

Aimerさんは自分の歌にそれだけ自信もあったでしょうし、本当に歌だけを聞いてほしいという気持ちがあったのでしょうね。

Aimerさんは魂で歌っている感じがしますので、きっと生で聴いたことがある人はハートが震えたのではないでしょうか?

鬼滅の刃のテーマ曲を担当することになり、今後ますますAimerさんの魅力が広まっていくのではないかと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。